PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緊張を乗り越えて

昨日はスズの学習発表会でした。

小学校最後の学習発表会、
在籍する支援学級のみんなで劇を演じることに。

「忍たま乱太郎」の設定を
支援学級のみんなに置き換えて演じる劇です。

小学校最後ということもあり、
先生がスズにたくさんの見せ場を用意してくださって
ストーリー展開もスズ君の台詞や動きが頼り!のようなことを
先生から言われていた模様。

そして、スズ緊張。
発表会の2週間くらい前から
緊張で眠れない…という日が多くなってきて
真夜中に私の布団にもぐりこんでくることが2日ほど続きました。

6年生になって、ママンの布団に入るのはまずいと自分で思ったか(笑)
その2日の後は、枕元に熊のぬいぐるみを置いて寝ていました。
相思相愛の左馬介もスズの強烈な寝相が嫌なのか
一緒には寝てくれないので、寂しくないように熊を置いたようです。

学習発表会にくわえて、
24日には地域のお祭りでお琴演奏の発表があります。
15日の夕方、お琴の稽古があり、
そのときに緊張がピークに達したのか
うまくできないかもしれない、みんなに迷惑をかけるかもしれない…と
お琴の先生と私の前でわーっと突っ伏して泣いてしまいました。

お琴の先生にはご迷惑をおかけしてしまったのですが
こらえていた気持ちを吐き出せたことで少しすっきりしたようです。

*******
そして迎えた昨日。
DPP_0034_20131117080522126.jpg 

  DPP_0062_2013111708055722d.jpg

  DPP_0059_201311170806244f5.jpg
歌もあり、踊りもあり、ストーリー展開もちゃんとわかりました~。
温かい拍手をたくさんいただいて、大成功といっていいのではと思います^^

適度な緊張は子どもを成長させるといいます、と
担任の先生が眠れない日々を過ごすスズを連絡帳を通して励ましてくださいました。
その言葉の通りだったのではと思います。

緊張に打ち勝って演じてくれて、お母さんも嬉しいよ~。
今年はじめて発表会に出た学級の新1年生のお子様の
お母さんとおばあさまがハンカチで流れる涙を拭っていらして、その姿にもらい泣き。

今日はこれからお琴の合奏練習。
緊張の日はまだ少し続きますがあとひとふんばり。
実はお琴の発表、私も出る予定(予定ね、予定)でありまして、
スズの緊張が今までより実感とともによくわかる気持ちがする母なのです。
ああーーー今日から熊と寝るか。

| 自閉症関連 | 08:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ムーコさんおはようございます。

スズくん、お疲れ様でした。がんばったんだね~

お琴のお稽古でわーと泣けたのはとっても良かったですね。
ママンと寝たり熊ちゃんと寝たり、自分で折り合いをつけて
乗り越えたこと、間違いなく力となりますね。ホレボレです。

1年生のお母さんとおばあさま、わが子の姿にはもちろん、
6年生のスズくんの姿を見て涙したんじゃないでしょうか。
「6年生になるとこんなふうになるのかしら」みたいな
感動があったんじゃないかと。近い将来モデルを見るいい
機会ですよね。

大人になって外で働いていないと緊張することってあんまり
ないね。ムーコさんもいい緊張感を味わって~

私も少しは緊張しろ~お肌緊張しろ~

| ココタマ | 2013/11/18 07:26 | URL | ≫ EDIT

ココタマ様

ココタマさん、こんばんは~i-281

お琴の先生にけっこう自分をさらけ出しちゃうんですよね~。
先生には申し訳ないなぁと思うのですが
優しい年配の女性なのでおばあちゃんといるような気持ちにもなるのだと思います。
学習発表会も終わって、お琴の稽古でのわーっっi-201
スッキリしたのか、昨日の合奏練習はよい集中力でした。

低学年の子にとってよいモデルになっているといいのですが…うむ、どうかな(笑)
小学校はじめての発表会だとハラハラドキドキですし、
お母さんとおばあさんの姿を見て、小学校入学のころを懐かしく思い出しました。

私に出ろなんて、先生無茶しやがる…と思いましたが、
一緒に習っている年配の女性の方で、私大好きな人がいて
一緒に演奏できるのねi-189と昨日喜んでくださって
よしがんばろうと思いました。

今までスズは小学生で、ほかの演奏者も中高生の子が多かったので
私が入ることで(年齢の)段差がなくなると喜んでいらっしゃいました。
段差ってw

お肌はね、なかなか緊張しなくなるものなのです。
でも大好きな人に会って、今ツヤピカタマちゃんなのではないですかi-278

| ムーコ | 2013/11/18 17:23 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1739-9b9208b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT