PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中学部卒業です。

ショマ、中学部を卒業しました!!

ほぼ2週間も前になるのですが

DPP_0023_20130328165403.jpg 
DPP_0014_20130328165546.jpg 

DPP_0007_20130328165452.jpg 
異動された先生たちからのお祝いのお花。
DPP_0080_20130328165614.jpg 
【卒業式の壇の花 (別名・サイネリア) 】 に彩られて。

粛々と式は進み、
担任の先生と練習してきた卒業証書受け取りもキリリと…。

おおむねキリリだったとは思うのですが、

DPP_0042_20130328170016.jpg 
一連の動きの中に 「客席の母に問う。僕は今立派でしょうか?」 ビームが
挟み込まれておりました。

通路を挟んで、私の隣に座っていらっしゃった
小学部のお子様のお父様が男泣きに泣いておられて、
その姿を見て、もらい泣きしそうになってしまいました。

しんみりした音楽が流れるので、式の間、いろいろ考えていたら
卒業式の翌々日に控えた兄さんとミルクの旅立ちに思い至り、
かなりじんわりきてしまって、ショーちゃん、本当にごめんなさい。

**********
中学生になったら荒れると聞いていて、
母としてはじめて経験する息子の思春期に恐れおののいていました。

目に見えて荒れるということはなかったけれども、
今さらながら 「ショマは自閉症なんだなぁ。」 と認識する瞬間が多くなりました。

何かをするときには手順を決めたい、知っておきたい。

毎日の食事の時間、添えられた水やお茶などを飲むタイミングも
できれば私たちの指示がほしいところ。
好きに飲みなよ~がショマにはとても難しいのだと思います。
好きに飲みなよ~とけっこう言ってしまってますが…。

「外出先から帰ってきたら、うがい→手洗い→消毒」、
この流れを徹底しすぎていて、
まず決めたことをやらなきゃ という気持ちが先走りすぎて
母のために持っていた大きな買い物袋を降ろすこともできず、
そのまま買い物袋をぶつけながら洗面所に直行してしまう。

学校や放課後ケア施設では今日何を食べるのか決まっていて
紙にも書いてあるのに、
お母さんはどうして、明日の夕ご飯は? と聞くと
決まっていません!! と力強く答えるのかしらと毎日戸惑っていることでしょう。
決めないのは、スーパーに行ってから決めたいからです

小学校卒業時、140cm台後半だった身長は
この3年間で20cm以上伸びました。
大きくなっていく体と、子どもらしさを残した内面。
「おかあさんといっしょ」で毎朝盛り上がっているので、
正直、いつまでおかあさんといっしょなんだ…と思うこともありますし、
もしも障害がなかったら、今の年齢なら部活動とかやっていたのかな…と
頭をよぎることもあります。

たまに浮かぶ「もしも」。 私たちの生活にはない「もしも」。

そんな日もあるけれど、
「ショマは自閉症なんだ」と再認識するのが嫌なわけではありません。
手順細けぇな…と腹では思うことはあるけれど、これがショマなんだと思うし、
おかあさんといっしょの毎月の歌を一緒に歌いながらバス停まで行けば
ショマの顔に笑顔がこぼれる。
どんな立場であっても、
難しいと思われる障害があっても、笑顔がある生活はいいなと思います。

DPP_0081_20130328180738.jpg
教室の黒板はかわいらしい卒業式用の飾りつけ。

担任の先生から改めて、卒業証書の授与があり、
この1年間について先生の思いを語っていただきました。

ショマは雑巾がけトレーニングを欠かさず頑張って
脚力がついたことをほめていただきました。
その「一途な性格」で、毎日毎日がんばったと。
一途な性格…考えたこともなかった。
まじめとか、決めたことはやらなきゃ気が済まん男、くらいにしか。
くそまじめ~裏を返せば、一途な性格~♪

誰しも長所と短所が表裏一体なところがあるような気がします。
そして、自閉症の子は特にその傾向が強いようにも。
真面目すぎて息苦しくないだろうかと、私はショマを見て思うけれど、
ショマの根気強くがんばってくれるところも、その真面目さからくるもの。
真面目すぎていやんだ…と思うときには、
ショマは一途なのだと発想を転換させることにしましょう(笑)

DPP_0117.jpg 
昇降口で紙吹雪のアーチをくぐって。
小学部の卒業式のときにも、このアーチをくぐる姿にやられてしまいました。
今回もちょっぴりやられた(笑) 
たくさんの先生にショーマ、ショーマと声をかけていただく。
この子は一人で生きているのではないのだなぁという思いが湧いてきます。

DPP_0130_20130328183947.jpg 
今回もいただいた花を私に手渡してくれました。
こういうときに、 「もしも」 がよぎるんだな。
女性に優しいから、もったいないな~みたいな(笑) ハイ、親ばか親ばか。

**********
4月1日(付け)で高等部になる! とがっちり気持ちが切り替わっているショマ。
昨日は離任式でした。
卒業式以来、久しぶりにお会いした中学部の先生たちに対し、
すでに、もう区切りがつきましから! と言わんばかりのつれない態度。
ちょっと冷たいんじゃないの!! と先生たちにつつかれていました。
切り替えが早いのはよいこと…と発想を切り替えて…いいものかどうか。

| 自閉症関連 | 18:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ショマくん、卒業おめでとうございます*\(^o^)/*
ムーコさんをグ〜ンと追い越して、制服姿でなんと凛々しい姿!私の中のショマくんはリュックをしょっている、まだ少し幼げな感じでしたが…いやいや、立派な好青年ですね(*^^*)しかも、変わらずおばちゃん好みの美男子♡
ムーコさんとおかあさんと一緒を歌いながらバス停へ…ステキだなぁ。これからニータロにもくる反抗期を乗り切る魔法の歌を私も見つけたいです!
ミルクちゃん達も優しい里親さんが見つかり安心ですね♡
ムーコさんの優しく面白く、ちょっとエロネタもあるブログが大好きです*\(^o^)/*

| yucca | 2013/03/28 20:23 | URL | ≫ EDIT

おめでとうございます

中学、卒業おめでとうございます。
あっという間の3年間でしたね。きっと高等部なんて、もっと早いスピードで3年間、過ぎ去っていくのでしょうね。
 時々、わが子に障害がなかったら、どんな男の子だったんだろう・・・そう思う時があります。普通に、スポーツクラブに入ったり、お友達と、どんなふうに遊んでいたんだろうとか。
少数派の生きづらさ、不憫に思う事もあります。

でも、この家に生まれて良かったな・・と、この子たちに、思ってもらえたら、それだけで幸せかなと。

それは、いつも、ムーコさんのブログを拝見して感じる事。
ショマくんと、スズくんは、幸せなおうちに生まれてきたんだなあと。ここのお父さんとお母さんの間で、愛情いっぱいに育てられているんだなあという事。

時に、心が折れそうな時もあるかもしれないし、喜びばかりじゃなくて、学校を卒業した後の事を考えると、不安も計り知れないけれど・・・関わってくれた人たちの、きっと大丈夫の軸が、子供たちを支えてくれるはずだと思います。
高等部の3年間、元気に充実し日々を送ってください。



| みのり | 2013/03/30 00:14 | URL |

yucca様

yuccaさん、おはようございますi-1

お祝いの言葉ありがとうございましたi-179
別の学校に行くわけではないので寂しい~という気持ちではなく
また3年間楽しく頑張ってねと送り出すような式でした。

いつも隣に並んでいても大きくなったという実感があまりないのですが
写真で見るとけっこう差があるんですね。
私がちっちゃいこともあるのですがi-202
高校生になったら、ますます青年期に突入という雰囲気に変わってくるのでしょうね。
楽しみなような、これ以上もさくならないでオネガイという気持ちのような…(笑)

歌は本当に何でも好きなんです。
みゆこさんが仙台にいらしてくれたとき、
車内で次々とショマが歌うのを聞いてくれて、
音をちゃんと取ってると言ってくださったのですが、
私にはジャイアン系の歌唱部類に入るように聞こえてまいります。
ソフトな言い回しで伝えてみる。
ただ、とても楽しそうに歌うのでそれが一番かなi-194

えろえろしい話v-361
わたくし、そんな話をしたことがかつてあったでしょうか。
子どもも読める品行方正なブログを目指してまいります。
でも~~小梅とゴンちゃんがいやらしいから。ウンウン。飼い主じゃなくて。

| ムーコ | 2013/03/30 08:41 | URL |

みのり様

みのりさん、おはようございますi-1
春らしくなってきましたねi-267

お祝いの言葉ありがとうございますi-179
あっという間に過ぎ去った3年間でしたが、
途中で震災という大きな出来事があって…。
いつもと違うスケジュールになったこともあったけれど
先生達の尽力もあって、
普段の生活を少しずつ取り戻せたことへの感謝と、
日常の大切さに思いを寄せなければという気持ちにもなりました。

障害がなかったら…とやっぱり思うことがありますよね。
私たちの場合は、「障害がなければ…」になりますけれど
障害ない人間であっても、「たられば」の世界はないものですものね。
置かれた場所で咲きなさいという言葉がありますが、
ときどき違うショマの姿を想像しながらも
今のショマでなければなかった良さを大切に思ってあげたいなと思います。

たくさんほめていただいて恐縮しちゃうi-201
たぶん、みのりさんが思っている以上にほったらかしかも…。
母対子の関係より、兄対弟の関係で一日を過ごしているものでi-229

きっと大丈夫の軸、っていいですね。
ショマの学年で、小学部1年生の春からこの学校に在籍し続けているのはショマだけなんです。
当時は児童数のとっても少ない学校で、ガランとしていて
(今では想像もつきませんが…i-229
寂しい学校に来てしまった…という気持ちもあったんです(笑)
いろいろなことを教えてもらって、経験して
育ててきたのは、大丈夫の軸なんだ~~i-179
あと3年間、もう学生生活も3年で終わりなんてi-241
元気に、そして充実の日々をと私も願っています。


| ムーコ | 2013/03/30 09:28 | URL |

ご卒業おめでとうございます♪(←ございました・・・ですよねぇ、もう)
卒業証書頂いている姿、本当に立派です!!!
例えお母様に「見てますか!どうですか!立派ですか!」ビームを発していても素晴らしいです~~~\(^o^)/

うちの次男もそのお年頃には「床の人」から「立ち上がる人」に進化し、一人で証書を頂けるようになって欲しいものです。
中身が2歳児並みなので、体も出来ればコンパクトに・・・という母の願いむなしく、小1(もう小2ですが)で140㎝弱、長男が4年の時に着ていた服をもう着ています。
同年代と並ぶと柴犬とセントバーナードほど違って見えます・・・(泣)
もういろんな意味で目立ちます(-_-;)


高等部になると実習とかでまた忙しくなるのでしょうね。
ショマ君、4月から「おとうさんといっしょ」もはじまるって!

| えむ | 2013/03/31 08:08 | URL |

ショマくん、卒業おめでとう!

ムーコさん、おめでとうございます!これまでお疲れさまでした。時代が時代ならもう立派な大人、当時の母親たちはさぞかし辛い思いをしたでしょうね。幸いにも時は平成、しかも子供たちはよそよりもいつまでも手がかかる…じゃなくて、「こども」でいてくれる。幸せなことかもしれません。

私も「もしも」を想像すると複雑な気持ちになります。楽しく妄想できることもある(笑)
部活は…彼女は…成績は…

今日DVDを借りて「おおかみこどもの雨と雪」観たの。あのおかあさん、「もしも子供たちが人間だったら、…」とは考えていなかった。わたしにゃ無理だナ。

ショマくん、立派です!ここのおばさんも見てますよ~
高等部で、元気に過ごしてね。こんどは自立に向けての3年間になりますね。

うちは自立に向けての方向性を模索する3年間になりそうです。まことちゃんハウスで親子で日々精進しながら、エロエロブログの更新を楽しみにしていますね。そうだ、カテゴリーに加えたら?

| ココタマ | 2013/03/31 13:58 | URL |

ショマ君、中学部ご卒業おめでとうございます。

四国のみかりんでございます。お久しぶりです~
先月の高等部合格発表でも読んでいてウルウルでしたが、
今回も涙涙でした。
これまでのショマ君、ご家族の道のりがよみがえってきて、
本当に感慨深かったことでしょう。

高等部では、卒業後の生活を考えることがより本格的になってきて
実習など忙しくなると思いますが、修学旅行など高校生活をエンジョイ
してくださいね!
たくさんの出会いとたくさんの思い出が出来ますように。

| みかりん | 2013/03/31 22:32 | URL |

えむ様

えむさん、こんにちはi-1
返信遅くなってごめんなさい。
かめこちゃんの成長の様子、楽しく見ております。
体重測定に萌え~♪
昨日はスズと母のお気に入りショップi-189ホーマックにて
亀を観察して帰ってまいりました。

うちも床を洋服で磨く人でしたの。ホホ。
いつか落ち着くと言われてもまったく信じることはできませんでしたが、
自分の家の子だけでなく、よそ様のお子様を見ても
いつか落ち着くというのは本当なんだなぁと思うことが多いです。

個人差、その時期、
混乱の中に置かれての不調だったのが
いろいろなことがわかるようになった故の不調に変化したり、
落ち着くといっても一筋縄でいかないところもありますが、
学校生活を通して、えむさんの息子さんも
立ち上がる人になられるのではと思いますi-179

確かに1年生で140cmは大きいですね。
うちもスズがそうだったので、
洋服のお下がりには本当に無駄っていっちゃいけないけど、
お兄ちゃんと体格差があると余計に被服費がかかる…のはよくわかります。
男の子の身長は読めませんなぁ。
小学生時にぐーんと伸びちゃって、その後はそんなにということもあるし…。
今年度中にスズは私の身長を超すのでは?とみなに言われています。
いやだぁ。末っ子はちっちゃいままでいてほしい~。

新年度になって、教育テレビもガラッと変わりましたね~。
個人的にはストレッチマンの変更が悲しいですi-241
昨日、旧ストレッチマンと新ストレッチマンたちが
新しい教育テレビの紹介をしていました。
釘付けで見てしまいました。黄色い人に恋していたのかも…。

| ムーコ | 2013/04/02 09:38 | URL |

ココタマ様

ココタマさん、こんにちはi-1

お祝いの言葉、ありがとうございました。
更新もたもたしていたら、もう入学式近いんですけれどi-202

「おおかみこどもの雨と雪」、ストーリー読んでみました。なるほどなるほど。
「もし…」で、障害がなかったらと考えることもあるのですが、
逆に「もし障害を治せるのならどうするか」と考えることもあります。
遠い昔、自閉症を治すという本を買ってきたことがありました。
今実践していらっしゃる方がいたら申し訳ないので詳しくは書けないのですが
育児というより、訓練訓練また訓練という内容だったんですね。
自閉症故の異常行動を治す!みたいな見出しで。
そのときは必死に読んで、半信半疑でやってみたりもしたのですが、
今はもう彼らのすることが異常行動とは思えないし。
研究が進んで、いつか治すということも不可能ではなくなる時代もくるのかもしれないけれど、
うーん、本人の意志を明確に聞けないので難しいですね。
別のもしを妄想しておきながらも、
私としての心情はショマはショマのままでいてほしいと思う矛盾(笑)

これからの3年間もよかったらココタマおねいさんに見てもらえたら嬉しいです。
私もココタマ家を見ていようi-189

青少年健全育成委員(自称)のわたくしに何をおっしゃるか。
いえ、学校周辺のバトロールで
小梅とゴンちゃんに腕章やたすき付けてまわってもいいよって
ご近所の方に言われるんです。
腕章をつけてまわるなんて立派なパトロール犬っぽいし、
何よりかわいいかもi-176と想像するのですが、
同時に、2匹で連結して中腰で歩くパトロール犬たちが脳裏に浮かびますi-202

| ムーコ | 2013/04/02 10:12 | URL |

みかりん様

みかりんさん、こんにちは~i-1

あっi-201親がその日は兄さんたちを思い、涙しているのに
みかりんさんに涙してもらって大変申し訳ないような、
とてもありがたいような。ありがとうございます(笑)

高等部では実習が増えるので
送り迎えなとで今より親の出番も増えそうです。
受動型で、律儀に言われたことはやる子なのですが
卒業後の作業は長く続くわけですから
本当にやっていて、本人にとってやり甲斐がありそうだと思える仕事や作業を
見極めていくのも親の務めかなと思います。

高校の修学旅行はUSJの予定です。
そのときが来たら、四国から海を挟んで
おーいと声がけいただけると嬉しいですi-189

今日は高等部の制服のネクタイを受け取りに街まで行こうかなと思っています。
ああん、それなのに雨i-3です~。

| ムーコ | 2013/04/02 10:25 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1669-0eb18e19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT