PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弘前の猫と桜と

弘前公園夜桜レポートをば。
私の腕では写真に美しさがまったく残せていないのですが雰囲気だけでも

仙台ではお花見というものにほとんど出かけたことがありません。
ショマが小さいときに一度だけ行ったかなというくらいで。
本当に仙台の方にはゴメンナサイゴメンナサイという感じなのですが
仙台は緑の美しさは際立った都市ではあるのですが、桜の数が少ないと感じます。

桜を見るなら弘前よ~という郷土愛を持ち続け、
しかし、開花時期が最近の温暖化傾向で早くなり
(私が小さいころは毎年連休が見ごろでした。)
見に行く機会を逸していました。

今年は春が遅く、この連休に見に行くことができました。
弘前には夫が通っていた柔道場があり、
結婚して青森に住んでいた当時はよく遊びに行く町でした。
子犬だった竜太を連れて弘前までドライブも。
車酔いしたのか竜太は途中でゲロッパしたのでした。

あ~ここいらで竜太ゲロ吐いたねぃと
道中、酸っぱい思い出を語りあいながら、弘前へ。

予想していたのですが、駐車場がなく市内をぐるぐる。
この季節、民間の方がご自宅の土地を開放して駐車場として使わせてくれます。
タイミングさえ合えば停められるべぇとぐるぐるして、
ようやくある民家の土地に車を停めることができました。

そこで見たものは!
DPP_0168_20130514122647.jpg 
猫駐車場整理員さんであります。
なんてかわいい! スズと2人で窓越しにたくさん話しかけました。
DPP_0166.jpg 
するとお返事してくれたのですよ~
シャーーー されていたという一説もありますが、無視無視無視ぃ
猫駐車場整理員さんの上司(つまり飼い主さん)にご挨拶をして
名残惜しさもありながら、猫駐車場整理員さんにいってきます!

**********
DPP_0248.jpg 
お堀の周りを歩いて弘前公園内を目指します。
DPP_0247_20130514123937.jpg 
明るさをあげるとこのような感じです。
歩道の下はすぐにお堀の水。
水との距離が近いので、ショマと歩いていたK子ばばんは
ショマが飛び込む と焦っておりました。
心配の気持ちはよくわかりますが、最近は飛び込みません。キリッ。
10年前ならキリッの自信はなかったです

  DPP_0284_20130514124717.jpg
  城門をくぐり抜けて、公園内へ。

DPP_0302_20130514132847.jpg 
DPP_0306.jpg 
門をくぐると、日本最古のソメイヨシノが枝を広げておりました。

   DPP_0295_20130514133052.jpg
   日本最古のソメイヨシノを前に直立不動兄弟です。

DPP_0423.jpg 
DPP_0417.jpg
残念ながら、全体的に満開にはまだ早いかな~という状態。
弘前公園の桜の美しさは、ソメイヨシノとともに咲き乱れるしだれ桜だと思うのですが
しだれ桜もまだ咲き始めといったところ。
くわえて、前日までの雨を花びらが含んでいたのか
しおしおとうなだれているような花姿でした。
殿様(天守閣)に寄り添う、華麗で優美な姫たち(桜)的なイメージがあるのですが
姫様たちも、咲いたはいいけどこんなに寒いなんて聞いてないよ~状態のように見えました。

DPP_0382.jpg  
とはいえ、やはり天守閣と桜の競演は見応えがあります。
ああ、今弘前の桜を数年ぶりに見ているという実感が

DPP_0408_20130514135130.jpg 
桜の美しさに見とれるスズ。

……最近、彼はブログ用の写真ということを覚えてきまして
ちょっとしたポーズを取ってくれるんですね。お母さん、こんな感じ?みたいに。
したがってほんのりやらせ臭が。撮影が終わると顔も作らなくなるという。おそろしい子。

  DPP_0427.jpg 

DPP_0458_20130514135538.jpg   
お堀にうつる桜。
ひとつの場所で桜の様々な表情が楽しめる、これが弘前公園の魅力だと思います^^
終わりのころには花筏。散りゆく桜への寂しい思いをのせていくように。

DPP_0483_20130514140554.jpg 
冷えてきたのでおでんでんと津軽そば。

津軽そばはつなぎに小麦粉ではなく大豆粉を使います。
弘前には古くから続く津軽そばの食堂がたくさんあり、
小説 『津軽百年食堂』 の題材にもなっています。

久しぶりにこの小説読みたいな~と思っていたのに、
家のどこを探しても発掘できないのですよ。ああ~気になるぅ。でも発掘に疲れました。

おでんと津軽そば、お隣のお店で珈琲もいただき温まったところで帰路へ。
お堀の周りをゆっくり歩いて駐車場へ向かいました。

猫駐車場整理員さんに帰りは会えなかったのが残念。
次に見に行く機会があったら、また猫整理員さんにお世話になりたいな。

さくら編、ちょっぴり続きます^^

| 未分類 | 14:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こちらは暑いです

猫整理員さんなんかがいたら、
迷わずそちらの駐車場に決めちゃいますよね♪

美しい数々のお写真に、
わたしまで夜桜見物に行った気分にさせられました。
幻想的で素敵ですね…。

私は「春=桜=暖かい」と思い込んでいて、
毎年勝手に騙されています(ノω・、)
今年ほどではないにしても、
桜の頃って結構寒いのですよね。

「津軽百年食堂」読んでみたくなりました。
図書館で借りてみます☆

| 若奈 | 2013/05/17 16:12 | URL |

若奈様

若奈さん、こんにちはi-1

何度かぐるぐるまわったので
猫整理員さんのいる駐車場、覚えました(笑)
白くてふくふくしていて本当にかわいらしい猫さんでしたよ~i-178

弘前は城下町なので古い建物も残っていながら
明治時代の洋館もあってモダンな雰囲気もあり、
青森でも弘前に住みたーい♪という人も多いように思います。
友達の数人は、高校を卒業して弘前に移り住んでしまいました。
昼は桜そのものの美しさが楽しめるのですが
夜は灯篭の明かりに桜の花がぼうっと浮かび上がるような
幻想的な雰囲気が堪能できると思いますi-267

今日はこちらも暖かく穏やかです。
東京で開花が早かったので、春は早くきそうと思っていたのが
思いがけずの春の遅さで
ようやくモッコウ薔薇のつぼみがほころんできたところです。
一気に夏まで駆け上がるように暑くなるのかしらん。
体がついていかないですよねi-229

津軽百年食堂、私は震災で青森に戻ったときに
地元の本屋で購入したのだったかなぁ。
表紙の可愛らしい女の人のイラストに惹かれて買ったのですが
心温まるお話でした。
図書館にあったらぜひぜひi-179

| ムーコ | 2013/05/18 11:34 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1685-e1aa2a26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT