PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

卒業

3月4日、ショマが12年間お世話になった支援学校を卒業しました。

小学部の卒業式中学部の卒業式を経て
高等部で迎える3回目の卒業式。

小・中学部と卒業式があっても
またこの学校でお世話になるからという安心感に似た気持ちがありました。
いよいよこれで学校とは本当のお別れ。今、とても寂しい気持ちでいます。

卒業式14  
卒業式

卒業式11 
卒業式21
異動された先生からの電報にも思わず涙。
被災地に異動されたS先生見ていらっしゃるかしら…←と私的に使う。
S先生お世話になりました。

昼寝から起きられず、スクールバスのお迎えに間に合わなかったとき、
ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
親としてあんまりな出来事でブログでも黙っていた私…。

卒業式1 
卒業証書を受け取りに壇上へ。
しっかりと受け取ることができました。

卒業生として答辞を読み上げる生徒さんからこぼれ落ちた大粒の涙。
拭っても拭ってもこぼれ落ちてくる涙の中に学び舎を巣立つ人の思いを推し量る。
卒業生のみんなが歌ってくれた歌。

支援学校の式典はとてもシンプルなものです。
時間もとても短いものだけれど、
卒業生・在校生・先生方が練習を重ねて作り上げてくれた
温かな心に染み入る卒業式でした。

卒業式2 
式の後、教室へ。
お世話になった担任の先生から改めて卒業証書とはなむけの言葉をいただいたショマ。
私もショマから花束をもらいました。

卒業式15 
いつもこの花吹雪の道で泣かされてしまう。
ショーマ! ショーマ!と先生からたくさんの声をかけられながら前を歩くショマ。
中学部で陸上をショマに勧めてくれた先生、
修学旅行で絶叫マシン組としてショマとUSJをまわってくれた教頭先生、
進路で相談にのってくれた先生、いつも健康に気を配ってくれた保健室の先生。

卒業式22 
モザイク親子競演で失礼します。
SさんとSさんの息子さんのN君と。
子どもを通して知り合ったSさんだけれど、大人になってからできた私の親友です。
たぶん子育てでしんどいときもあったはずなのに、いつも穏やかで優しく
短気でこらえ性のない私の話を黙って聞くはめに…。
Sさん家族と知り合えてよかった。

卒業式18 
Sさんのイケメンの旦那様と握手のショマ。
ちょっとちょっと~代わってほしいわぁ。
ショマスズのことをとても可愛がってくれる旦那様なのです。代わっ…(ry
いつぞやは小梅が旦那様を不審者扱いをしてしまい失礼してしまいました。

卒業式19 
あれ、もしかしてうちの旦那様はお初かな。
細身にトリミングするの忘れちゃった(笑) 
卒業式17 
ショマと二人で

卒業式16 
ショーちん、ではポーズをお願いします。
卒業式10  
卒業式9 

*********
ショマが保育所から小学校に入学するころ、
宮城県は当時の知事の方針で、
いずれは小学校の特別支援学級はなくなり、普通学級に統合されるという話でした。

それがいつ実現されるのかは見通しがまだついていない段階でしたが、
そういう流れだからこそ、ショマのような重い障害のある子どもは
地域の特別支援学級に進んだなら、いずれはとても苦労することになる、
最初から養護学校を選択するのがよいと病院の先生に言われたことを覚えています。

地域の小学校の特別支援学級に見学に行ったときには
入学しても安全を保障できないと学校側から言われました。
それはもう本当に明言していただいてよかったと思います。

生活の自立や学びも大切なことでしたが、
多動のひどかったころは、まずショマの命を守ることが第一に考えるべきことで
けれども多動に振り回されていた私たちには
命あっての…ということすらとても危ういものでした。

今でも外へ送り出すときには
どうか事故に遭わないようにという気持ちで送り出していますが
危険のまったくわからない状態の幼児と暮らす状況は
今よりもはるかに緊張感のある生活だったなと思います。

養護学校(当時)に入学しても付き添いをしたり、
呼び出しがあったりするだろうと予測していたものが
学校にお任せくださいと言われて
スクールバス練習でたった2日だけの付き添いですんだことへの衝撃といったら。

在学中には東日本大震災という大きな出来事がありました。
余震が続いていたあの日の夕方、ご自分のご家族への心配もあったであろうに
すぐに安否確認に駆けつけてくれた先生。
震災後、PTA活動に携わり、
避難所に行くことが難しい子どもたちがどのように災害に向き合うのか
学校の先生、保護者の皆さんと考えたことは貴重な経験になっています。

卒業することができたというのも嬉しいことですが、
親の目の届かない学校で安全に配慮いただき、
ショマがこの年まで生きて…というと大げさですが
怪我もなく健やかな生活を送ることができたいうのが何よりもありがたいことです。

*******
たくさんのたくさんの方に支えていただき今があります。

実際に指導してくださる先生、
美味しい給食を提供してくださった職員の方、
学校環境を整えてくださった技師の方、
スクールバスの運転手さんに、介助員さん。

そしてショマがともに過ごしてきた友達のみんな。
支援学校では同年齢の子どもからの刺激が少ないと言われることもありますが
決してそうではなかったと思います。
友達と一緒にいられる楽しさ、ときには負けたくないという競争心、
友達どうしのつながり、きずなと呼べる確かなものがショマの中に存在していました。

スクールバスを待つ間、駐車場を貸してくれたお店の方達や、
いつも挨拶をしてくれた交番のお巡りさん、学校外でもお世話になった方がいます。
地域の学校に通うということはなかったショマですが
スクールバス停留所そばにあるスーパーの店員さんもいつも親切にしてくださいました。
スクールバスの送迎をした9年間という時間は
面倒だなと思うこともありましたし、寝過ごすことも一度…ゴホゴホ、
けれどもこの期間に地域の方と触れ合うということもできたのだと思います。

このブログを通して知り合った方たち。
長い間、ショマの成長を見守ってくださりありがとうございました。
正直こんなに長くブログが続くとは自分でも思っていませんでした。
楽しかった出来事を記録したり、
少し気持ちが落ち込んだときに気持ちを吐き出してみたり、
ブログに日記を残すことで心救われる自分がいました。

ショマの卒業で自閉症児の成長記録としてはひと区切り、
スズも自分のことを書かれるのは恥ずかしい年ごろのようなので
これからは子どもたちの記述は少なくなっていくだろうと思いますが、
そこは家族なので折々でまた様子を見ていただけたらなぁと思っています。

長くなってすみません。あと少し(笑)

竜太と小梅にこの卒業を報告しました。
竜太ありがとう。小梅ありがとう。
私たちの家に来てくれて家族になってくれてありがとう。
ただただその思いでいっぱいです。

そしてもう一人。
卒業式の朝にショマにおめでとうの声をかけて
その後、スズにはありがとうを言いました。

ショマといるとき、一番自分らしくリラックスしていられるというスズ。
実際は同じことを何度も言われたり大変な部分も多々あると思います。
それでも私たちの言葉やアプローチが
少しショマには難しい、伝わりにくいと感じたときには怒ることもなく
どうしたらわかってくれるかな?とその方法をいつも私と一緒に考えてくれました。
外出もショマと一緒が楽しいんだと月に何度かは二人だけで出かけていきます。

ショマスズ 
ショマの生活もこれから大きく変わるでしょうし、
スズももっと成長してこの先の二人の関係も変わっていくかもしれません。
末長く穏やかな関係が続くことを親は願っております。

**********

 ご卒業おめでとうございます。
 1年間を通して、一つ一つ努力を重ね、社会人になるための準備ができていたと思います。
 ○○さんが持つ、働くことへの喜び、努力し続ける気持ちなど、
 仕事への姿勢が自分自身を成長させていったのだと思います。
 これから社会人として、働くことが中心となっていきます。
 仕事をしていく中で、覚えることが多くあると思いますが、
 ○○さんの仕事への姿勢は必ず自分を助けてくれます。
 今のような真っすぐな気持ちを持ち、乗り越えてください。

担任の先生からいただいた言葉です。

学校に入ってこの12年間、ショマには出来ることがたくさん増えました。
お風呂に入れる、洗顔ができる、着替えなど身支度ができる、
簡単な買い物ができる、余暇というものを楽しむことができる…等々。
支援学校という場所が私たちに生活への希望を与えてくれました。

ただ、たとえば着替えができるというものの
季節に合わせて自分で洋服を選択したり、その季節に合う洋服を購入したり
お風呂に入ったとして、もうすぐシャンプーがなくなりそうだ、
よし 次の買い物のときにはシャンプーを買うぞ!という風に
生活の細かな要素をすべてつなげて考え行動していくのは極めて難しいことです。

当たり前にやっているようでいて、
人間の暮らしというものがいかに思考を繰り返し、
思考のうえでの取捨と選択で成り立っているものかとショマと接していて思います。

学び舎を巣立ってもまだまだ覚えることはたくさんありますし、
自立を願っても周囲の人の支えを受けなければ生きていくのは難しい子です。
「自分を助けてくれる姿勢」というものがショマにあるのなら、
私たちもショマのその姿勢を大切にして
親の務めとして伸ばしてあげたいと思っています。

まだまだこれからいろいろなことがあるだろうけど!!! 
素晴らしい学校生活だったね。卒業おめでとう!!!

| 自閉症関連 | 16:59 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご卒業おめでとうございます!

ご卒業本当におめでとうございます。
ムーコさんも長い間の送り迎え、ご苦労様でした。

まだまだこれから色々と忙しい日々が続くとは思いますが
楽しい春休みを過ごして下さいね^^

| yuu | 2016/03/09 18:56 | URL |

おめでとうございます!!!

ムーコさん、ショマ君の高等部ご卒業本当におめでとうございます。
小学部、中学部卒業のブログを読ませていただき、ムーコさんとのご縁ももう7年目を迎えたんだなあと感慨深い気持ちです。

小学部の卒業式ではあどけなかったショーちゃんも4月からは社会人。時の流れのはやさをしみじみと感じます。
本当に凛々しいi-189

ムーコさんが書かれていた、

「どんな立場であっても、
難しいと思われる障害があっても、笑顔がある生活はいいなと思います。」
本当にその通りだなあと思わず涙が・・・

昨年お会いした時の写真を見返すと、どの写真も自分でもビックリするような笑顔で写っていて(前にも書きましたでしょうか?しつこい?・笑)、ショーちゃんをはじめとする仙台チームの皆さんからいただいたパワーのすごさを改めて感じました。
笑顔でいることは本当に大事ですよね!大事ですよね!
重要なことなので繰り返してみました。


二十歳になったショーちゃんとお酒を飲むことを今から楽しみにしていますね。ってその前にもお会いしたいですけど・・・i-237
今後とも末永くよろしくお願いしますi-176


| Belle | 2016/03/09 22:34 | URL | ≫ EDIT

祝☆×7ご卒業

ご卒業おめでとうございます。

あんなに幼くて可愛かったショマタンが、いつの間にか凛々しい青年に成長して、大好きだった学校を巣立つ…。
言葉にしてしまえば短いけれど、その間のたくさんのエピソードはムーコさんご夫妻にとって感慨深いまさに歴史…なのでしょうね。
その歴史のほんの何ページかを拝見出来たことは私にとってかけがえのないものでした。

そしてスズ君の素晴らしいフォローは、一読者としての私にも貴重なアドバイスになりました。

ショマさん、本当に本当におめでとう!
書きたいことが多すぎてうまく纏めることが出来なくてごぺんなさい。


| みゆこ | 2016/03/09 22:50 | URL | ≫ EDIT

おめでとうございます

ご無沙汰しております。
年末に大変辛いことが起きてしまい、コメントを残すことができませんでした。
哀しみは抱えたままですが、ショマくんの門出の時なのでこれは見過ごすことはできない!とコメントをさせてもらっています。

12年間。
とても重く深い、大切な年月ですね。
ムーコさんご家族が大切に重ねてきた、かけがえのな時間です。
ショマくんが経験してきたものは必ず、今後大きな力となって支えになってくれると思います。
(それにしても本当に、きれいなお顔立ちをされていますねv-353

「学校」という場所からのご卒業、心からおめでとうございます。
これからの未来もショマくんが笑顔で過ごせるものであることをお祈りしています。
ムーコさんご家族がこうして「良い学校だったね」、と言われていることが何よりも、ショマくんの12年間の幸せを伝えてくれているように思います。

4月までの春休みには何をされるのでしょう。
わんにゃん達もしばしの間ショマくんとの時間が増えて、嬉しい限りですね♪

| 若奈 | 2016/03/10 13:22 | URL | ≫ EDIT

ショマ君、高等部ご卒業おめでとうございます。

ついに卒業の日が来たんですね。12年間のショマ君とご家族の
頑張りに拍手を送りたいです。ショマ君、笑顔が輝いていますね。
なんて凛々しい!

これからのショマ君の人生に幸あれ、心から願っています。


| みかりん | 2016/03/12 22:15 | URL |

ムーコさんご無沙汰しております。

ショマ君ご卒業おめでとうございます!!
今後ショマ君ブログあまり拝見出来なくなると思うと残念ですが次拝見出来る日を楽しみにしております。
二年前毎晩毎晩皆寝静まってから自閉症をインターネットで調べて毎日泣いて悩んで落ち込んでいた時ムーコさんのブログに出会いとても明るく前向きで愛情いっぱいのブログに励まされました。感謝しております。
二年経ち少し気持ち強くなりました。
次年長さんなので体の大きさと発言が合わなくなってきて目立つようになってきたみたいです。よく話しかける子なのでよく「えっ?
ごめんねわからない」と最近言われるようになってきました。本人はニコニコしているので私もニコニコのお返しをしてあげると安心するようです。これから母としてもっと成長できるよう頑張りたいと思います(^_^)

| マル | 2016/03/13 22:46 | URL |

yuu様

yuuさん、おはようございます。
返信が遅くなってごめんなさい。

お祝いの言葉ありがとうございます。
なんとか卒業までというところまできましたi-179

直接かかわった方だけでなく、
自分の知らないところで間接的にショマの成長を助けていただいていたという方もいらっしゃると思うし、
障害あるなしにかかわらず、自分を含めて人間一人生きていくために
多くの方に助けていただいていることを忘れずにいたいと改めて思いました。

長~い春休みと思っていたのが
やはり動かなければいけないことがけっこうあってあたふたしていますi-201
春休み中も週1程度で放課後ケアにお世話になっているのですが
放課後ケア利用ももうすぐ終わり。
こちらも12年間お世話になった場所で、
今少しお別れの寂しい思いが続きそうなこの頃ですi-241

| ムーコ | 2016/03/14 09:15 | URL |

Belle様

Belleちゃんおはようございます。
そちらは朝7時過ぎたくらいかしら。よいお目覚めだったかな?

お祝いの言葉ありがとうこざいます。
卒業を迎える前に
まだショマが小さかったころを思い出すことが多くなって
あのころは竜太が…なんて竜太のことも自然といろいろと思い出していました。
車庫を壊したとか、はじめての散歩で凍った道に座り込んで動かなかったこととか(笑)

竜太の年と一緒にショマの年もカウントしていたくらいのもので
それももう叶わなくなってずいぶん年月が経ったんだなぁと思います。
竜太とベルちゃんを通じてBelleちゃんと知り合って7年なんて!!!

竜太がいたころはとても遠い日々のようにも思うけれど
小梅もきて日々楽しいことがたくさんあって
笑顔でいられた日々が自分の支えになっているように思います。
心に重しがかかる日は笑顔でいられないこともあるけれど
そういうときもみんなで重しを分け合っていきましょうね。←強要。

ショマってどれくらいお酒飲めるようになるのかしら。
すごい甘党なのでどうなんでしょう。
20歳過ぎたらちびちび飲めるようにして備えねば(笑)

| ムーコ | 2016/03/14 09:32 | URL |

みゆこ様

みゆこさん、おはようございます。

お祝いの本当に言葉ありがとうございます☆☆☆☆☆☆☆
みゆこさんには長い長い間、ショマの成長を見守っていただきました。

その間、イモ子の婚礼があり、TKCが仕事をしたりしなかったり、
みゆこさんがナムギルさんに心移りしたりと様々なことがあり…
そうした日々も含めて、
痛いから本文には書かなかったけれど(笑)TKCや、
TKCを通じてするか?しないか?と盛り上がった日々にも支えてもらったと勝手に思っております。

スズは基本的に自分を取り換える精神なんだなぁと思います。
嫌なこともあるけれど、
今日一日考えて明日には忘れるようにするという気持ちを打ち明けてくれるとき
明日が来ることへの期待や希望というものについて考えさせられます。
子どもを教え導くという立場と自分では思っているけれど(笑)
年若く、一見生きていくことに困難が付きまとうように思われる子どもに教えられながら
いつしか世代も変わって、安心して去っていけるのかな…なんて。
いや、まだまだしぶとくショマスズにくっついていく心づもりではありますが。

あっ、なんだか卒業とちょっと離れた感じになってしまってごぺんなさい。

| ムーコ | 2016/03/14 09:49 | URL |

若奈様

若奈さん、おはようこざいます。
つらいことがあったとのこと、
いつも若奈さんに優しく温かい言葉をいただいているのに、
何もできず心苦しい思いです。
哀しみが日にちとともにゆっくりと癒えていきますように。

そのようなときにお祝いの言葉をいただいて恐縮しています。
本当にありがとうございます。

支援学校という場所は参観や、先生との面談の機会が
通常の学校よりはたぶん多いんですね。
学校に足を運ぶ機会も多くありましたが、
密に学校とかかわってきたという思いもありますし、
工夫を凝らした日々の学習方法や、行事の進行を見せていただくのが
私にとっても学びになりました。
その工夫を実践できているのかと言われればそうではないのですが…i-229

10年、20年とまた月日が経って
ショマが今の私と同じくらいの「おじさん」と言われる年になっても
この学校での楽しかった思い出は忘れないんじゃないかなと思います。
それくらいかけがえのない時間を過ごさせていただいて学校に感謝です。

今日は先週の卒業式の代休でスズがいるので
午後から二人でお出かけするのだそうです。
ショマがいて、ゴンちゃんやねこーずが喜ぶかと言えば
あの子たちはみんなスズ派なもので、
スズがお休みならいいのにという思いをにじませているような気が…。
犬のゴンちゃんはそれでも愛嬌よしですが、
猫ってがっかり感のようなもの隠さないのなぁと見ていて思ってしまいますi-229

| ムーコ | 2016/03/14 10:11 | URL |

みかりん様

みかりんさん、こんにちは。

お祝いの言葉本当にありがとうございます。
いつもお声がけいただいて、
みかりんさんには遠く四国よりという言葉を添えていただくことも多いと記憶していますが、
私たちがまだ訪れたことのない地から
温かな思いを寄せていただけることの嬉しさをひしひしと感じていますi-179

12年間同じ学校で
ショマは大きな環境の変化というものを経験したことがないんですね。
本人は4月からの生活への希望に胸膨らませていますが
私たち両親のほうが不安で、
働くということにはあれもこれもまだ足りないのではないかと気が急いていますi-229

もう足りないことがあるというのは承知のうえで送り出して
施設の方はプロですし、
本人の様子を日々見ていただいたうえで、
話し合いながら新しい生活に向かっていくしかないなと。
親子ともどもゆっくりとした足取りでもがんばっていきますi-179

| ムーコ | 2016/03/14 10:28 | URL |

マル様

マルさん、こんにちは。

お祝いの言葉、ありがとうこざいます。
感謝なんてそんなそんなi-201なんて言いつつ、
ほんのわずかでも若いお母さんのお力に、
わずかでも(もう一回 笑)なれたのならこんなにありがたく、嬉しいことはありません。

そして、二年経ち気持ちが少し強くなったというマルさんの言葉に
お母さんとしての優しさ、頼もしさを感じています。

我が子が人とは少し異なるという障害自体を受け入れることの段階や、
周囲の人から共感をもって受け入れられることの難しさを目の当たりにしたとき、
母の思いはとても苦しいものですよね。

様々な思いが交錯して悩んで、
私たちはこうして生きていく!という明確な答えはないかもしれないけれど
繰り返しの日々の中に光が差す兆しが潜んでいる気がします。
その過程で母は強く、図々しくもなっていくものかもしれません。
偉そうに聞こえるかもですが、マルさんゆっくりで大丈夫です。
きっといつのまにか少しずつ強くなっていきますi-179

成人に近い自閉症の人の暮らしがどのようなものか
近況報告のような形になってしまうかもしれませんが、
時折でもお伝えできればなぁと思っています。
お時間のあるときにでもたまに覗いていただければ嬉しいなとお願いしたりしてi-179
マルさんとご縁あって言葉を交わすことができて
ブログっていいなと思っている私です。

| ムーコ | 2016/03/14 10:53 | URL |

おめでとうございます♪

お久しぶりです。書き込みするのは久しぶりですが
ブログはいつも楽しく拝見しております。

ショマ君ご卒業おめでとうございます(^^)
いつもショマ君のイケメン笑顔に癒されております。

スズ君ももうすぐ中学3年生ですね
お兄さん思いで優しい姿にホロッときてしまいました。

これからも影ながら応援しておりますので
ショマ君の就労の様子を報告お願いします~
K子お母様ネタも大好きです。

茶ラブ母

| 茶ラブ母 | 2016/03/15 10:23 | URL |

おめでとうございます

ショマ君、卒業おめでとう〜!
ムーコさん、ショマ君のご卒業おめでとうございます!

ショマ君の成長とムーコさんの愛に思いをはせては、朝から号泣(;へ;)
今までのムーコさんとショマ君の頑張りを思い浮かべては拍手(*´∀`)
これまでの学校やお家で経験したいろんなことが力となり、支えになりますね。次のステップへ進むショマ君とムーコさん、本当にご卒業おめでとうございます。

これからはショマ君、スズ君の登場は少なくなるとのこと。せめてせめて、私の好きなピンクのシャツとネクタイ姿は披露してくださいませ〜〜♡



| すももっち | 2016/03/16 08:37 | URL | ≫ EDIT

茶ラブ母様

茶ラブ母さん、こんにちは。
茶ラブちゃん、お元気でしょうかi-179

いつも読んでくださって、
またお祝いの言葉ありがとうございます。

火曜日に施設との本契約を済ませて
今月末の入所式の後、実際にいつから通いだすのかなど話をうかがってきて
いよいよだな~と緊張しているところでありますi-229

本人は早く通いたくてニコニコしていますが、
働く方たちを見るにつけ
きっと笑顔ばかりでいられないこともあるだろうなぁと親は不安ばかりで。
仕事はできないことばかりだと思いますが
大きな声で返事をしたり、失敗を認めてできないことはできないと言うとか、
まずそういうところから身につけていってほしいなと思います。

入所に際して
キッズスマホですが、ショマもスマホに代えまして
今スズが一生懸命ショマに操作を教えているところです。
お外でYouTubeは見ちゃだめ、お金がたくさんかかるからね!というスズ先生の教えが聞こえてきまして、
そこしっかり教えて!とお願いしておきました。
何かとスズには助けられてありがたいな~と。

応援ありがとうございます。
楽しい報告ができたらいいな。
就労して思いもよらないことの連続になって
K子の近況報告ばかりになったらどうしようi-201

| ムーコ | 2016/03/17 10:26 | URL |

すももっち様

すももっちさん、こんにちは。

お祝いの言葉ありがとうございます。
いつも温かく見守ってくださって感謝の気持ちでいっぱいです。

学校という場所も長い間通っているといろいろなことがありますが、きゃっ意味深i-235
ショマもスズもありがたいことに指導者に恵まれることが多くて。

私が面倒くさがりなので
たくさんの経験を積ませてあげたかというと
絶対にそんなことはなく(自信マンマン!)
学校で経験したことひとつひとつが
二人の成長に積み重なってきていると感じます。

入所すれば、早朝に家を出て、帰りは夕刻のわりと遅めの時間にもなり、
家族とのかかわりより、外で会う人とのかかわりが広くなっていくと思うので
信頼関係をしっかり築いていけるように
施設の方と相談しながらフォローしていければと思っていますi-179

ブログ、春にはここを閉じるか、猫ボラ関連のみにするか考えて
試験的にアメブロでやってみたりしたのですが、(リンクのまっこり太郎~ってやつですi-229
どうも私には使いにくくて、作ったはいいけど削除するかも(笑)

昨今は学校関連の話題を出すのもよくないよにゃあと思っているので
お出かけや演奏会などの日常を報告していくようになるかなと思います。
スーツも日常ということで、もう~無理やりすももっちさんに見てもらっちゃうi-194
でも体が薄っぺらくてスーツが似合う気がしない…

| ムーコ | 2016/03/17 10:48 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1930-43b436bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT