PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゆかた会

気がつけば9月。

お琴の夏の発表会、ゆかた会は7月。

今さらかい~Σ(゚∀゚ノ)ノー! 的な感もありますが
ゆかた会について残しておこうと思います。
****************
ゆかた会会場は仙台駅近くのシルバーセンター。
この会場に朝の9時に入り、
13時30分の開演まで、リハーサルをして過ごしました。

今までの発表会よりずっと大きな会場ということで、
演奏しない私(※裏方にまわるということで謹んで演奏辞退w)のほうが
始まるまでに緊張してきてしまいました。

でも、現代っ子だからなのか、
たまたまみんなそうなのか、演奏する子どもたち皆、スズを含めて
緊張はしない、大きい会場で演奏できるほどうれしい、
たくさんの人に聴いてもらえるからと言うのです。(´・∀・` )アラマァ タノモシー
スズも舞台袖から客席を覗いては、
自分が思っていたより広い会場であったことに嬉しさが隠しきれず
舞台袖からにやにやした顔をこちらに向けていました。本番でその顔ヤメテー。

【リハーサルを見守る先生】
DPP_0006-1_20120905133653.jpg 

【同じパートを弾く3人組】
DPP_0034-1_20120905133842.jpg 
残念ながら油絵風になっていますが、
スズを真ん中に、左の女の子は小学4年生、スズと同じ教室です。
右の女の子は中学1年生、普段は別の教室でお稽古しているので
会うのは発表会の合奏練習の時に限られますが、
何度か顔を合わせているので、お互いに慣れたもの。

右の女の子はお母様がフランスの方で、
ゲームやテレビ視聴は禁止という教育方針。同じ母親として耳の痛い話ではあります。
様々なことに興味を持っていて、とても話題が豊富で魅力的な女の子です。
空き時間に、世界でなくならないテロについてどうしたらいいかを
彼女から問われて戸惑うおばちゃん、それは私である。

3人の中で彼女が率先して
小学生2人を引っ張って遊んでくれるので助かります。
大人のリハーサルが長引き、よし! 会場を探検だ! と3人でいなくなり、
いざリハーサルというときに姿が見えず大人が慌てふためくという場面もありましたが
普段、こういった子どもどうしでの関わりが少ないスズにとっては貴重な時間。
笑顔に溢れていて、傍で見ていて嬉しく思いました^^

*******************
お昼までリハーサルを続けて、
空き時間に、裏方のわたくし、女の子たちの髪のセットをさせていただきました。
浴衣に合うようにサイドを編み込みにしたり、お団子にしてキラキラを挿したり。
自分に女の子がいたら、髪の毛を結ってあげたかったという願望が
思わぬ形で実現して、ウハウハです。
来年はもっと勉強して髪を可愛く結うぞーオー! 演奏は辞退…と。

開場の13時がやってきました。
受付としてお客様を出迎え、プログラムをお渡ししたのですが
お客様がたくさん入ったことに驚き。きれいなお花も続々と届きます。
ショマ、パパ、母K子もやってきました^^
そして、ちょうど 「わらべ唄メドレー」 の演奏直前に
スズの担任の先生がいらしてくださいました。

DPP_0064-1_20120905140734.jpg 
ロフトでスズにお菓子まで買ってきてくださって。
青い包みの中には、

【木彫りの猫】
DPP_0191-1_20120905140906.jpg 
どうも別にご用事があったようなのに、時間を作って来てくださったようです。
本当に来てくれたんだ^^ とスズはにやにや…いえ、にっこりしていましたw

********************
それでは、かなり長いけれど2曲目の演奏、「わらべ唄メドレー」の演奏動画です。
[広告] VPS

DPP_0026-1_20120905141929.jpg 

DPP_0056-1_20120905142007.jpg 

DPP_0059-1_20120905142051.jpg
実際は10分近くの演奏。
「わらべ唄メドレー」演奏は、残念だけど
スズはあきらめたほうがいいかなと思っていたのに
先生がご尽力くださって、なんとか演奏に加わることができました。
しかも、本当に本番が好きなのか、本番での演奏とてもよかったように思います。
スズ祖母K子からまたしても感激の涙を頂戴しました。
演奏会のたびに祖母K子に泣かれて、先生もそのうち困るだろう…(笑)

*********************
来年もまた、この会場でやりたいね! と一門の皆で誓っての解散。
暑い暑い夏のよい思い出ができました。

11月の発表に向けて、新しい曲の練習を始めています。

…ゆかた会で燃え尽きたのか、お稽古中に若干だれているスズです。
また追い込みパターンになるのかしらん…。

| 和楽器 | 14:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんだか胸に響く演奏です。
K子母さんでなくともじ~んときます。
うちの子、合奏合唱やスポーツにしても、学習にしても、「みんなと力を合わせて心を合わせて」何かを表現するという経験がないです。それが苦手だから仕方ないんだけどww
お琴に取り組むスズくん、素敵♪ 浴衣も素敵♪ お辞儀が一番ツボ!

| ココタマ | 2012/09/06 11:27 | URL |

ココタマ様

ココタマさん、こんばんは。
今日は少し涼しくなりましたね。

長い動画、見てくださってありがとうございますi-179
母はハラハラしちゃって
無事に終えられて、ただただほっと胸をなでおろすという感じです。
やはり集団での行動が苦手だし、慣れてないしで
合奏練習で、自分は駄目だ、馬鹿にされてしまうかもという
思い込みで(被害妄想です、ハイi-202)泣いてしまったりもあったのですが
当日は気分をあげて演奏本番を迎えることができほっとしました。

お辞儀もたくさん練習したんです(笑)
動き硬くて、お辞儀ロボみたいだったのですがちょっと滑らかになりましたw
注目してくださってありがとうi-179

| ムーコ | 2012/09/06 17:55 | URL |

日本の美

緋毛氈にお琴、浴衣姿の童たち。
とっても美しい光景ですね(o^-^o)♪

本番に強く、ステージを楽しむことができる、
というのはとっても恵まれた資質です。
場数をこなしてどんどん舞台慣れして、
お琴奏者への道もありなのでは!

ムーコさんもお疲れ様でした☆

| 若奈 | 2012/09/10 12:32 | URL | ≫ EDIT

若奈様

若奈さん、こんにちはi-1

お琴も習う子どもが減っているようなのですが
女の子たちが正座をして美しい手さばきで弾いているのを見ると
本当に素敵だなぁと思いますi-179
緋毛氈の色が映って、みんな顔が赤々と輝いていくました。

プロの若奈さんにほめていただけると嬉しくなってしまいますが
練習時間にあとほんの少し集中してくれたら上達するのになぁ…と思ってしまいます。
気分にどうしてもムラがあって。
お稽古の後の夕飯のおかずの種類で集中に差がつくこともあるくらいなのですよ~(笑)
から揚げなら集中力i-184 みたいな。

お琴奏者はとてもとても…継続してくれるだけで恩の字で(笑)。
今、「三段の調べ」という曲を練習しているのですが
さらに難しい「六段の調べ」という曲があるんですね。
先生に、「中学生くらいになったら、ボクも六段が弾けますか」と聞いていたので
先生と2人、しばらく続ける気があるようだi-237ときゃっきゃっしていたところです。

| ムーコ | 2012/09/10 13:34 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1593-865cd2db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT