PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

以前のこと~日を重ねる・終わりに

障害者の母としての心構えができました、と
達観の境地に達したわけでもない。

障害児だから出来ないことばかりさとあきらめているわけでもない。

私も子どもたちもありのままではいられない。

ひとつの家で顔を突き合わせて暮らすのだから、
お互いに近づきあい、心地よくいられるための工夫は
これからも続けていこうぞと母は半ば強引に決めているのです。

書き出してみると、
障害に対する思いにこれといった軸もない自分に驚愕するのですが、
この子たちといるのが楽しくなってきたわという単純なところが
今の心持ちに一番近いように思います。

繭の中にいるような子どもだと思っていたショマが、
かすかに、か細くとも心を震わせながら、
外に発信している羽音に耳を傾けられるようになった。

そして、その音を拾いあげたときに、
私の想像もつかないような美しい音を奏でていることがあることを
この月日の積み重ねで知りました。

その音が、私のもとに届き、心震わせるとき、
彼を育てて10数年経つというのに、いまだに鼻の奥がツンとします。
この世界で、たった一度の人生で出会えてよかったという自らの胸を満たす喜びが、
ショマに向けられるものとして自分の中にあったのだということを
今、母親としてしみじみ幸せに感じています。

予定にもうるさいし、意味がわからないことを言うこともあるし、
人前で大きな声で話をされるとやっばり恥ずかしいやと思うこともあるけれど。
あるけれど、自分の汚い澱んだ心も知りながら、なんとか生きてきたような日々は
私にとって必要な時間だったのだと思う。

ショマとスズが今よりほんの少し小さいときに、よく影踏みをして遊びました。
体をぴったり寄せ合うと、影がひとつになって

 「お母さん見て見て。影も仲良くしているよ。」

とスズが教えてくれました。

なんというちっぽけな喜び。ちっぽけなはずなのに笑える。
ちっぽけであるからといって見過ごせない。
見過ごしたくない喜びが私の周りに溢れている。
そのことに気付くまでに何年もかかりました。

どこかにあったのかもしれないけれど、
掴みどころがなく、自分には手が遠く届かないと思っていた幸せの尻尾を
ようやく掴んだ気持ちになるのです。

だから今、小さな小さな自閉症のお子さんと暮らすお母さんへ。
踏ん張ってほしいと思います。
この子たちと分かち合う喜びは、日を重ねることで
きっときっと近づいていると思うからです。


     バナー4  バナー178
      人気ブログランキングへ           にほんブログ村 自閉症児育児へ

****************
以前のこと、長い間、お付き合いいただき本当にありがとうございました。
数年前に書き残したものであり、
何を言っているんだ くさい! と書いた自分が恥ずかしくなるような記述もありましたが
そういった記述はそのままに(笑)、
少し詳しくしたいところは、
今現在の思うところも入れて修正しながらの過去日記となりました。

数年前に書きつけたもの読んでも、今の心境とは少し違うと思うところもあるので
また数年後に読み返すことがあったら、ガラッと考えも変わっていくものなのかもしれません。
周囲の人に、子どもの障害について
打ち明けていく過程などについても残しておきたいところもあったのですが
自分だけの話で済まないところもあり、控えた話もあります。
それでも、今この時点で思うところを書き残しておけて
よい記念になったと思います^^

ショマスズも大きくなりました。
私の元気の源でもある動物組の皆さん、
特に一緒に暮らすことになって間もないゴンちゃんとの関係を
より深めていきたいという思いもあり、
あと、スズの漢字練習にもう少し付き合わなきゃなどもあり…w
今回を区切りに、更新を減らしつつ、
そして、今も好き勝手書いていますが(笑)
備忘録的な内容の日記としてのんびり続けていこうと思います。

ランキング参加も今回限りで終了としたいと思います。
ランキングからたくさんの方が訪ねてくださり、
また応援もしていただいて本当に励みになりました。
長い間の応援本当にありがとうございました。  

| 自閉症関連~以前のこと | 13:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT