PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

施設見学会

この三連休を終えれば、子どもたちもそのまま夏休み突入。

ショマは作業実習、スズは合唱コンクールと
夏休み前の大きな行事を終えて夏休みを迎えることができました。

私はショマの学校の役員として
準備を進めてきたPTA主催の施設見学会を夏休み前に終えることができました。
これが終わるまでは…と少し緊張していたのでホッとしたよ~

3コースに別れての施設見学会。

私は 『ロク ファーム アタラタ』 さんの見学担当。
アタラタさんは就労継続支援A型(雇用型)の事業所です。
見学者の皆さんとバスに揺られること小1時間。
アタラタ3 

とても素敵な施設とは聞いていましたが、予想以上のお洒落施設
蕎麦レストラン、ブッフェレストラン、パン工房、東北アンテナショップなどの
建物が同じ敷地内に並んでいます。

この 『ロク ファーム アタラタ』 さんはまだ新しい施設。
先の東日本大震災の炊き出しやポランティア活動で知り合った
6人の経営者たちが、復興につながる継続的支援をと考えて立ち上げた
「東北ロクプロジェクト」から生まれた場なのだそうです。

震災で職を失った被災者の方、障がい者の方を積極的に雇用していると
スタッフさんから説明を受けました。

生産、加工、販売のプロが六次産業化モデルファームとして創り上げた施設。

うむ…六次産業化ね。
アタラタ6 
私の力では説明が難しいので、
パンフレットから図を引っ張ってまいりました

アタラタさんの自社ファームや契約農家さんからの農作物を
レストランや、月一回開催される朝市で提供。
私たちが到着してまもなく、自社ファームで作業する方たちが
トラックに乗り出かけていきました。
一次産業からのつながりを循環させて、働く人・消費者を結ぶ施設なんだなと
スタッフさんからの説明でそのように考えました。合っているかしら…。

今回の見学ではブッフェレストランのアタラタ・マルシェさんで昼食。
アタラタ4 
一品メインの料理を選び、
タパスやデザート、ドリンク類はブッフェスタイルでいただくという形です。
私はご飯が食べたいので
メインは東松島産白身魚、ヒラメかな~?のヅケの海鮮丼。
メインはパスタ、オムライス、カレーなどもありました。

東北ロクプロジェクトを立ち上げたメンバーの中に
以前うかがった六丁目農園の方がいらっしゃるので
料理の雰囲気はよく似た感じだなと思いました。
タパスは野菜中心。野菜がふんだんに食べられるというのはうれしい

障害のある方は厨房の中で働いていらっしゃるとのこと。
厨房の中も少し見せていただきましたが
ランチタイムは戦争状態のようで、見学するのが申し訳ないくらい。
ブッフェスタイルなので洗い物も大量に出るのだと思います。
黙々と洗い物をしていらっしゃいました。

アタラタ1 
昼食をいただいてパン工房に移動~

アタラタ2 
カンパーニュパンが自慢のパン屋さんだそうです。
障害のある方は生地作りを担当されているとのこと。
その日の温度や湿度で粉の配合も変えているそうですが、
しっかり計量にも対応して仕事をされていると。すごいなぁ。

アタラタ5 
いちじくのカンパーニュパンや夏みかんあんぱんなど
子どもたちにお土産を買って、この日の見学は終了。

施設見学の直前に
ショマの実習での白衣姿を見ていましたので
ショマが計量したり、生地をこねたりしたりの姿を想像してみます。
いやいいわね~
ショマの就労に関しては、今のところ就労継続支援B型で考えているので
A型での就労はまずないだろうと思いますが
想像はいいのよ、誰にも迷惑かけないはず。うふ。

今回はPTA主催での施設見学会ですが、
これからショマの就労に向けて、個人的にもいろいろな施設を
どんどん見てまわらなければいけない時期に入ってきます。

就労継続支援A型・B型事業所それぞれに良さがあるでしょうし、
本人の能力の見極めと、この施設ならという組み合わせを
見学を通して考えていかなければなりません。

将来的にはグループホームなどに居住して
親元を離れて生活させることを目指したいと考えています。
どのようなライフスタイルを目指すのか、
その通りにいくとは限らないけれども方針だけは決めていかないと。
理想的な想像ばかりは膨らむんですけどね~

| 自閉症関連 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1799-a7670902

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT