PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発作

記録の意味も兼ねてブログに残しておこうと思います。

IMG_20131129_091233.jpg 
※ムスッとしているように見えますが、
 喉を鳴らしてとってもご機嫌な真生です

震災の少し前に痙攣発作が起きて以来、
真生は一度も発作が起きておらずとても調子がよいです。
年を越して少し経てば、3年発作が起きていないことになります。
いいぞいいぞと思っていたのですが、
木曜日に日付が変わるころ小梅に痙攣発作が起きてしまいました。

意識なし、失禁あり、痙攣の時間は1分を超えるくらいだったと思います。
夜中の3時にもう一度同様の痙攣発作。
病院に行く直前の朝8時20分に同様の痙攣発作。

痙攣発作を起こす要因として
内分泌系の代謝異常、何かを口にしたことによる中毒、
心臓からくるものなどが考えられ、
これらの要因がなければ癲癇や、脳の中の腫瘍を疑うとのことで
検査をしていただきました。

血液検査はまったく異常なし。眼振もなしです。
中毒も今は散歩を控えているので考えられず、
心臓も聴診器で聴くかぎりは心雑音なし、不整脈なしでしたが
心エコーを撮った結果、拡張型心筋症の疑いが強くなりました。

私もエコーを見せてもらいましたが、
心臓の収縮力が弱いのがわかりました。
収縮力が弱いと血液が全身に行き渡りにくくなります。

体のどこかに血栓ができ、脳に飛んだのではないかというのが先生の見立てで
人間でいう脳梗塞のような状態ですかと尋ねると
そうだということでした。

甲状腺の異常でも痙攣発作は起こりうるのですが、
急激に太ったりという見てわかる甲状腺異常に伴う変化がないので
今回はホルモンバランスのチェックは行わず、
まず心臓の薬と、血栓を溶かす薬を飲んで様子を見ることになりました。

今、脚の痛み止めを飲んでいて、
心臓というのは不思議なものでどこかに痛みがあるとき拍動は強くなり、
痛みがない状態ではリラックスして、拍動がゆっくりになる、
拍動がよりゆっくりになったことで
今回の痙攣発作が引き起こされたことも考えられるので
脚の痛み止めは一旦中止し、サプリだけを継続することにしました。

******
帰宅し、すぐに薬を飲ませましたが、
ようやく寝入った12時15分ごろにまた痙攣発作。

眠りに落ちて、その眠りが深くなるころに発作が起きるので
寝かせるのが怖いという感じにもなってきます。
午後に少しだけ出かける用事があったので、小梅も連れていきました。
痙攣そのものより、痙攣によって頭を打ったりするのが怖くて。

発作のあとはけろっとしているのですが
やはりいつもと違うと自分で感じるのか、
2階には来ないといういつも守れる約束も昨日はどうしても守れず
ぴったりくっついてきて離れませんでした。

一日疲れたと思いますが、
ようやく夕方からぐっすり眠ってくれ、
今の時間まで発作は起きておらず、ひとまずホッとしています。
今は左馬介と並んで静かに寝ています。
IMG_20131128_191108.jpg 
こんなことを言うと大げさなと思われてしまうかもしれないけれど、
小梅は私たちの暮らしを明るく照らしてくれる光のような子です。
私は素晴らしいパートーナーに恵まれたと思わない日はありません。
小さな子たちを安心してお預かりできるのも、
小梅が縁あって家に来てくれる子たちの心をほぐしてくれるという
絶対の信頼があるからです。

小梅の穏やかな暮らしを一日でも長く守れますように。

| 犬関連 | 10:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありゃりゃ・・・。

小梅ちゃんが・・・。
ご心配ですね。そうですよね、光みたいなもの。共感します。
いつか、皇太子妃雅子様が、「(犬がいてくれるおかげで)夫婦のもめごとの種を食べてくれる」といったことを言われていたと思うのですが、うちも、先代犬のハナがいてくれたときは、父と母の、また両親と私のバランスを一生懸命とっていてくれたような気がします。

小梅ちゃん、まだまだお母さんの傍にいたいよね~。頑張ってね!

| ゴンゴン | 2013/11/29 12:44 | URL | ≫ EDIT

その後、小梅ちゃんどうですか?
痙攣を見守るのは本当に辛い。

小梅は犬というより人間みたい、
なんかおかあさんみたい、

ってムーコさん言っていたから動揺していると思います。
看病がんばって。息抜きもしてね。

| ココタマ | 2013/11/29 18:09 | URL |

ムーコさん

だいじょうぶ!!!
ガンバれ!!!!!

| ちーぼー | 2013/11/29 20:48 | URL |

どんなにか不安でしょう

パートナー…本当に。
我が家も少ない家族の要員の一人ですし
息子との会話のイタコになってくれているソフィアです。
ムーコさんも小梅ちゃんも不安でしょうね。
遠くからですが
いつも、想っていますよ。

| ソフィマリア | 2013/11/30 00:59 | URL | ≫ EDIT

小梅ちゃん

大変でしたね。
その後は落ち着いて、ゆっくり体休められたでしょうか。
小梅ちゃんが、ムーコさんにとって光のようなもの。ブログから、毎回感じています。
そして、会ったことのないわたしにとっても、とても明るい光、笑顔と元気をくれる存在です。
こうめちゃん、お薬が効いて、よくなりますように。
微力ながらわたしも遠くからお祈りしています。

| みんみん | 2013/11/30 08:09 | URL |

ゴンゴン様

ゴンゴンさん、おはようございますi-1

うちは犬がいても夫婦で喧嘩をするときは
盛大にやらかしてしまうのですがi-202i-202
小梅たちがいてくれることで
日々ちょとしたことで笑顔になることができますし、
みんなみんなかわいい大事な子たちですi-179

体に疲れは相当残っているようなのですが
おかげさまでとても落ち着いていて
さっき朝の薬も飲み終えて、ストーブの前でくつろいでいますi-179

| ムーコ | 2013/12/01 07:27 | URL |

ココタマ様

ココタマさん、おはようございますi-1

ご心配いただいてありがとう。
ココタマさんの温かい気持ちが伝わってきます。
痙攣、金曜日の昼を最後にとまっています。

金曜日は青森から母が来ることになっていて
勾当台まで迎えに行かなければならず
小梅も連れていきました。
金曜日は具合もよくなかっただろうけれど
一緒に出かけられるのが嬉しそうで静かに車から外を眺めていて
あーん本当にかわいいやつめぇ~と思ったです。

小梅を連れていくとゴンちゃんが寂しそうで
申し訳ないなぁと思うので
ゴンちゃんとの触れ合い時間も多く取らなければねぃi-179

| ムーコ | 2013/12/01 07:36 | URL |

ちーぼー様

ちーぼーさん、おはようございますi-1

ありがとうござます。すっごく嬉しいです。
おかげさまで落ち着いてきたと思います。
いつもいつも本当にありがとう。

| ムーコ | 2013/12/01 07:38 | URL |

ソフィマリア様

ソフィマリアさん、おはようございますi-1

イタコ、確かに(笑)
人間は言葉を持っているけれど、
それでも伝えることがままならないこともあって、
言葉を持たない動物が架け橋になって
気持ちをつないでくれることが多々ありますよねi-179

原因は見立ての状態でまだはっきりと決まったわけではないけれど
このまま薬がきいてくれれば
原因もほぼ特定できるかな~と思います。
薬を飲み終えたころにもう一度心エコーを撮って検査します。

薬のせいもあるだろうし、疲れもあるのか、私たちが食卓を囲んでいるときは
いつもテーブルの下にいるのに
今はずっと布団の上でうつらうつらしているような感じです。
若いころのようにはしゃぎまわるという状態にはならないかも…ですが
穏やかに時間を過ごしてくれればと切に思います。

| ムーコ | 2013/12/01 07:46 | URL |

みんみん様

みんみんさん、おはようございますi-1

回復を願ってくれる方がいて小梅は幸せ者です。ありがとう、みんみんさん。

薬がきいてくれているのか
少しぽわんとした感じにもなっていますが
痙攣は止まってよく眠れているようです。
自分の娘・息子には厳しい真生が小梅のそばにやってきて
寝ている小梅の頭の毛を毛づくろいしているのが微笑ましいですi-179

脚の薬を止めているので、痛みが戻りつつあるのか
座り方が不自然な形にはなっていて
今後、脚の薬との飲み合わせをどうするのかも考えていかなければならないのかなと思います。
脚の痛み止めは副反応がほぼないといっていい薬らしいので、
副作用とは違うのだろうと思いますが、
今の小梅の体の状態とちょっと合っていなかった、のかもしれません。
元気を取り戻せるよう先生と相談して進めていきたいと思います。

| ムーコ | 2013/12/01 07:57 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1743-3d212d45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT