PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

里親様宅へ

報告が遅くなってしまいましたが、
兄さんとミルクを里親様のもとへ無事送り届けてきました。
2匹は新生活をスタートさせています^^

【出発前日、小梅・左馬介と】
DPP_0065_20130321120954.jpg 

【出発の日の朝】
DPP_0174.jpg 
DPP_0168.jpg 

【行ってきます!】
DPP_0119_20130321121238.jpg 
嘘です嘘です ごめんなさい
こちらは、兄さんとミルクを入れていくケージの居心地をお試ししている左馬介。

ミルクはキャリーが苦手で、兄さんと離れるとパニック気味になるので
兄さんとミルクを一緒に入れられるように作りました。ありがとう100円ネット。

DPP_0183.jpg 
このようにして、車の後ろにケージを積んで出発~
2匹ともすっっごく緊張したと思うのですが、心配していたパニック状態にならず
道中静かに過ごしてくれました。

里親様宅までは仙台から4時間ほど。
IMG_9024.jpg 
春まだ浅い美しい景色を見ながらお昼過ぎに到着しました。

IMG_9025.jpg 
IMG_9027.jpg 
お別れするときの兄さんとミルク。
まだ耳ぺったんこですが(笑)、ご家族皆さんに迎えていただきました。
環境や人に慣れるまではご心配・ご迷惑をおかけするだろう旨、お伝えし、
里親様に託して帰ってきました。

別れるとき、
スズは、向こうのお母さんに 「たくさん可愛がってあげてください。」 とお願いし、
「たくさん可愛がるね。」と返事をいただき、安心したようです。

帰りの車の中では、いいおうちが見つかってよかった とにっこり。
心中寂しいだろうと思うけれど、
2匹の幸せを願う気持ちをほめました。

*********
帰りは 『遠野物語』 で有名な遠野をまわり、
遠野の道の駅で昼食。ひっつみなど美味しくいただきました。
地元の方が作った青豆のお漬物を買い、
ショマと私用に、たくさんの方が買っていたお餅もゲット。
餡が、あんこに味噌、くるみを練りこんだもので
厚めの皮はこんがりと焼き上げてありました。
田舎のばあちゃんが作った(と決め付けている)餅ってどうしてこんなに美味いんだ!!

『遠野物語』 を読んだことがないので、道の駅の売店で立ち読み。
ざーっと読んだだけでも、さっき通ったところだ! という地名がたくさん出てきて、
熟読してから、この地を訪れたらもっと楽しいのだろうなと思いました。

【遠野といえば河童】
IMG_9036.jpg  

IMG_9044_20130321125106.jpg 
遠野の河童はまことちゃんによく似ていると思いました。グワシ!

*******
兄さんとミルクの写真、いっぱい残っていますので、
里親様から頂戴した嬉しい近況とあわせて次回紹介させてください^^

| 兄さん・ミルク | 12:56 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あかん。泣いてもうた…。

素晴らしい行動と選択だと思います。
ムーコさん、お疲れさま。
フタリの幸せ通信、また知らせて下さいね。

| かんはん | 2013/03/21 15:40 | URL | ≫ EDIT

お耳が

ムーコさん、こんばんはー。

 仙台から四時間?
 そんな遠い場所にお婿入りしたんですね…。
 直ぐに会える距離でないから、少しさみしいですね。
 
 当日の朝、2ニャンズの耳が警戒モードぽいですね。
 やっぱり何か違うにゃーって思っているのかな。
 でも、2ニャンズ一緒なら大丈夫って思っているのかな。
 
 里親さんの元で、まったり出来る日が早く来ますように。

| Y's | 2013/03/21 21:27 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです

お久しぶりです。
いつも、コメは残さずこっそりと読んでいたんですが。
思わず、涙がこぼれてしまいました。
淋しいけど、二匹一緒に暮らせるお家が見つかって
良かったですねっ。
スズちゃん、寂しさこらえて二匹の幸せを願えるなんて
カッコいい♪
我が家も、もう一匹保護施設から家族に迎え入れようと
計画中ですが、先住の姫様猫に負担にならない様に
相性のいい子を見つけたいと思っています。

| Hechima | 2013/03/22 04:26 | URL |

ツボ!

切ないけれど、人生には別れがつきもの。
スズくんがこの兄弟を通じて慈しむこころや
別れの悲しさなどを感じているのがとっても
素敵です。

ムーコさんもがんばりましたね。
きっと兄弟はだいじょうぶ!!

ごめんなさいね、こんないい話だっつーのに
ムーコさんがいけないんですよ。

…サバラ!

…サバグワシラ!!

| ココタマ | 2013/03/22 07:34 | URL |

おつかれさま・・・と・・・

つらかったですね・・・


かわいい・・・って、結局
“いのちの甘美さ”・・・


我が家の逝ったバカ猫じゃ
ありませんが、それはそれは、
尽きない思いが・・・どうしよう
もない・・・


おつかれさまでした

| ち-ぼ- | 2013/03/22 21:08 | URL |

かんはん様

かんはんさん、こんにちはi-1

いろいろと本当にありがとうございました。
全てを承知で引き受けてくれた里親様に深く感謝するとともに、
こんなこと言っていてはだめだなぁと思うけれど
やっぱり寂しい気持ちもあって(笑)

寂しい気持ちで一日を過ごして
寂しさも薄らいでくるころには
あの子たちは必ず幸せになっているんだとそう思うようにしました。

うちでの茶トラ話はそろそろ終わりです。
どうも別のお宅でかわいい茶トラのお話があると聞いているので、
わたくし楽しみにしているのですよ、ふふi-179

| ムーコ | 2013/03/23 10:30 | URL |

Y's様

Y'sさん、こんにちはi-1

北上して海のほうにまわるのでちょっと時間はかかるんですね。
でも思ったよりは近かったです。
運転するのは私じゃないけど、
青森⇔仙台を一日往復しても苦にならないらしい
父さんなのでいいでしょう(笑)

当日、ケージにトイレを入れたりしていたので
小梅姉さんとゴン兄さんが不穏な空気を察して騒いでいたので
余計に警戒してしまったのかもしれませんね。

2ニャンズの強い絆、
「海街Diary」もマンガ大賞をとり、(漫画部らしい話題をi-189
読み返していたら、英二とアッシュが浮かびました。
兄さん、のまま仮名もつけてやらずだったので
翡翠の瞳のアッシュに、兄さんは英二でもよかったかと思いましたが…
なんかむっちりした英二だi-202と思ってしまいました。
新しい名前は何になさるのかまだ聞いていませんでしたi-201

新しいお宅での様子、ちょっと意外な感じかもしれません。
しばしお待ちいただけると嬉しいです。

| ムーコ | 2013/03/23 10:41 | URL |

Hechima様

Hechimaさん、こんにちはi-1

茶トラ兄弟を見守ってくださってありがとうございました。
里親様宅にはスズと同じくらいの年ごろのお子様もいらして
連れていった日はみんな目をキラキラi-189させて
ケージの中を覗いていました。
そのような様子を見て、スズも安心したのだと思います。

兄弟2匹で迎えてくださるなんて…とありがたく思いましたが
よく馴れるとわかっている子猫を譲り受ける機会もあるでしょうし、
そのほうがお子様も喜ばれるのでは?
本当にいいのかしら…とも思いましたが
それでもこの兄弟をと望んでくださってi-241

そして、こうして、皆さんからも茶トラ兄弟の新生活スタートに
言葉を寄せていただいて、本当に嬉しいです。

Hechimaさん宅も家族が増えるかもしれないのですね。
うちも毎度、小梅や真生たちとの共存が…と思うのですが
それなりに乗り越えてくれるので、家の子たちに感謝しています。
かわいい家族が見つかるといいですねi-179

| ムーコ | 2013/03/23 10:54 | URL |

ココタマ様

ココタマさん、こんにちはi-1

最初、スズに茶トラ兄さんたちに家族が見つかったよ、
17日に行くよと話した時には
このまま時間が止まればいいi-241
ぽつと言っていたので心配していたのですが
自分でも新しいご家族を見て納得したのでしょう。
私よりずっと立派に(笑)別れの言葉を言うことができました。
たくさん声をかけたら、
お前はめでたい門出のときに泣き出してしまいそうだからと
夫に早々に促されて、車内に引き上げさせられましたi-202

ココタマちゃんが、そんなにまことちゃんに詳しかったなんて…。
実は、まことちゃんの絵が怖くて
小さいころはまともに読めなかったなんてそんな言えない。言えないわ。
ココタマちゃんのシャツが紅白ボーダーだったらどうしよう…。

| ムーコ | 2013/03/23 11:04 | URL |

ちーぼー様

ちーぼーさん、こんにちはi-1

優しいお言葉、ありがとうございます。

いのちの甘美さ、
本当にこのいとおしさは命のかがやきに対する賛美なのかと思います。
短い間でも心を通わせることができた喜び、幸せ、
そういったことを心に刻んでの出会いなんですね。

昨日は亡くなった犬のお骨の周りを少し整理しました。
どんなときも別れは寂しいけれど
長くいとおしむ気持ちを持てるのも、
ともに暮らしてきた日々を糧に生きていけるからかなと思いました。

| ムーコ | 2013/03/23 11:12 | URL |

どこかで里親募集をなさっていて、「是非うちの子に!」と目がハート♪になっても簡単にはお迎え出来なくなった我が家…。
よるべ無い猫さん達が、沢山いることに、ついつい落ち込んでしまいます。

素敵な里親様をゲット♪した茶トラ兄弟、やっぱり、あなた達は幸福の種を持っていたのですね♪
スズちゃんのご挨拶も、心がこもっていて素敵です。きっとお気持ちが里親様にも伝わった事でしょうね。

吉田秋生といえば「BANANA FISH」 しか読んだ事がなくて、あまりのハードボイルドさと文庫化しても結構な冊数なので途中で挫折( ̄∇ ̄*)ゞ。「海街diary」、読んでみましょうか\(^o^)/。

| ゴンゴン | 2013/03/23 20:44 | URL | ≫ EDIT

ゴンゴン様

ゴンゴンさん、こんばんはi-53

震災関連のサイトを見てもそうですし、
里親募集の子を見てもそうですし、うちの子に!! 
という気持ちは次から次へ湧いてきますよね。
それぞれの家庭の状況に応じて、
できることを考えるのがいいかな~なんてイヤン、偉そうに思うものです。

幸福の種、おお、いいですね。
肉球の裏あたりにくっつけていたのでしょうか。
里親様、面白くて。いつも報告のメールでふいちゃうんです。
この後、2匹の様子お知らせしますね。

BANANA FISH は読みすぎてボロボロですわ。
単行本で11巻くらいまでの展開が大好きで。
BANANA FISH に関する短編も好きです。
ハードボイルドとはうってかわっての海街diary、
日常の景色から、心に湧いてくる言葉の切り取り、
すごい漫画家さんだと思います。と熱く語るのである。

| ムーコ | 2013/03/24 18:48 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1665-c8fff53f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT