PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鎮魂の日

今日の仙台は青い空が広がる晴れ。
晴れているけれど、
強い風が遠くの雪雲から雪を連れてくるようで
時折風にのった雪が青い空から舞い降りてくる一日でした。

今日で東日本大震災から3年。

ショマは 『鎮魂の日』 のため学校がお休みでした。

制服のネクタイを買うために、
ショマとふたりで午後から街へ。

IMG_20140311_155950_201403111708012ba.jpg 
勾当台公園で、ボランティアの方から黄色いハンカチをいただきました。
災害発生時に安否確認をスムーズに行うための黄色いハンカチだそうです。
玄関先などに黄色いハンカチを掲げて周囲に無事を知らせる。
このハンカチで外部から安否確認がすぐにできれば、
次の安否確認の場所へ迅速に移ることができる。
こういった趣旨のハンカチのようです。
災害備蓄品に詰めようと思います。

公園やアーケード街の何箇所かに献花台が設置され、
鎮魂のための音楽が多くの演奏家によって奏でられていました。
IMG_20140311_141241_20140311171620d6f.jpg
足をとめて、『You raise me up』 に耳を傾けて
14時46分を迎えました。

鐘がなり
目を閉じると、アーケード街を歩く人の気配がすうっとなくなり
静かな時間が訪れました。

震災から3年、それは節目の年ということなのか
メディアでも震災について取り上げられる機会が
ここ数日でぐんと増えました。

3年という歳月が節目という意味合いだけでなく、
ひと区切りということにならなければいいなと
ぼんやりと気持ちに浮かんできていたけれど
街を歩く人-年配の方、震災後に生まれたであろう赤ちゃんを連れた方、
年若い方、私と同世代の方
それぞれに鎮魂の歌に耳を傾け、祈りを捧げる姿に
そこに込められたお一人お一人の思いを知ることはできないけれど
この日、この時間はこの街に暮らす人にとって
ずっと特別なものであり続けるのだろうと思いました。

IMG_20140311_060617.jpg 
今朝のゴンちゃん。
今日は少し長くお散歩しようね、と朝の5時20分からお散歩スタート。

散歩から帰宅して
起きてきた夫に、
今日はゴンちゃんに長めの散歩プレゼントしたのと言うとキョトンとしていました。

一瞬ゴンがどこから来た犬なのかわからなくなってた、
もう家の犬だと思っているからと言われました。

テレビに映し出された福島の地図を見て
ゴンちゃんはこのあたりに住んでいたのかな、といろいろ想像もするけれど。
ゴンちゃんはもちろん何も言わないし。
でも、散歩に行って、奥さんボク満足♪という顔を見ることができると
ささやかだけれど穏やかな暮らしを守ってあげたいなぁと思うのです。

| 未分類 | 17:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

希望、絆という言葉を目にするたびなにか空々しさを感じてしまう自分が、ムーコさんのブログでゴンちゃんを見た時に恥ずかしくなったのを思い出します。

もう3年、はやいですね。

| keia111 | 2014/03/15 00:02 | URL | ≫ EDIT

3.11のあの日

私は大阪市内にいましたが揺れました。
東北の地震が関西まで伝わるなんて信じられなかったです。
よその会社で打ち合わせ中だったのですが、出席者の複数の携帯が災害情報を知らせる着信音を鳴らして騒然としました。
阪神大震災の時は淡路島在住だったのですが、それを上回る被害で・・・
せめて原発問題だけでも早く解決してほしい。
募金と献血(現在はそれほど必要とされない気もしますが)は今後も継続します。

| ひろぽん | 2014/03/15 00:52 | URL |

keia様

keiaさん、再びこんにちは。

仙台にいても
海側に住む方たちと温度差は必ずあるでしょうから
それを思うとね、とても申し訳ない気持ちになりますよ。
でも見知らぬ方たちを悼む気持ちを持つ人が
この地方に存在し続けることも大切なのだろうと街を歩いてみて感じました。

ゴンちゃんは今日もめんちょこりんちゃんですi-179
何事にも控えめなゴンちゃんですが
最近はちょっと分離不安もあるというか
2階に長くいるとたまーに遠吠えで呼ばれます。
そのときはあんまり控えめじゃないです。オオカミさながら(笑)

| ムーコ | 2014/03/15 09:48 | URL |

ひろぽん様

ひろぽんさん、こんにちは。

地震が起きたときは
何が起こっているのか、地震とわかっていても
これが来る来ると長らく言われていた宮城県沖なのか
それとももっと違う場所で、地球が割れてしまうような出来事が起きているのか
頭で考えようとしても理解が及びませんでした。
たった数分のことなのに、それ以前と以後でこんなにいろいろなことが変わってしまうなんて。

避難生活を余儀なくされている方たちの数や。
まだまだ震災が終わりを告げることはないのですよね。
原発も廃炉に向けて長い長い道のりですが、
これで終わったという日が来てほしいです。

| ムーコ | 2014/03/15 10:00 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1768-73febec5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT