PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大都会東京へ行く

日曜日の日帰り旅行、行き先は 東京!  TOKYO! トーキョー! でした。
いやだなぁ。うれしくて表記を変えて三度も書いてしまいました。

【旅のお供に小説『死神の精度』と双眼鏡】
_4967903f2dcf4.jpg 
金城武主演映画 『Sweet Rain 死神の精度』 の
完成披露試写会・舞台挨拶付きに行ってきました。ゴクリ。
舞台挨拶付きということは…動く金城武を生で見る。
こんなことが起こってよいのでしょうか。
三回くらいに分けて書きたいと思います。

本人の舞台挨拶がある映画完成披露試写会があると知ったのは
12月の末だったか、1月の初めだったでしょうか。
1月11日にコートを買った時点ではまだ抽選すら行われていない段階でした。
それでも、このコートを着て1月27日に東京に行けたらいいなと
私の心にほのかに、あわ~く期待が芽生えていました。
応募もまだの段階でなんたる前向き志向!
それから試写会への招待募集が各所で始まったので、私もモチのロン、応募しました。
なんといっても、試写会が行われるのは日曜日。
この機を逃したら、オラはもう彼に会うことは確実にねーだという勢いで
応募できるところは、抜けがなければ、全て応募したと思います。

各所で試写会に当選したという便りがチラホラと目につく中、
寒風の中、何度も何度も家のポストを覗くもそれらしきハガキは一枚も入っていません。
ポストに入っているのは、水道修理はお任せあれというようなチラシばかり。
幸運のポストマン、早く来い、今より早く来い。
ポスト通いも数日を越えて、当選の葉書ではなく、真実が私のもとに忍び寄ってきたようです。
なんか、私ってば抽選に外れたみたいよ!
真実に目を向けるのは苦しい。
30代半ばにして、試写会に外れてまさか涙がちょちょぎれるなんて。
試写会の抽選に外れたのは初めてではなく、
水を飲んで応募券を貼って応募という試写会にも外れております。
腹たぷたぷになったのにね。
東京で平日に行われる試写会は行けないし、
今回が外れたらもう一生ないなと、縁がないんだなと思うとついホロリ。

そんなとき、この映画の制作プロダクションのROBOTさんが
地方の人間のために試写会の枠を4名という狭き門ですが特別に設けてくださったのです。
地方の人間…うわー私だよ。またも前向き志向で応募応募。
と、その前に、夫に試写会のことをまったく伝えていなかったので
応募する前に教えておかなければなりません。

 ム 「えーと、映画の試写会に行きたいのですが…。」
 夫 「いいよ、行ってきなよ。」

好感触♪

 ム 「まだ当たってもいないけれど、場所は東京です。」 
 夫 「は? 東京????? ・・・・・・・・・・・・・・。」

だんまり♪

朝の忙しい時間に伝えたので夫はそのまま会社に行ってしまいました。
ああ、一回目なのにすごく長くなる予感。一旦区切りますね。

| 趣味・嗜好・TKC | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/174-fdbd608a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT