PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

cranberryさんの時間をお借りして

仙台には 『タピオ館立オープン大学』 という大学があります。

仙台市民が 『タピ大』 と呼ぶこの大学は、
ショッピングビル 『タピオ』 の一角で講義が行われる生涯学習の場。

どんな人でも講師として自由なテーマで講座を開講できるのが魅力。
予約不要、自由に講座を聴けるのも魅力。
実は過去に私の夫も一度講座を開いております。

その 『タピ大』 でブログを通じての友人cranberryさんが講義をされるという。
これは駆けつけねば と、
夫の講座のときは近くの椅子で菓子を食べていた私も
ー故に夫が何の講義をしたのかはよく知らない
きちんと耳を傾ける良い生徒として講座に参加してまいりました。

メディカルアロマ講座3 
cranberryさんは現在様々な資格を活かして仙台市内でご活躍中です。
今回の講座は 『メディカルアロマ講座』 。
資料をもとにメディカルアロマの概要をcranberryさんが最初に説明してくれました。
代替医療としてのフランス式のメディカルアロマ。
アロマテラピーといえば、香りで癒しの効果を得るものという認識程度しかなかった私。
新しい学びの扉を開きました。これがタピ大なのね

メディカルアロマ講座4 
実際にラベンダーアングスティフォリアの精油でスキンケアクリームを作りました。
あ~これはよく知っているラベンダーの香り♪という精油でしたが、
ラベンダーも効能によって様々な種類があるとのこと。
別に傷を治す効果があるというラベンダースピカの精油の香りもかがせていただきました。
確かに 『ラベンダースピカ』 は馴染みのあるラベンダーの香りとはまた違う!

他にもユーカリやパルマローザ、オレガノなど
植物から作られる精油のパワーを教えていただいたのであります。
精油によって効能が違う、禁忌事項もある奥の深いもの。
本格的に学んで生活の一部に取り入れられたらどんなにか楽しいことでしょう。

メディカルアロマ講座2 
これは載せなければ。
羊の毛の脂から作られるという 『ラノリン』 。
手触りは馬油に似ています。
クリームを硬くしたい場合に入れるとのことで、植物由来の精油とは違うものですが
このラノリンの匂いがたまらない。
動物のよい匂い、香ばしい懐かしさだけを抽出したかのような匂い。
小梅だ…と思い、容器から鼻を外せませんでした(笑)
小梅の毛の脂からも 『コメリン』 を作ることができたのかも…。

メディカルアロマ講座1 
3ステップくらいの工程で私にも作ることができました!
敏感肌にもトラブル肌にも使えて
手にも顔にも、つまり全身何度でも塗布可能なクリーム。
もったいないので私はリフレッシュしたいときに手や顔に塗り塗りしました。

それにしてもcranberryさんの話の上手いこと。
そしてお肌がツヤッツヤしているので、
夕刻になると顔が土気色を帯びてくる身としては羨ましく
メディカルアロマテラピーにご自身のツヤッツヤで説得力持たせていらっしゃると感じた次第。
質問にも丁寧に答えてくださるので
またぜひ開講してください!という声があちこちであがっていました。

講座終了の後には
cranberryさんと待ち合わせて館内のスタバでコーヒータイム。
久しぶりにお会いするので、互いの近況など報告しあって
帰宅したら夜の10時近く。
cranberryさん、楽しい時間をありがとうございました♪

********
で、今日は終わらず、話題をもうひとつ。

卒業を祝う会4 
卒業を祝う会1 
先日、ショマの学校のPTA行事として 『卒業を祝う会』 を開催しました。

私たち在校生の保護者は
3年生のお子様を持つ保護者の皆様を送り出す立場。

卒業はお子様の門出であると同時に
保護者の方にとっても新しいスタートに向けての区切りの日です。
何か新生活を後押しできるような企画はないかしらと考え、
先のアロマテラピー講座のあとにcranberryさんに相談。
そこでcranberryさんが会の中で 『カラーセラピー講座』 をご担当くださることに!!

本来、カラーセラピーは相談者が選択した3本のカラーボトルをもとに
カラーセラピストが相談者の内面をじっくりと深く掘り下げていくものだそうです。

今回は時間の都合もあるので、
『自分のバックアップカラーを知ろう!』 というテーマを中心にすえて
卒業生の保護者の皆様には3本のカラーボトルを選択してのミニセラピーを実施、
在校生保護者は1本のカラーボトルを選択して自分を後押ししてくれる色を知る、
という形で、cranberryさんが企画を練ってくださいました。

卒業を祝う会3 
卒業を祝う会2 
cranberryさんが用意してくださった資料をもとに、
卒業生のお母様たちがセラピーを受けている間、
在校生保護者の私たちは自分たちが持っている色のイメージを書き込んで待機。

赤は炎・情熱…、白はお嫁さん…、オレンジはかぼちゃ…などなど
私も自分なりの色イメージを考えて書き込んでみましたが…
キジトラーズカラー 
桃色はめーちゃん、緑は左馬介、紫はマオー。
自分の色イメージがキジトラーズに支配されていることを知った日。

卒業を祝う会6

卒業を祝う会7 
色の持つイメージを言葉で具現化した後は、実際に1本選んでみました。
ここで選ぶのは 『好きな色』 ではなくて 『気になる色』 というのがポイントかもしれません。
自分の話ですみませんが、私の好きな色はグリーンと赤なのですが、
ここで気になる色…と問われて選択したのは右から4番目の 『紺』 のボトル。
カラーボトルのには天然石が入っていて、紺色のボトルの石はラピスラズリ。
紺ってあまり好きな色ではなくて、
書き込んだイメージも 『規律・規範・サラリーマン』だったのに…。 

全員が選択し終わったところで
それぞれの色が持つポジティブな意味、ネガティブな意味を教えていただきました。
たとえば紺の持つ意味は…とご紹介したいところですが、
これからセラピーを受ける方のためにも伏せちゃおうっと。ごめんなさい。

そして色の活用の仕方もcranberryさんより伝授。
色の持つポジティブな意味を知って、
今の自分の気持ちに足りないものを色で補っていく。
黄色など全身で身につけるのはちょっと難しいという色は
ハンカチや小物、下着で身につけるのもよいですよ~と。
cranberryさんは色の意味を知って下着の色がちょっと派手になったとか。キャッ

********
今回、cranberryさんにお越しいただいたのは
cranberryさんの前職が、支援学校の教師だったというところも理由のひとつです。

卒業といいましても、
新しい職場、生活のリズムに慣れるまでは
まだまだ親の支援が必要でもあるお子様たちです。
ちょっと話しにくい悩みや、これからの不安など
肌身で保護者の悩みを知っているcranberryさんだからこそ
より近い距離で卒業生の保護者の皆様にもお話いただけると考えました。

個人セラピーですので、その内容を聞くことは決してありませんが、
お母様たちから笑顔がこぼれたり、当たってます!という言葉が聞こえてきたりの時間でした。

卒業を祝う会5 
年度末の行事なので少し豪華なお弁当で卒業をお祝い。
仙台ローズガーデンさんのお弁当です。

卒業式も先日終わりました。
卒業生と、そしてともに歩んできた保護者の皆様の前途が明るいものでありますように。

***********
cranberryさんのブログ、「らぶ*はぐ」 です。
『卒業を祝う会』の様子もご紹介いただきました。
各種講座が気になる~♪という方はぜひぜひお問い合わせくださいませ^^

| 未分類 | 10:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいなぁ

素敵な時間を過ごされましたね。
そして、オリジナリティ溢れる趣向。

私も受けてみたいです。
実はそういうのにとても興味があります。

祖母が履き物やをしたのですが
今でも草履に鼻緒をつけている姿を思い出します。そういうクリエイティブな仕事がしたいなぁ、と思うのですが
起業するには、資金もノウハウもわかりません。今さらデッチ奉公するとしでもないですしね。

結果、気になります。
また、教えてくださいね。

| ソフィマリア | 2015/03/11 21:25 | URL | ≫ EDIT

ソフィマリア様

ソフィマリアさん、こんにちは。
お兄ちゃん、いよいよ進学されるのですね。
お知り合いになったときは確かまだ小学生でしたよね。
本当におめでとうございますi-267

カラーセラピーは本来かなり時間をかけて行うものなのだそうですが、
今回は短時間でできる企画で考えていただきました。
1対1でじっくりとなったら、より深く自分の内面を知ることができそうです。
知りたいような知りたくないような(笑)

クリエイティブなお仕事いいですよね。
私も羨ましい~と思いながらも、何ができるのかもわからずですわ。
いや何もできないのかもw
人様のクリエイティブに乗っかっていきます!

| ムーコ | 2015/03/14 11:33 | URL |

数字に萌え萌え

お言葉、ありがとうございます。

文系なのですが
視聴率とかに、萌え萌えな
つかみどころのないむすこです。

| ソフィマリア | 2015/03/15 00:46 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1847-0682f248

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT