PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

球技大会

スズの中学校では体育祭がないかわりに
各学年学級対抗の球技大会があります。
球技はバレーボール。

この球技大会は
運動が苦手なスズにとっては
非常に苦手な行事。

昨年私も観戦しましたが、
ありゃあありゃりゃりゃありょーってなもので、
どんな様子だったのかは…ありゃあとしか…

この球技大会とは別に
春には各学校支援学級対抗の卓球大会があります。
昨年はこの卓球大会も気が重い行事のようでしたが、
卓球ってけっこう面白いと思ったのか
今年はものすごく楽しんで参加していましたし、
卓球自体に上達が感じられました。

球技大会も卓球大会のように楽しく参加してくれれば…と思ったのですが、
交流クラスに入っての球技大会はなかなかそうはいかない模様。

自分がチームに入ることで
みんなの迷惑になっているとひしひしと感じるようで
みんなが練習に誘ってくれて参加はしているものの、
申し訳なくいたたまれない気持ちになるのでしょう。

ある日、こらえていた気持ちがついにはち切れてしまったのか、
帰宅後涙目になって
みんながフォローしてくれるけど、出る幕すらないのがつらいと
自分の気持ちをぽつぽつと教えてくれました。

一生懸命やってるところを見てもらえればいいんだよと慰めましたが、
クラスの団結が求められる学校生活、
みんなが勝とうとがんばっている雰囲気をスズも感じているだろうというなかで
こんな慰めは大人のその場しのぎのようにも思えてしまいます。



買いましたよ、バリボーを。
どんな慰めよりも練習で自信を!

何を隠そう、わたくし、バレーボール部でした。
お母さん、少しなら教えられるからとスズには話して。
…実は隠しておいたほうがいいというくらいの腕前です

そして、夫は体育学士って
いっつもスポーツの話題になると自慢してくるのですが、
ゴルフとか野球とかバレーとかバスケとか
球もの競技が苦手な体育学士だということを私は知っている…。

という大人の指導者2人に、
球拾いショマで練習しましたよ~
疲れましたよ~

そして
上達しました
夫のサーブの腕前が
父さんのサーブの精度があがってどうする。
そして、球拾いの足が速かったです…

スズはというと、レシーブのときにボールに反応するのが遅いというのは予想できていたのですが、
ボールを拳に当てちゃうんですね。
それで思うような方向にボールがあがらない。

サーブも…うーん。
けれど、サーブが打てるようになればある程度の貢献はできると思うので
サーブを重点的に練習。
いいときはいいんだけど、
練習での成功率を考えれば本番はもっと難しいだろうと考えざるを得ないところです。

******
そして、迎えた球技大会当日。

1度気持ちを吐き出してからは
球技大会が嫌だということもなく少しだけ安心して
当日を迎えることができました。

やっぱり本番でサーブは決まらず。
それでも、スパイクとは言えないまでも、
打ち返して相手方のコートにボールを何度か返すことができ、
それが得点につながることも。

また交流級の先生が明るくて。
よいプレーにはもちろん、失敗しても
元気にスズに声がけしてくださっているのが
2階のギャラリー席からもはっきり見えて
母さん、ありがたくて涙がちょちょ切れました。
ありがたいことなのだけど、もっと気楽に観戦したい(笑)

スズのサイドを固めているのが
明らかにうまい子達で
やっぱり申し訳なく思うのだけれど、
みんなで作戦を考えながらフォローしてくれているんだなと感じました。

大会が終わって
スズも相手方のコートにボールを返せたことで
大会への苦手意識がわずかではありましょうが軽減されたようでした。

みんなの中にいて、
同じようにはうまくできないこと、
自分が迷惑になっているのではという思い。

中学生になって
親にはなかなか言えないだろうけれど、
こういった場面は多々あるのだと思います。

その胸の痛みに同調するように
母の胸も痛むけれど、
そこを乗り越えて、
乗り越えるまでもいかずとも自分の中で折り合いをつけていくのは
スズ自身でなければいけません。

うまく乗り越えることができないときもあるだろうけど
ひとつひとつ、いろいろな痛みも経験して大人になっていこう。

| 自閉症関連 | 23:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

はじめまして(*^_^*)ずっーと読み逃げさせていただいておりましたが、今回ドキドキしながらも初めてコメントをさせていただきます!
スズくんの気持ちよく分かります。私も自信がないときには、周りの目や申し訳ないという気持ちが大きくなり、萎縮してしまう事がありますもの!そんな中、ムーコさんはいつもショマくんやスズくんに物事の本質を優しく教えていて、とても素敵なお母さんだと思っています(^-^)

実は私も先日出産し母となり、母親としての気持ちを持つようになりました。今まで子供側でみていた物事が少しずつ変わってきたように思います。私にも少し不器用な姉がおり、学生時代は疎ましく思うこともありましたが、彼女の純粋さや芯の強さがとても今は愛おしく思います。

初めてのコメントで伝えたい事が多すぎて(笑)まとまらない…
ムーコさんの温かい愛情が素敵な文章で綴られているこちらのブログ、大好きです!これからも楽しみにしています♡

ちなみに動物組では小梅ちゃんが大好きです♡今でも小梅ちゃんの記事を読み返し、笑わせてもらってます!

| まきこ | 2015/10/23 12:22 | URL |

まきこ様

まきこさん、こんには、はじめましてi-179

はじめてコメントするのってとても勇気がいりますよね。
私がそうです(笑)
はじめてのコメントをいただいて
心のこもったお言葉に感激しています。ありがとうございます。

スズは中学校生活がとても楽しいと言っていて
そのことには安堵しているのですが、
交流級での活動となるとまだまだ緊張も強いようです。

友達とわいわい盛り上がるような休み時間をともにしているわけでもないクラスに
ある授業ではぽこっと入るというのは、
もちろん経験として必要なこと、とは思うけれど
かなりの精神力が要ることなのだろうといつも思うのです。
自分に置きかえてみても、果たしてできるだろうかと。

悩んだり、ときには涙を浮かべることもあるけれど
不器用ながらもその場所でどうふるまうのかを身につけていることは
今後にも生きてくるのではと思っています。
あれ、ほめすぎかしら(笑)

ご出産おめでとうございますi-179
子育ての過程で自分の未熟さも見えてくるのでつらいときもありますが、
子どもというものは本当にいとおしいものだと思います。

私も自分が子どものころはスズとよく似ていて
いわゆる不器用さが際立つ子どもだったのですがi-229
よい指導者、友人との出会いを経て今があると思っています。
お姉さんにとってのまきこさんがきっとそうなのですよね。
どんな人にも自分を見守ってくれる人がきっといると伝えながら子育てをしたいと改めて思いました。

そしてまぁ小梅のことありがとうございます。
さっきまでアニパルに行っておりまして
帰宅後、コメントを読ませていただきながら
小梅でちょっと不意打ち、涙が…(笑)
大好きなんて言っていただけて、あの子も喜んでいることでしょう。
ああ、こうして記憶に残していただけるなんて日記つけていてよかったと思いました!

お母さんとしてお忙しいこととは思いますが、
よろしかったらまた遊びにいらしてくださいねi-179

| ムーコ | 2015/10/23 17:07 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1900-fbd817d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT