PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小学1年と中学1年のペイント絵画

早いもので明日学校に行けばショマスズも冬休み突入。

夏休みが明けて以降、特にスズは
学級で作ったキャンドルの販売、球技大会への参加、
職場見学として作業所やスーパーに出かけたりと盛り沢山の内容をこなしてきました。

【学校で販売したキャンドル】
スズ作品7 
販売の体験や、職場見学はスズにとっても大いに刺激となったようです。

小学校のときとは違い、普通学級の生徒さんとの交流の時間も増えました。
先日は体育でのバスケットボールの授業を参観してきました。
小学生のときは交流といえばびくびくしていましたし、
バスケットボール、それは高度な運動神経が必要とされる競技、
運動が苦手なスズにはハードルが高いわ…と母はハラハラ。

けれども、動きは俊敏でないながらも
…鈍いとは可哀相で言えないっ←言ってるようなもの?
笑顔も見え、得点力をあげるための作戦会議にも参加して、
同じチームの子達に名前も呼んでもらいながら
作戦を立てている様子に心から安堵しました。

先生からフォローを受けて、
おそらく周囲の生徒さんも気遣ってくれて交流が成立しているのだと思います。
参観日のあと、バスケットボールって難しいけど面白いんだと
スズが教えてくれたことが印象に残っています。

**********
参観日のあとは、入学してから制作した作品を見てきました。
スズ作品3 
切り絵のクリスマスリース。
スズ作品5 
校外学習で出かけた山形で作ってきたスープカップ。
本当はカフェオレを飲むカップを作りたかったのにスープカップになってしまったと。
難しくて先生にたくさん手伝ってもらった、
左の持ち手は指が入りにくい、小さくてスープは入らない…などなど
否定的な言葉をスズに並べられたスープカップ。
作るのは楽しかった、次はもっとうまく作りたいというスズの言葉にも期待して。
そして、食器棚に入れにくい…と。あっ、私までひどいことを言ってしまった。

スズ作品6 
これは何を表現しているのでしょう。パックマンかしら…。
指先を使う細かい作業はスズは苦手。
ハサミを使ったり、糊で小さな紙を貼ったりしながら指先の訓練となるよう
様々な作品作りに取り組んでいるようです。

スズ作品4 
ついにうちの息子の芸術が爆発してしまったと母が感じた作品。

名画塗り絵でした^^;
シャガールの『私と村』にパステルで着色したもの。
色を選ぶのが難しかったとのことですが、
綺麗に色が出ていたねとほめました。

そして、
スズ作品1 
スズ作品2 
レオ・レオニの絵本の絵をパソコンのペイント機能で再現したもの。

このペイント絵画は夏前に先生からコピーをいただき、
「あの頃」に比べて上手くなったな~と感動したもので
大事に保存してあります。

【あの頃のペイント絵画 『芋』】
スズ芋 
2008年スズ小学校1年生当時のペイント作品。
懐かしい懐かしいペイント作品の思い出です。

| 自閉症関連 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1831-a7562be6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT