PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保存は冷蔵庫で。

青森の食べ物を紹介して
連休一泊二日旅行記終わりにしたいと思います^^

仙台に帰る前にお土産を買うために市場へ。
その前にお昼ご飯ということで立ち寄ったのが、「味の札幌」。
DPP_0652.jpg 
あの福山えむ治さんもこちらに食べにいらしたとか…という
福山さんファンSちゃん向けの情報も仕入れてまいりました。
「味の札幌」といえば青森のB級グルメ味噌カレー牛乳ラーメン。

以前、味噌カレー牛乳カップラーメンバージョン
ミス青森(小梅です…)にここで紹介してもらいました。

【これが本物だっ!】
DPP_0651.jpg 
えーと、スープが味噌とカレーと牛乳です。ひねりも何もない紹介でごぺんなさい。
麺は黄味の強い太めのちぢれ麺です。
牛乳と味噌が合い、バターも入っているのでスープはまろやかです。
わたくし、家でも時々まねっこしてラーメンのスープを
味噌カレー牛乳+バターで作ります。

古くから営業しているお店で、
私の小さいころは映画館の入ったビルにありました。
ジャッキーチェンの映画を見たあとは、必ずここの梅ラーメンを食したものです。
紹介しておいて味噌カレー牛乳じゃないのかよ みたいな。
梅ラーメンもさっぱりしていてオススメなのです。
しかし、小学生が映画を見た後に一人ラーメン。今より行動力があるわ

お腹がいっぱいになったところで市場へ。
DPP_0014_20130517160412.jpg 
この飾りっけのない鮭とばは海産物好きな沢さんとSちゃんへお土産。
○円分ちょーだい♪というと袋にぎゅうっと詰めてくれます。
よく行く乾物屋さんなのですが、次から次に試食が出てきます。
ホタテを干したものや、氷下魚などなど。
おばちゃんビールちょうだい と言いたくなるくらいに。
しかし、残念ながらビールは付きませんのでご了承ください。

袋に詰めたら最後に「鮭とばイチロー」ラベルをペタッと貼ってくれます。
店は違っても、たいていこのラベルのような気がします。
某とばイチローさんに了解はとってあるのかしら…と心配にもなるところですが
兄貴は海の男ですから、
広いお心で兄弟船にのったつもりで許してくれているのかもしれません。

お琴の先生には鮭とばイチローはちょっと渋すぎるかなと思ったので
「気になるリンゴ」を買いました。
シロップにつけたりんごを一個丸ごとパイでくるんだお菓子です。
最近ちょこちょこテレビでも紹介されているのですが、
地元民だと意外に食べる機会がないかも…。りんごが身近すぎるんだな。

*******
ここからはちょこっと宣伝もかねて^^;
一日目の夜は、夫とお疲れ様の乾杯。
DPP_0512.jpg 
母K子の故郷下北半島のサンマモル・ワイナリーのロゼワインです。
母の親戚筋がワイナリーの設立にかかわっておりますのです。

私はそのことを知らなくて
昨年、ボジョレーヌーボーの解禁日にあわせて
このワイナリーから発売される 「青森ヌーヴォー(白)」 を夫が注文していて
はじめて知ったという。なんでうちの夫のほうが知っているんだ…

高級ワイン ではありませんが、
香りもよく、食事にあわせやすいおいしいワインなのではないかな~と思います。
青森ヌーヴォーは限定販売ということもあって、一日で完売するとのこと。
ありがたやありがたや。
白が人気ということらしいです。
母の故郷ですが、私も大好きな美しい町。
美しい町ですが、産業も少ない土地なのでワイナリーが栄えてくれたらなぁと思います。

DPP_0527.jpg 
おつまみに、レトルトですがこちらも青森のお土産品、
ヒメタケとふき、みがき鰊の煮物。
ああんこれ大好き~♪ なのですが、ロゼワインとは合わないようです。
食事に合わせやすいといった先からまたまたごぺんなさい。
ワインと料理の相性は大事だ…。

*******
こうしてお土産を購入し、ワインもいただき仙台へ。

父も母K子もワインはあまり多くは飲まないということで
家にあったサンマモル・ワイナリーのワインを一箱お土産に持たせてくれました。
赤と白の詰め合わせの箱です。

DPP_0038_20130517164010.jpg 

    DPP_0033_20130517164042.jpg
これが、そのK子ちゃんが持たせてくれた白ワインなのですが…。

箱を開けたら中身が空だったんです。空だったんです。赤は無事でした。

なして! そんなミステリアスな出来事が起こるの!? と思い返してみますと、
地下のね~収納庫に入っているから冷えてるよ~と
ロゼワインとワインの箱をごそごそと出してきてくれたK子ばばん。

確かにこの季節、ロゼワインは冷えておりました。
しかし、白ワインの製造年は2011年。

暑い夏も誰かがコルクを開けてくれる日を収納庫で待っていたのでしょう。
待って待って、発酵して、ああん、発酵が止まらない~っっ、ポンッ という
流れがあったのではと推測されます。
箱の中には瓶から外れたコルクがともにありました。

保存は12~15度でと瓶に明記してありますので
ワインセラーをお持ちの素敵な方はワインセラーで、
お持ちでないという素敵な方も、もしご購入の機会がありましたら
冷蔵庫で保存をお願いしたいと思います。

K子ちゃんにも次もらったら冷蔵庫で! ときちんと伝えておきます。ああ~もぅ~。

| 料理・食べ物 | 16:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああんっ。

うち、うちはセラーがあるから、大丈夫だわっ。
コルク、抜けないっ。

って、K子様がご自身でぬんじゃったのをお持たせになったかと思ってしまったw
おもしろすぎるじゃないかっ。

| 納言子 | 2013/05/17 18:02 | URL | ≫ EDIT

納言子様

納言子さん、ああんっ、こんにちはi-1

ワインセラーをお持ちの素敵な人を
私はなごちんと稲垣吾郎さんと、
田崎さん(たぶん、いえ確実に持っているだろうという推測に基づく)しか知らないので、
しかもうちお二人は知り合いでもなんでもないので
なごちん宅を想定して記しました。

私たちも最初、あれっ、ぬんでしまったボトルを入れたのか?と思ったの。
でも箱ごと包装紙にくるまれたままで
箱がね、水分で濡れてしなっとした感じであったのでw
発酵ポンッi-190だったのだろうという結論に達しました。

K子ちゃんに伝えたら、そんなはずはないっi-201
秋にもらった! とのことだったのですが、
よくよく思い出してみたら昨年の6月にもらって
その後、ワインさん達はひと夏を収納庫でお過ごしになったらしいです。
やっぱり発酵ポンッi-190だと思われます。

| ムーコ | 2013/05/18 11:41 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1687-9b6fccaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT