PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紫陽花の季節に

今日は夫の誕生日で、小梅の誕生日。

今年1月、小梅が空に還って1年という日に
ずっと小梅を可愛がってくれたSさんが花を届けてくれました。
小梅2 
Sさんの気持ちがとてもとても嬉しくて、日記に残しておこうと思ったのだけど
やっぱり亡くなってしまったことがどこかで受けとめきれていないのかな、
1年という節目となっても何も言葉が浮かんでこなかった。

毎年、7月3日という日は、
夫が起きてくる前に小梅におめでとうと言って、
朝がすっかり明けてからみんなで夫と小梅の誕生日を祝う日で。

小梅がいなくなって誕生日が寂しい日になったと夫は話しているけれど
今朝は珍しくゴンちゃんが散歩から帰ってくるのを外で待っていて
ゴンちゃんをたくさん撫でていた。

小梅が大好きだったゴンちゃん。
夫は夫でゴンちゃんを通して
小梅にみんな元気にしていると伝えたかったんだ…と思うことにしよう。
なぜそんなことをしたのか聞いてないけど(笑)

小梅3 
小梅4 

薄荷 
思い込み半分かもしれないけれど
薄荷は小梅によく似ていると思う。
薄荷が面白いことをするとおかしくて、
とんでもないことばかりするから、
抱き上げてコラッとばかり言っているような気がするんだけど
言いながら、ちょっとじわっときていたり。不思議なものです。

やっばり支離滅裂になってきた…。

最期、言葉をかけることもできないままいってしまった小梅。
この喪失感はずっと消えないのかもしれないけれど
毎日何をしたら向こうの小梅が笑ってくれるか考えている。

真生をはじめみんなを大切にすることはもちろん、
小さな命をつないでいくこと。できるかぎりがんばろう。
小梅は喜んでくれるかなぁ。
小梅

| 犬関連 | 19:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1871-ba602da9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT