PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

棘の花

10月のある日、スズの小学校で開催されたバザーへ行きました。

自分でもよくないなぁと思うのですが
気が付けば、スズの小学校のPTA行事参加に消極的になってしまうことが多くて。
支援学級在籍児の保護者として、学校の一画を間借りしているような、
そういった壁のような意識が私の中にあるからかもしれません。
たまにはPTA行事にも出席してみようと決意して出かけた一日でした。
もう、スズ5年生だし 決意するの遅いし

決意という重々しい言葉を入れてしまいましたが、
実際には、バザーに出品されるお下がりの学校ジャージが欲しくて
サイズの合うジャージが手に入ったら帰ってこよう という感じでして。

サイズに合ったジャージはゲットできました。
偶然にもショマとスズの学校ジャージは同じものなので、ショマの分までゲット。
中学生と同じサイズを着る小学生よ、ありがとう!

親の目的はここまでなのですが、
意外にも 「スズ君、参加していかない?」 など声をかけてくれる保護者の方がいらして
押し花を使ったしおりとコースター作りに参加しました。
材料費がバザーの収益金になります。

【スズはしおり作り。完成品をプレゼントしてくれました。】
DPP_0009-1_20121114183959.jpg 
【ショマはコースター。私と一緒に挑戦しました。】
DPP_0028-1_20121114184030.jpg 
作っている途中にも、スズ君お琴頑張っているね~と声をかけてくださる方がいました。
私のほうが、その方のお名前を存じ上げず、
もちろん、えーどなた様でしょう? と口にすることはありませんので
ひっそりと申し訳ない気持ちになりました。
地域のお祭りでのお琴の演奏や、お琴体験教室・大人の部に参加してスズを見たとのこと。
わざわざ、そのことを伝えに来てくださる方がいるということが嬉しかったです。

私のほうが変に意識しすぎて気おくれしてしまったりすることが多いにもかかわらず
この地域でちょっぴりずつでも、
スズの存在を知っていただいて、温かい声がけをいただけるのも
今までの学校生活や、最近のお琴での活動も通して
しんどいこともあるだろうけれど、スズ自身が頑張ってきたからかもしれないと
素直に喜びたい気持ちでした。

***********
ジャージもゲット、しおりも完成し帰宅することに。
帰宅途中、コンビニに寄ったときに、懐かしい再会がありました。
保育所時代のショマの先生との再会。コンビニで。弁当片手に。

私は一度先生と飲みに行ったのですが、
ショマは保育所卒業以来の再会。およそ9年ぶりくらいの再会となります。
先生も小柄な方でしたので、ショマのほうが背が大きくなっていました。
ショマはさすがに覚えていないようで、ご挨拶しながらも
はにかんで視線をそむけるばかりでしたが、
私たちはコンビニで涙涙。ちょっとご迷惑になっていたかも

ショマの身辺自立の基礎を間違いなく築いてくれた先生。
試行錯誤を繰り返して、努力を続けてくれた年若かった先生。

【当時、先生が描いてくれた宅急便カード】
DPP_0152-1_20121114194237.jpg 
画力のない私が言うか! なのですが
正直、先生もあまり絵がお上手とは…モニョモニョ。
それでも、ショマのそばでにこにこしながら、先生はたくさんの絵をカードに描いて
ショマはクレーンで先生の手を引いて、その絵を指していたことが思い出されます。

***********
さらにコンビニの帰り。
DPP_0044-1_20121114195000.jpg 
大好きな彼岸花が咲いていました。
DPP_0060-1_20121114195055.jpg 
写真を撮ろうと近くまで。
DPP_0062-1_20121114195138.jpg 
ショマは彼岸花のおしべが棘に見えるようで、「棘の花」 と呼んでいました。
棘が大丈夫かどうか自らチェックしてから、お母さんも触っても大丈夫^^ の言葉。
ショマはいつも私に優しい。
関わったたくさんの人から優しさを分けてもらって大きくなった。
棘の花を前に過ぎ去った懐かしい日々を思う秋の一日でした。

| 自閉症関連 | 20:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

…。

「私は誰からも愛されなかった。だから人を愛せない」
「私は優しくされたことがないから人に優しく出来ない」
「持っていない愛や優しさは、人にあげることが出来ない」
昔々読んだ本のなかにこんな文章がありました。
ショマくんはその逆で、本当にたくさんの人から愛と優しさをもらって成長されたのね。
だからショマくんは、もちろんスズくんも 、あんなに優しくて周りの空気をふんわりさせてくれるのですね。

感動的で柔らかな「棘の花」をありがとう!!

ジャンガ…ryには感動シナイケドナ!!

| みゆこ | 2012/11/14 21:30 | URL |

きのうも今日も。

おはようございます。
昨晩、スマホ(スマホですよ、スマホ)でこの記事を拝見して、涙のにじむ手で(なんだそりゃ)コメントさせていただこうとしたのですが、寝てしまい(え)、今朝、また拝見して、またまた涙のにじむ手で、お伺いしました。

クレーンしなくなったのは、いつなのかなーとか、先生の絵はけっこうお上手じゃないか、と思ったり(私よりはるかにお上手)、棘の花なんて言葉、思いつきもしなかったなとショマくんの感覚にはっとさせられたり…。

先日、うちのボスが突然「アマゾンでこれを買っておいて」といったのは、自閉症関係の本3冊でした。
会務の委員会の関係で読むのかなーとか、プライベートで必要な事情でも生じたのかしらん、と少し心配したりしましたが、今のところ「積読」になっているようなので、何かお勉強の為なんでしょう。
私も今更ながらですが、ちょこっと借りて、読んでみようと思っています。


…けど、彼岸花、まだ咲いてるの???
ちと、驚いた。

| 納言子 | 2012/11/15 08:59 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりでした。
急に寒くなりましたね。
ショマくん、スズくんの優しさって、やっぱり、愛情いっぱいに包まれた家庭で育まれているのでしょうね。
私は、ムーコさんのようなお母さんになりたいな。

| みのり | 2012/11/15 22:15 | URL |

初めまして

初めましてHechimaと申します。ランキングに参加されてる頃から拝読させていただいてます。過去記事もすべて読み、一緒に笑ったり泣いたり、優しい気持ちになったりしたりしています。ショマ君とスズ君の優しくかっこいい成長に、勝手ながら遠く離れた親戚のおばちゃんのような気分です。
もちろん、わんずとにゃんずのファンでもあり、ムーコさんの動物に対する優しさに影響されて、我が家もシェルターから猫を迎えましたぁ。
『棘の花』痛そうだけど素敵な表現ですね。

| Hechima | 2012/11/17 02:51 | URL |

おはようございます

 彼岸花、横浜では9月から10月初旬にかけて咲いていました。
白もありますが、やはり赤は華やかでぱっと心が晴れるようで私も
好きです。
棘が大丈夫かどうか調べてくださる息子さん、立派です。
そんなふうに育てられたムーコさん、私はムーコさんのご家族、
とても好きです♪

| 菊子 | 2012/11/17 09:33 | URL |

みゆこ様

みゆこさん、こんばんはv-48
返信が遅くなってごぺんなさい。

私は優しい人が好きなので
自分でも優しい人になりたい…というか、
見栄っ張りなので、優しい人と思われたいという気持ちが働くようなところもあり、
まぁあざといわ…と自分で思うときもあるので(笑)
うまく表現できないけれど、ショマの邪念のない優しさのようなものに触れると
はっっとさせられてしまうことがあります。
もちろん、彼とて邪念がないときばかりではないのだけれども(笑)

小さなころから、おそらく通常より多くの大人に囲まれて育ち、
ショマ自身も子ども時代とはさよならしつつある年ごろ。
そして、彼が皆さまからいただいた優しさを還元してもらっている母。
いいのかi-202という気もしますが、
優しくしてもらうの大好きi-175なので喜びたいと思います。

そして、さらにみゆこさんに喜んでいたただきたくて
素敵な画像を作ってプレゼントしているつもりなんです。還元還元。

| ムーコ | 2012/11/17 18:20 | URL |

納言子様

納言子さん、こんばんはv-376

涙のにじむ手で…まぁ!本当にありがとうございます。
きっとスマホをタッチする手も滑りがよくなったのでは…と
ひそかに喜んでおります。

クレーンは割と長いこと出ていたと思います。
小学校入学前くらいまではちょこちょことあったかな。
だんだんと、いわゆる奇声のほが目立つようになってきて
それがひっきりなしだったもので、
それをずっと聞いているというのが精神的にはきつかったかなぁ。
でも、当時、「ゴウルデンボウル」というドラマに巡りあい、
ドラマを見ることだけが本当に楽しみで…というくだりはイリマセンカ? ソウデスカ…。

先生は失礼に失礼をかさねるようなのですが
先生は絵よりもボールペン字があまりお得意でなかったようで
てっきり私と同類で書道も苦労されたろうと思い込んでいたのに
書道の達人でいらして、保育所の式典の筆での美文字は
先生がすべて書いていたことを知りびっくりした思い出が…。
ほめているんだか、そうでないのかわからないので終わりにしますi-201

ボス様が読む本どのようなものか興味がありますね。
自閉症スペクトラムの概念って難しくて、いまだにちゃんと説明てできないわ。オイ。
もう、なごちゃんは十分知っていただいていると思うしi-179

彼岸花の話、ごめんね~。
10月の中旬くらい話なの。大きな写真の彼岸花も散りかけてるの。
まだまだ10月の話を挟みこんでいくのでよろしくお願いします。
この後、鉢植えの彼岸花を入手して、玄関に置いておいたら
ショマが、棘の花…とまた言っていました。
なんで、こんな棘がある怖い花買うのかなと思っている風で笑ってしまったよ。

| ムーコ | 2012/11/17 18:44 | URL |

みのり様

みのりさん、こんばんは~i-270

ご無沙汰しておりましたが
みのりさんの学校の方と今年も同席する機会があるので
どうしていらっしゃるかしらと思い出しております。
みのりさんのお子さんにはお会いしたことはないけれど
スズの成長を見ても、大きくなったことだろうなと思います。

ほめていただいて恐縮恐縮i-201
ほんとに、うちの母K子からも動物動物動物…で子どもにかまってないっi-191
i-5i-5落ちまくりですよ。
確かに思いあたる節も(笑)

今年度も折り返し時期が過ぎて
ショマのほうは、中学部最後の○○という行事が多くなってきました。
今日は、K祭での最後のステージ発表でした。
過ぎてしまうと本当にあっっっという間で寂しい気もしますね。

今日は空の色も寒々しくて、冬の到来がひしひしと感じられましたね。
みのりさんも、風邪には気をつけて。
またお話しましょうねi-179

| ムーコ | 2012/11/17 19:05 | URL |

Hechima様

Hechimaさん、はじめましてi-1
コメントありがとうございます。

過去記事まで読んでいただき、本当にありがとうございます。
ショマとスズの記録に、親戚のような気持ちで読んでいるとおっしゃってくださる方がいらして、
Hechimaさんにも同じくそのように声をかけていただいたこと、
嬉しくありがたく思います。
ショマも思春期といわれるお年ごろになり、
中学時代は荒れる荒れると言われてi-201覚悟も決めていたのですが
なんだか中学時代はのんびりと過ぎ去っていきそうです。
高等部に入ると、さらに多くのお友達との関わりが増えますから
そのときにどうなるかな、ショマはこれからのほうが大変かもしれないなと思います。
少しずつでも、これからも成長の報告ができるとよいのですがi-179

猫ちゃんを迎えられたのですね!
どのような猫ちゃんでしょう。
また様子を教えていただけたら嬉しいです。
動物組にも目をかけていただきありがとうございます。
今はPCの前にいますので、めごちゃんを身ごもっております。
小梅はヒーターの前でハァハァ。離れればいいのに(笑)

| ムーコ | 2012/11/18 07:54 | URL |

菊子様

菊子さん、おはようございますi-1

竜ちゃんが亡くなった時期に、
小梅と散歩に行ったらたくさんの彼岸花が咲いていて
もともと好きな花だったのですが
(百恵ちゃんの曼珠沙華の歌が好きで…好みに年齢がi-202
竜ちゃんを見送ってくれているように思えて、
いっそう好きな花になりました。
お琴の先生のお宅のお庭にもたくさん咲いていました。
先生は植えたことはないらしいのですが、植えた覚えがなくても、
どこからか球根が飛んでくるように生えてくることがあるらしいです。
うちは、地下茎でつながっているスギナばかり増えるというのに。

しかし、まさか棘の花と呼ぶとは(笑)
思いもよらなかったのですが
恐る恐る「棘」に触るとき、楽しそうな表情を浮かべていて
またひとつ彼岸花にまつわる思い出ができましたi-179

| ムーコ | 2012/11/18 08:06 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1619-49c49aa4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT