PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月15日は何の日?

~○年目の話が続いてしまいますが、
先週の6月15日でスズがお琴を習い始めて2年が経ちました。

春にはほかの教室の男の子たちが参加する
「子ども邦楽コンサート」に先生と同門の女の子と出かけました。

ええ、もうびっくりというか打ちのめされて帰ってきたというか。
演奏の技術的なことに驚いたことはもちろん、
紋付袴を身につけた男の子たちの所作がね、美しくて。きりりとしていて。

キミたちは本当に小学生男児!? という驚きが体のうちにこみあげてきました。
来年の春はスズも参加させたいということなのですが、
演奏中にせわしなく動き、お尻をぽりぽり掻くということもある我が息子が
果たして参加していいものか、先生に申し訳ないようなで
今から心配している母です。…時期がきたらまた考えよう。うん

*********
同じく春には、
先生がスズの通う支援学級でお琴体験教室を開いてくれました。
仙台の小・中学校で邦楽体験教室を開催している先生ですが、
支援学級での授業ははじめてということで私もお手伝いへ。

みんな興味を持ってくれるかしらん…と心配もありましたが、
弦を弾くとすぐに音が出る楽器ということもあって
お友達みんな指でかきならしてくれ、
爪をつけて「さくら」を弾いてくれたお友達もいました^^

支援学級の先生によると、家に帰ってから
音楽の教科書の「さくら」のページを開いてお母さんに見せたというお友達もいたようで、
お琴の先生もその報告を受けて一緒に喜んでくれました。

DPP_0030_20130619175912.jpg 
スズは先生と一緒に「秋の日」を弾きました。
実は体験教室が始まる前に、お友達とのやりとりから調子を崩しまして
ぽろぽろと涙をこぼしながら弾くという状態。
後ろから、先生にがんばれ! と励まされながらの完奏。
ここまで調子を崩すということは最近はなく、緊張もあったのかと思います。
この後のみんなでの体験会では気持ちを立て直して笑顔も見えました。

終盤には、お友達の間から「ドラえもん」を弾いて! とリクエストもあり、
先生は楽譜を用意してこなかったとずいぶんと悔やまれていました。
スズが在籍している間に、
もう一度学級で「ドラえもん」を弾きたいということでしたので、
実現できればなぁと考えています。

*********
現在は、8月の「ゆかた会」に向けて
「夏の日」と「金爛(きんらん)」という曲を練習中です。

9月には、ショマの学校の「秋まつり」で先生とスズで2曲ほど弾く予定です。
ショマがいつもスズの応援をがんばっていること、
先生ご自身もショマのことをかわいがってくださって、
秋まつりで弾いたら、お兄ちゃん喜んでくれるかな? ということで
予定が詰まっているなかで、ステージ発表に申し込んでくださいました。

先の話なのでどうなるか、予定の段階ではありますが私も楽しみにしています^^

[広告] VPS


「夏の日」の練習をはじめたころの動画です。
今、そろそろ仕上がるかなというところまできました。
この動画では、もっと直さなきゃのようなかっこいいことを言って終わっているスズですが、
じゃもう1回と先生に促されて、
「ええーーーーーっ」とでっかい声をあげておりました。
正直すぎる練習嫌いでございます

先週、6月14日にもお稽古があり、
先生と母とで、明日で(2年)…とひそひそと話していました。
最近は少し背伸びしたような言動も先生の前で増えているようで
お疲れなの? と問うと、男にはそういう日もあるんですよ…と答えたりもするとか。
これから本格的な思春期も迎えるというので、
先生と母とで、どこまで続けられるか危ぶんでいる節もあるのですが、
ひとつのことを続けられたというこの経験を自信につなげていってくれたらな思います。

昨年の6月はスズ自ら、今日でお琴を習い始めて1年と先生にお礼を言って、
先生はその言葉にたいそう喜ばれていました。
今年は言い出さなかったので、お稽古終わりごろに先生と2人で
明日(15日)は何の日だ? と問うてみました。

スズによると、

  明日は資源回収の日だな

ということでした。
ああ、そうさ。15日は資源回収の日さ。それは正しい。
けれど先生と2人でがっくりですよ(笑)

| 和楽器 | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1695-e850e46e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT