PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スズの進路

DPP_0152.jpg DPP_0164.jpg 
DPP_0173.jpg DPP_0175.jpg 
現在よりもずいぶん前のある春の日、お掃除バケツを前にはりきる愛姫嬢。
がんばってがんばって、バケツの中の水からスポンジをかき出しました。
 
めごちゃんほどではありませんが、私もお掃除を少しがんばって
恒例・家庭訪問の日を迎えました。
春はスズの担任の先生による家庭訪問です。

スズも小学校6年生。
昨年度の春くらいから担任の先生と次の進路について相談を重ねてきました。
今年度の6月くらいにはだいたいの目処をつけてほしいということなので
家庭訪問の日にも本人の意向と、
夫婦で話し合った結果としての進路先の希望について先生に伝えました。

***********
中学校ではなんとか普通学級にいけないものかとも考えたんです。
優秀というわけではまったくないのだけれど 
学習面ではなんとかかんとかやっていけるのかな?
その後の進路選択を考えたときに、選択肢の広がりやすい進路は普通学級なのかな?
そろそろ同世代の子との付き合いも少しずつでいいから学べないかな? とか。

でも本人の意向は、小さなクラスじゃないと無理 なのです。
病院の先生も、担任の先生も少人数で学べれば力が十分に発揮できるとおっしゃる。
無理はさせたくない、そうは思っても親としては
大丈夫なんじゃないか、やれるんじゃないかと期待してしまうんですね。
それが過剰な期待で、本人には相当な負荷がかかっているのかもしれないのに。

小学校の進路選択でもずいぶん悩みましたが、
今回も悩みながら、何度かスズに意思確認もして、
今まで特別支援学級で培い、築き上げてきた力を今後も発揮できる場所として
中学校でも特別支援学級にお世話になろうかというところに落ち着きました。

*********
ただ、こうちょっと引っかかりもありまして…。

あまり大々的に書いちゃいかんと思うのですが、
進路先の特別支援学級の指導体制がですね、評判がこう…ゴニョゴニョ。お察しください(笑)
評判だけに振り回されてはいけない、自分の目で確かめないことにはという気持ちもありつつ、
各所から漏れ聞こえてくる話に不安が。

スズのお琴の先生が、
外部講師としてある中学校のお琴部の顧問を務めていらっしゃるので、
○○中学校でお琴部に入ったら~ と言ってくださるのですが、
残念、その中学校は学区外。

中学の学区越えは相応な理由がないと認められないとのこと。
部活もちょっと楽しめたらいいなという思いもあるのですが、
学区越えが認められるほどの理由ではないよなぁ
しかも、本人が部活でお琴はやーらないと。オイ、先生のご厚意にナンチューことを

やっていけるのか不安だと思うけれども、
入る前の人間が指導体制についてあれやこれや言う段階でもないし、
スズは大人にはあわせていく力があると思うので
在籍させてみて本人がどこまでやれるのかを見守っていくしかないのかな、と。

*********
という前置きがありまして。

ショマの保育所時代からの友達が
その特別支援学級に在籍しておりまして、
5月上旬に、その子のお母さんから現在の状況について
我が家でご飯を食べながら詳しく聞くことができました。

結論から言えば、指導体制はこの春から一新されたと。
クラスはとても明るい雰囲気になったそうです。

それも彼女のはたらきかけが学校側に届いたからのようです。
彼女はいっときの感情だけで動く人ではありませんし、
在籍させてみて状況を見て、これは…と動いたのだと思います。

これまでの状況も何度か聞いてはいましたが、
改めて聞いてみると、本当に大変だったんだな… と。
詳しく書くことはできないので、話を聞いて私が浮かんだイメージ、
ダースベイダーです。そんなイメージがもやもやと。お察しください
発達障害のある子、親ともにつらい状況だったろうと思います。

今なら部活も可能かもよ~とのこと。
新しく 「きせつ部」 という部活もできて、担当の先生もとてもよいそうなのです。
きせつ部って、季節を楽しむ部活かな、楽しいかも~♪ などと盛り上がりました。

来年もその指導体制のままいくことはないのかもしれないけれど
進路の方向性は決めたものの、先行きに引っかかりがあったのも事実なので
現在の状況を聞き、かなり心が軽くなりました。

さらに後日。

また別のお母さん友達に聞いた話です。
たとえば、体操をずっと続けてきたあるAちゃんという女の子がいたとしましょう。
本格的に体操を続けてきたのに、入学した中学校には体操部がない
「きせつ部」 とはそのような状況のお子様が在籍する部活らしい。
本格的な選手育成プログラムみたいな? 外部に練習に行く…のかな?

というわけで、きせつ部は無理っぽい。というか、無理なことがわかりました

| 自閉症関連 | 19:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

悩める五月…

ムーコさん、こんにちはー。

 こういう時期はどこも進路で悩ましいようですね。
 どのご家庭であっても、少しでもお子さんにとって一番いい環境を…
と思いつつも&親の希望(笑)で、葛藤があるようです。

 全ては結果論だとわかってはいても(笑)

 それでも、体制が一新されたと聞くと多少は安心しますね。
 明るく学べればそれに越したことはないと思います。

 それにしてもダースベイダーって…辛いわーそれは。

 
 

| Y's | 2013/05/24 13:05 | URL | ≫ EDIT

こんにちはムーコねぇさん。
運動会日和ですね。もしやスズくんも??
うちは静かにいつもの休日です。窓の外から元気な音楽や放送が風に乗って聞こえてくる~

学習がOKということならば、普通級を考えたくなるのも分かる気がします。その先を考えると、選択肢は少しでも拡がっていてほしいもの。

逆に、学習がOKなのはこれまでの支援級のおかげ加茂…変換ミス、かも、ですよね。なんといってもスズくん本人が自分をしっかりわかっていて、大人数は苦手、と言っているところが素晴らしい。

進路決定は親の考えで決まる年齢ですから、なおさら悩ましい。きっと、選んだ道が最良です。

最近またたびたび揺れるよね…
うちは1でもミシっというので、そのドキッで娘が発作を起こして困ります(>_<)

| ココタマ | 2013/05/25 11:35 | URL |

Y's様

Y'sさん、おはようございますi-1
返信遅くなってすみません。

あれこれ先の環境について悩んでも
子どものほうが思いがけず順応性があったりして
杞憂に終わったという場合もあるんですけれどi-229
人間関係を広げられる場をと思いながら、
これからの年頃、自分の家の子だけでなく、
どこのお子様も難しい時期に入りますから悩むところです。
決めてしまったら、よいイメージをもって来年の春に臨みたいと思いますi-179

イメージだけで汲み取っていただき、ありがとうございます。
発達障害があるという前提で在籍するものですから
その前提を省みられることもなく、
どうしようもできない部分をなんとかせいと要求されるのは…暗黒かも。
来年はまたどうなるかわからないけれど友人もほっとした様子でした。

シマネコ君、全快おめでとうございますi-189
カラー姿も見ているほうはかわいいのですが、
ご本猫君は外れてさっぱりしたことでしょうねi-179
猫の話題に便乗して…ボブ&ミルコもすっかりお母さんに馴れたようです。
ミルコは部屋に侵入してきたカメムシと格闘して目がシパシパしているとのこと(笑)
屁こき虫とも闘うなんて、さすが格闘家の名を持つ男です。

| ムーコ | 2013/05/27 09:16 | URL |

ココタマ様

ココタマおねいさん、おはようございますi-1
今日も穏やかなお天気ですなぁ。
お察しの通り、土曜日はスズの運動会でした。その話題はまた。
昨日は一日がかりで衣がえ。なんとか終わってほっとしているところです。
毎年毎年疲れるわi-202

意外と本人の進路先への意思が固くて。
普通級ではいじめられるというこれまた強固な思い込みもあるんですよね。
ニュースなどで痛ましい事例も聞きますから、本人の気持ちもわかるのですが、
先日一緒に病院に行って感じたのですが、
ふだん心のうちに秘めている自己評価がすごく低いんですよね。
親は親で欲目もあって、もうちょっとやれるんじゃないかと期待してしまうし。
ショマについては緩やかな気持ちで成長を見守るというスタンスをそこそこ保てていると思うのに
スズについては葛藤や焦りもあり、
この辺りを少し落ち着いて見つめ直すのが
自分の親としての課題なのかなぁと思います。

地震ここのところ多いですよね。震災以降ずっと多いけどi-201
そういった心理面での動揺も発作の引き金になるのですね。
私はてんかんのことには詳しくないので、
あれやこれやと言えるものでもないのだけど、
一緒に学校に通っているお友達をお母さんから話を聞くと、
合う薬を見つけるまでがやはり大変みたいで。
けれども、薬が合って安定しているお子様も何人か知っていますので
娘ちゃんに合う薬が見つかるよう願っています。
自分の意志でどうにもならないところだからつらいところだけど、
お母さんのココタマちゃんも気の休まるときがあるといいな。
いつも応援していますe-13

| ムーコ | 2013/05/27 09:43 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1688-a8f5fc9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT