PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

施設見学と自主通学と。

ショマの学校での活動が就労を見越したものになると同時に、
親が活動の主体であるPTA活動も就労に関することが中心に。

夏休み前までに、進路研修会や就労施設見学会がありました。
今回、複数あった施設見学のコースの中から、
「障がい者職業能力開発校」 と 「就労移行支援施設」 見学を選択。

職業能力開発校は障害のある方たちが、
学校卒業後に、就職に必要な各種の技能の習得を目的として通う学校。

ショマの通う支援学校では
あくまでも卒業後の進路は 「就労」 を目指して指導しているため、
職業能力開発校にさらに通うという進路選択は勧めてはいないと
進路研修会で教えていただきました。

ショマが通うのも、能力的には厳しい場所でもあるのですが、
うちにはスズもいますし、
職業能力開発校の見学ははじめて見学コースに組み込まれたこともあり、
後学のためにも と思いまして。
障害者のための職業能力開発校があるとは知らなかったともいう

********
一同、学校バスに乗って職業能力開発校に到着~。
場所的には、我が家から通うのも困難ではなく、
ここにこのような大きな施設があったなんて という驚き。

最初に職員の方から
職業能力開発校とはどのような施設なのか、その概要を教えていただきました。

宮城県だけでなく、東北各県から人材を受け入れているらしく 敷地内に寮も完備。

1年間の在学中に、お給料も月に12万円ほど出るとか。素敵。
けれども学生さんに渡るのは月額2000円ほどで、
お給料の残額は、保護者の了解を得て通帳で管理。
学生さんたちは、休日に出かけるときに、
2000円のお小遣いを活用する方法も学ぶらしいです。

このシステムは卒業するときにまとまった額の貯金を渡して、
卒業後に活用してもらいたいという目的からのようです。
卒業するときに成人に近くなっていれば障害基礎年金も支給されて、
そこに貯金もあれば、たとえばグループホーム入所するにしても安心。
ありがたいシステムだなぁと思いましたが、
うちのスズのように計画性がなければ、すぐに使っちゃいそうで
お金の管理ということも親が教えていかないと、ですね。

******
実際に施設内を見学して、在校生の方の学びの様子も見てきました。

知的障害者の方は、総合実務科に在籍。
さらにそこから、手工芸コース・販売管理コース・物流ワークコースの中から
適性にあわせて進むコースを選択。

すべてのコースを見学させていただきましたが、
手工芸では革細工・紙細工・縫製などがあり、施設も充実。技術も高度。
販売管理、物流ワークコースで使うのか、
商品管理棚が本物のお店のように置かれていて商品が並んでいました。
ある教室では、パソコンを使ってエクセルで発注書を作っていました。すごい

手工芸コースのある教室を見て、その教室を出ていくときに
学生さんの1人が先生に話しかけていて、その内容を耳にしました。
私たちが見学に行く少し前に、アビリンピック(障害者技能大会)が開催されたらしく、
その大会に参加してのお礼と感想を先生に述べていたようです。
アビリンピックで非常に優秀な成績を修めた生徒さんがいると聞いていたので
その方かな? と思いました。

参加してとてもよい経験になったと先生にお礼を言っていて、その真摯な様子、
先生の話が、「何事も経験、人前で技能を披露するのは本当に大変なことだけど、
君にとって本当によい経験になったと思う」 というような内容で
ちらと目にして、耳にしただけなのに、胸がきゅんっとなりました(笑)
こういう風に、何かに打ち込んで頑張った経験、
よい経験をしたと先生に言ってもらえるような生き方、自分はしてこなかったなぁと。
また、よき理解者・指導者に恵まれることの幸福。
そんな気持ちが相まってのきゅん。学生さんの未来に幸あれと心から思いました。

*******
ひと通り見せていただいてから、
見たうえでの職員さんからの説明と、こちらからの質問タイム。

職業能力開発校の入校手続きはハローワークを通して、になるんですね。
高校卒業者だけでなく、
中学校を卒業した時点で受け入れていただけることも知りました。
一般企業での障害者雇用枠の増加に伴い、卒業後の就職率は100%だとか。
中学校卒業者でもそうですか? と聞いてみましたら、
15歳と18歳の求人率はやはり違うので厳しいものがあるけれど、
技能の習得という面では、高校卒業者と遜色があるわけでもなく、
就職は十分に可能だと。なるほど~。

作業所などの空き情報を見るにつけ、
我が子の就労は本当に可能なのだろうか
不安が押し寄せてくる保護者にしてみたら、
就職率100%という言葉は本当に魅力的で

けれども、年々職業能力開発校の入学者は減り続けているそうです。
見学してみても、学生さんは本当に少数と感じました。
せっかくの施設があっても、入学者がいないことには と職員さんも困り顔。
見学してみてよし! と思ったなら、ぜひ入学も視野に入れてほしいと
職員さんにお願いされて、その場を後にしました。

とっても魅力的な学校なのにどうして入学者が少ないのかしらん…と
疑問に思いながら、その後、就労移行支援施設に移動。
IMG_9161.jpg 
就労移行支援施設で入所者の方が盛り付けてくれて、
配膳してくれたお弁当でランチ。
DPP_0148_20130727181339.jpg 
小梅に運搬されるのを覚悟で布ぞうり購入。めちゃ履き心地よしです。

私たちが訪ねた就労移行支援施設では、
学校卒業後に入所した方たちが、お菓子作りや接客、
就労に必要なスキルを学んでいました。
移行支援施設で、お菓子作りを学んだからといって、
必ずしもその職に就くというわけではなく、様々なシーンで必要となる
就労に必要なスキルを総合的に学ぶ場所という感じ、と言ったらいいかな。

この日、いらっしゃった入所者の方は
物を並べる、整理するのが好きという特性をいかして
まもなくレンタルビデオ店に就職するとのことでした。
対人関係が難しかったので、移行支援施設で接客を中心に学んだとのこと。

就労移行支援施設では
実際に働きに出た後も、施設からジョブコーチが職場に派遣されて、
ジョブコーチが仲立ちとなって、
雇用側と障害者側双方が働きやすい環境を整えてくれます。

今回見学に行った保護者の皆さんと話したのは、
職業能力開発校との違いはそこなのかなぁと。

就労の場も人と人とのつながりがあってこそですから、
技能があっても、対人関係に難しさがある場合、
就労移行支援施設なら後々のフォローが期待できて安心だよね、と。
職業能力開発校も、卒業後でも相談には乗るとのことですが、
たぶん職場にまできて仲立ちをしてくれるという施設ではないでしょうし。

実際に見てみるということは大切だなと施設見学会に行くたびに思います。
その施設それぞれの長所もあれば、短所もあって、
後は子どもの適性を親もよく見極めて進路を考えていかなければと。
1年のうちに何度か施設見学会は予定されているので
参加率100%目指して、様々見学させていただこうと思います

***********
長くなりますが、就労に関連した話題ということで一気にいきます

夏休み明けから、ショマに自主通学にチャレンジしてもらおうと思っています。
今までは、スクールバスの停留所まで車で送っていき、
そこからスクールバスに乗って学校まで行っていました。

自主通学は、我が家からなら1人で市バスのバス停まで歩き、
そこから学校まで市バスに乗って通うことになります。

本来、スクールバスは小学部・中学部の子どもたちが使うもので
高等部の子どもは基本的には自主通学を勧められています。
ショマも高等部入学者選考の面接などで、ぜひ自主通学をと勧められていたのですが
学校のある日にバスに乗る練習を母も一緒に、となると、
バスの本数が少なすぎて、母さん家に帰ってこられない 
そんな母の都合あり、
自主通学練習を先延ばしにして、スクールバスに乗せてもらっていました。

就労を視野に入れると
送迎のある施設ばかりではありませんし、
自主通学ができれば就労の場の選択肢が広がるとずっと勧められていて。

また、高等部の授業時間は、小中学部より延びているのに
スクールバスの時間に合わせて、帰宅しなければなりません。
朝のマラソンも高等部は9時から始まるのに、
スクールバスが到着するのは9時ちょうど。
最近はマラソンを満足にできていないので、自主通学で早めに学校に来れば
マラソンも存分にできるのですが…いう報告も学校から受けていました。

1人でバスに乗って学校に行く力は、練習は必要ですが
ショマにもついてきているのではないか。
機は熟した ところまではいっていないけれど
熟するための練習を、プール開放のある夏休みを利用して始めようと決意。

夫に協力してもらって
ショマが使うことになりそうなバス停の写真をいくつか撮ってきました。
時刻表とにらめっこして、母が混乱。大丈夫なのか自主通学

7/22、プール開放の日に初めて学校までバスで行ってみました。
DPP_0211_20130727194005.jpg 
この日は大雨
やめようか…と初日にして心折れそうになるも、
いや普段の登校では、雨の日も灼熱の日も大雪の日もあるのだと気を取り直し。

スズは留守番してる~と言っていたのですが、
長くなりそうなので強制的についてきてもらいました。

スズを連れていってよかった。
私もバスに乗りなれないもので緊張しちゃって、
校外学習で乗り慣れているスズのほうがずっと頼りになりました。
僕の後ろについて、僕の真似してとショマに教えてくれました。
お母さんは整理券を取って、降りるときにお金入れてねと。
はいっ、スズ師匠、ありがとうございますっ

DPP_0218_20130727195014.jpg 
けれど、バス停に着いてから、プール開放まで時間があったので
スズ師匠にバス停前のカフェでランチをご馳走するはめに。師匠代は高くつく
DPP_0223_20130727195152.jpg 
学校に到着。
はにわが増えとる。陶芸班はこげな大作を作ったのかしら…。
DPP_0237_20130727195312.jpg 
この日は肌寒くて、ショマは紫色に変化しました。
けれど、帰りのバスの時間まで泳いでくれい! と頑張らせる。鬼。
帰りはさらに雨足が強まって、傘を畳んでバスカードを出し入れするのも大変でしたが、
こういった悪条件の中で、何が難しいのかも把握できてよかったかなと思います。

その後、家庭訪問があり、先生と自主通学について打ち合わせ。
慣れるまでは、先生が朝と帰りは学校近くのバス停まで送り迎えしてくれるとのこと。
きっとできるよ、がんばろうと先生にも励まされて、ショマのやる気も高まっています。
携帯電話の契約や、見やすい腕時計や、使いやすい傘の購入など
困りごとが少しでも減るように、夏休み中に準備しておくことがいろいろありそうです。

気温が低くて、プール開放自体が中止になる日もあって
バス練習はまだ一度しかできていませんが、
8月からも少しずつ練習していきたいと思います。
すぐに自分ひとりで、とはいかないでしょうから、
少し大変そうだという日には私も手伝っていきます

**********
今は朝の連続テレビ小説も録画したものを見ているのですが
自主通学ができたら、私もドラマの時間に家にいられるのかも…なんて
想像したりもします。完了するころには 「あまちゃん」 は終わってそうだけどにゃ!

というわけで 「あまちゃん」 風に次回予告です。

【 おら、ついに黒ラブ生んだだ! 】
DPP_0231_20130727200717.jpg 
じぇじぇじぇじぇ~!

嘘をついてしまいました。子猫です。
動物病院からの委託でお預かり中~小梅のおっぱい絶賛大人気中~♪ 
…の様子は次回に

| 自閉症関連 | 20:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです(*^_^*)
施設見学のお話とっても参考になりました!私、文章力がないのでムーコさんに感心してしまいます。
自主通学…うちは通学班に私も付き添いでついて行ってますが、きっと私がついていかなくても気になるものをみたら1人で◯◯だ!とかしゃべりそうだし、(いや絶対にしゃべる)自分の世界に入ると歌い出すし(←私が注意すればやめられるけど)ついて行かなくても平気そうだけど1人でしゃべったり歌ったりして、周りから『変な子』と思われるのが困るのでついて行ってるような感じです。
いつかわきまえられるようになるのか…。

ショマ君、自主通学頑張って下さい!こちらも励みになります。

また仔猫ちゃん、お預かりしてるんですね♡私はお尻フェチでフムッって座ってる時のお尻が好きでなでさわりしてます。(今はうさぎしか飼ってないけど)
トモ(小2)のお尻をさわるのも好きだけど、他の子に真似してさわるようになったら困るので、最近はさりげなくさわったり(痴漢みたい…)寝てる時にさわったりしてます。

| トモママ | 2013/07/29 11:22 | URL |

記事の主題に深く考えさせられたとともに…いえ、それは横においといて。

はにわさんの自由な整列に心ひかれたけれど、最後に私のハートをわしづ
かみにしたのは。

それって擬態語なの擬音語なのどっちなのっていう、偽黒ラブの「じゅば
じゅばじゅば」でした。

にゃ~v-347またいるんですね!

| ココタマ | 2013/07/29 19:51 | URL |

トモママ様

トモママさん、こんにちはi-179
ちょこちょこ書き足していたら長くなってしまって。
読んでいただいてありがとうございます。
就労移行支援施設は、私も今まで考えていなかったのですが
卒業して即就労でなくても、こういった施設を選択しながら
機会を待つという手もあるんだなぁと私も見学してみて参考になりました。

ひとりで喋ってしまうのはなかなかねぇi-229
うちも少しだけ近いバス停があるのですが、
バス通りの歩道もない道路ギリギリのラインで一列で並ばなければいけないバス停で…。
バスが予定通り来ないときなどは、きっとひとりで喋りだしてしまうと思うので
一列ラインだと、前後で待っている人たちも辛かろうと(笑)
少し遠いけれど、広めのバス停まで歩いてもらうことにしました。

無事に安全に帰ってくることが一番なので
少しずつ頑張っていきますねi-179

お尻フェチなら、うちなら真生がおすすめです(笑)
家庭訪問のとき、お客様がいるというの忘れて下に降りてきて
尻を撫でろと突き出してきました。
先生がお帰りになるときに、
お客~~~i-203i-203と焦って逃げて
その様子がおかしくておかしくて。

スキンシップについてはいろいろな考えがありますよね。
真似したらどうしようとか、
こちらからべたべたして、大きくなってからもそれが普通と思われたら困る~など私も心配していたのですが
結局、中学生になるまではとべたべたしてしまいました。
だってスキンシップが可能になったころにはすでに大きかったんだもん(笑)
こっそりスキンシップは十分にあり!だと思いますi-179

| ムーコ | 2013/07/30 18:00 | URL |

ココタマ様

ココタマさん、こんにちはi-179

じゃ私も横に置いておいて、はにわ。
昨日、学校に行ったときに、
本文で「お疲れ~」の言葉をあてたはにわが顔を宙に向けて倒れていました。
その様は、「もう何もかもどうでもよくなった…」と言わんばかりで
カメラを持っていなかったことを後悔しました。
夏休み明けにはしゃっきり立っているでしょうか。

耳をあてますと、「じゅばじゅばじゅば」が最も近いように思ったので
擬音語だと思います!

ちびねこちゃん、ええ、なんて言ったらいいか…。
なかなかの個性派です。
ああっどうしてかわいいって言ってやらないんだ。私の正直者っ。
でもかわいいんだな~(笑)
よかったら後で顔を見てあげてくださいねi-179

| ムーコ | 2013/07/30 18:07 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1705-6326d842

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT