PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

灰白ちゃん

9月24日の夜、灰白ちゃんが亡くなりました。
ここで灰白ちゃんの成長を見守ってくださり、ありがとうございました。

灰白ちゃんについて残しておこうと思います。
まだ気持ちの整理がついていないところもあって
支離滅裂になるかもしれません、ごめんなさい。

*******
24日はアニパル仙台での譲渡会でした。
我が家からは、灰白ちゃん、
ちび灰白ちゃん・水玉ちゃん・かつらちゃんの4匹が参加しました。

10時からの譲渡会で、灰白ちゃんは機嫌よく参加していました。
ケージに入るのは嫌としがみついてきたので
いつものようにリードを着けて、
静かに毛布の上に体を横たえ、会場を眺めているという様子です。

譲渡会は盛況で、来場者が多かったこともあり、
はじめて譲渡会に参加するちびちゃん3匹は少し緊張していたようです。

灰白ちゃんのもとに逃げ込むちびちゃんたちの毛づくろいをしてあげたり、
灰白ちゃんはいつもの家での様子と違わず優しいお兄さんぶり。

灰白ちゃん1
特にちび灰白ちゃんのお世話をする姿に、もしかして親子ですか?と問われたり。

最初にちび灰白ちゃん、次に水玉ちゃん、
お昼ごろにかつらちゃんのご縁がつながりました。

灰白ちゃんにひと目ぼれしたと言ってくださった方もいたのですが、
やはり決定までにはいかず…の譲渡会でした。

お昼過ぎてからかな、
灰白ちゃんを抱っこしたいという方がいらして…
そのとき珍しく抱っこを嫌がったのです。

ずいぶん気難しい子なのね…と言われて、こんなこと書いてはいけないのだけど
私は正直カチンとしてしまったんです。
灰白ちゃんが気難しい子のわけない!と。

そのすぐ後、もう帰るというように
自分からキャリーにぴょこんと飛び込んでいきました。
そのとき胸からかすかに乾いたような音が聞こえてきました。
具合が悪いのかもしれない、だから抱っこも嫌がったんだとわかりました。

アニパルの獣医さんにも具合が悪そうなので
途中で抜けることを伝え、家へ。

家に戻ると灰白ちゃんはすぐにぱっちゃんの元へ。
念入りに毛づくろいしてもらい、眠りそうになりつつも眠れないようでした。

時間が進むにつれ、呼吸が苦しそうになるので病院へ行くことにしました。
アニパルからの委託で灰白ちゃんを診察してくださっている病院は午後休診。
我が家の猫たちののかかりつけ医もたまたまお休み。

赤リボンちゃんのできものが破裂したときに
応急処置をしてくれた先生に診察をお願いしました。
保護猫というと、ろくに診察代金をとってくださらない先生なので
我が家の猫として診察してくださいとお願いして。

心室中隔欠損症であること、血栓ができたときのこと、
今飲んでいる薬のことなどをこちらから伝えました。
呼吸音がよくないのですぐにレントゲン検査へ。

すでに肺に大量の水が溜まっていたのだと思います。
レントゲン撮影で体勢が変わったこともあり、
すぐにチアノーゼの状態に陥ってしまいました。
唇がみるみる紫色に変わり、本当に本当に苦しそうでした。

酸素マスクを当ててチアノーゼの状態は脱したものの、
レントゲンの結果から、心不全により肺水腫を起こしていることがわかりました。
心臓の機能低下により、
心臓は「バレンタインハート」という心臓病特有の形になっており、
体の成長にもう心臓の機能がついていけなくなっていて、
今回の危機を脱しても状態は極めて厳しいとのことでした。

それでもなんとか明日の朝まで持たせられれば、今回を乗り切れば…と
入院の手続きをして戻ってきました。
けれど、先生から残念ながら…という知らせの電話を受けたのは
わずか2時間ほど後のことでした。

心停止の後、これ以上苦しい時間を長引かせたくないと
蘇生措置はしなかったとのこと。
手を尽くしてくださったこと、そして最後の先生の判断に感謝しています。
保護猫でこういうことがあるんだとご自身も学んだと一緒に泣いてくださって
結局また処置料を半分しかとってくださらなかった。

******
まだ小さくて、ボラさん仲間からも素晴らしい子!とほめられるばかりで、
とてもとても愛らしくて優しい子が
どうしてあんな苦しみの中で死ななければならないのか。病気が憎いです。

竜太や小梅のときも悲しかったのは当たり前なのだけれど、
彼らを失ったときとはまた違う、
どこに向けていいのかわからない怒りや、やるせなさ、口惜しさ、
そしてもっと早くにうちの子にという決断がなぜできなかったのかという
後悔ばかりがこみあげてきます。

夜中に床に就いたのですが、
眠りが浅くておかしな夢ばかり見ていました。
茶トラが「灰白を探せ探せ」と後ろをついてくるのです。
ついにはホームセンターに追い込まれて灰白を探せ探せと。
茶トラ、ホームセンターに灰白ちゃんはいないよと諭しながら
これは夢だなぁ、変なこと言ってるなぁと現実に戻りつつある自分もいて。

そのとき夫の嗚咽でハッと目が覚めました。
明日には帰ってくると思った、甘く考えていた自分が許せない、
去勢はどうするかなんて心配していたことも灰白ちゃんに申し訳ないと。

灰白ちゃんを我が家で迎えるには
これからも預かりを続けるなら、雌猫が残ることもありうるから
去勢ができるかどうかも大事だよねと、その点を確かに夫は心配していました。

アニパルの先生にもその点を伝え、
手術できるかどうかの判断を待っていたのですが、
この点だけはいつも、こうしようという答えがなかった。
去勢手術自体は簡単なものだけれど、麻酔にはきっと耐えられないこと、
そして、去勢できる月齢まで命がもつかどうか、
たぶん先生はわかっていて伝えてくれなかったのかもとも今思います。

IMG_20160925_173929.jpg  
日曜日の夕方に火葬を終え、小さかった体がますます小さくなって戻ってきました。
遅くなってしまったけれど、我が家の子として遺骨を引き取らせていただきました。

ボラさん仲間から王子様みたいと言われていた灰白ちゃん。
王子様らしく薔薇の花と、グレーの被毛に似合うだろう青いかすみ草と
小さな木のスプーンを入れて送り出しました。

猫じゃらしなどで激しく遊ぶことのなかった灰白ちゃん。
食事どきにカルカンを掻き出すスプーンを転がして遊ぶのが大好きでした。
スプーンで遊んじゃだめよ~と言われながら、コロコロと転がして。
自分の体の調子に合わせての遊びだったのでしょうけれど、とても楽しそうでした。
そして、猫じゃらしでも遊べるように猫じゃらしも添えて。

今度は、健康な体にその美しい魂を宿して戻ってきてほしい。
毎日毎日願っていきたいと思います。

******
灰白ちゃん1 
灰白ちゃん2

お母さん恋しさからか、きょうだいのお尻を吸ってしまう子で、
いつも尿で顔が汚れていました。
とても手のかかる子で、でもそこが可愛くて
家族から「お母さんのお気に入りちゃん」と呼ばれていたころです。

灰白ちゃん1 
灰白ちゃん2 
灰白ちゃん2   

灰白ちゃん1 
灰白ちゃん1号_2 
灰白ちゃん1号_1 
灰白ちゃん2 
灰白ちゃん6  
 
灰白ちゃん3 
灰白ちゃん3 
灰白ちゃん4 
灰白ちゃん・ぱっちゃん 
たくさんの後悔があるけれど
灰白ちゃんの短い生の中で薄荷と巡り会わせてあげられたこと、
ここだけは本当によかったと思えるのです。

ぱっちゃんが好きで好きで大好きで、
お母さんを求めていた気持ちもぱっちゃんによって満たされたのではと思っています。

ぱっちゃんは土曜日から灰白ちゃんを探しています。
子猫がいなくなると、いつも私の足元にまとわりついて
鳴きながら足を軽く噛みます。
夢の中の茶トラが探せ探せと言っていたようについてまわるのです。

でも、ぱっちゃんはまもなく忘れてしまうでしょう。
残されたぱっちゃんにとってはそれでいいのだとも思います。

灰白ちゃん4 
 ぱっちゃんの分まで私たちがずっとずっと覚えていよう。

新しい小さな子たちも昨日の夕方からお預かりしています。
アニパルの職員さんも、灰白ちゃんが旅立ってすぐにで申し訳ないと
気遣ってくださったのですが、
また少しずつの数でも命をつないでいけたらと思っています。

そして、どうか灰白ちゃんという猫がいたことを
皆様の胸にも留め置きくだされば幸いに思います。 

| ミルクボランティア | 18:32 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すこしずつ

こうして文章にするというのは、気持ちを整理出来るかもしれないけど辛い思いを掘り起こすことにもなるのでしょうね。。
ムーコさん、たぶん泣きながら書いたのではないかと(勝手に)もらい泣きしてしまった。。

ちっちゃくて手がかかって、それだけに可愛くて可愛くて、ムーコさんのご家族にとって大切な大切な「うちの子」だったのね。
薄荷ちゃんが探している様子、読んでいて切ない。
ご主人様の嘆きもこちらの胸に迫ってきます。


短い一生だったけれど、みんなに愛された可愛い可愛い灰白ちゃんのこと、ずっと胸に留め置きます。
ムーコさんも疲れが出ませんように。
ゆっくり出来るときには少しでも休んでくださいね。


| みゆこ | 2016/09/28 22:16 | URL | ≫ EDIT

辛くて、辛くて…。
仕事中だから、声を上げて泣けない。

灰白ちゃん。
ムーコ家で良かった。
神様が居るなら、せめてもの慈悲を
与えて下さったと思う。思おう。

| 8050 | 2016/09/29 11:10 | URL |

とても残念です

いつも拝読しています
灰白ちゃんのこと、とても残念に思います。…泣いてしまいました。

これまで灰白ちゃんの成長を陰ながら楽しみにしてきました。
ブログを読みながら、顔がほころぶこともしばしば。
今はただ静かに眠ってほしいと思います。
灰白ちゃんの看病、お疲れ様でした。
また新しい子猫ちゃんのお世話が始まったとのことですが、お体ご自愛ください!


| saburi | 2016/09/29 21:34 | URL |

 灰色ちゃんの星は、お空できっと綺麗に輝いて、ムーコ家を見守ってくれると思います。

 今頃、虹の向こうで、楽になった体で、今までできなかった動きで、元気に弾けて遊んでいるはずです。

| Y's | 2016/09/30 16:01 | URL | ≫ EDIT

みゆこ様

みゆこさん、コメントありがとうございます。

あまりにどんよりしていると
スズが心配して気を遣いすぎてしまうので
前向きに前向きにとは思っているのですが、
まだ一週間も経っていないので、可愛らしかった日常の姿が繰り返し思い出されます。

一日の始まりに猫のみんなそれぞれにかける言葉がだいたい決まっていて、
「めーなちゃんは今日も世界一かわいいねぇ」とか「まおは今日も男らしくて素敵だねぇ」(笑)とか。
灰白ちゃんは「今日は体調はどうですか。今日は何して遊ぶのかな。」って。
人に話しかけられると嬉しくて、鼻のピンク色が濃くなって、
くるくると喉を鳴らすんだけれど、喜びすぎると咳が出てしまうので
あまり興奮させられないよねぇって夫と話していました。

でもこんなにあっという間にいってしまうなら
もっともっと話しかけておけばよかったって。
血栓ができた時点で、この先半年もつかは五分五分で、
でも一歳を超えられるかもしれないという先生のお話でした。
夫は生きる確率の五分を固く信じていて、とにかく可愛がっていたのでとても堪えたようです。

スズがいつものように、いつものように左馬介の体を撫でて
「さーくんさーくん」と言いながら、最後に「はいしろ」と言います。
灰白ちゃんがいなくなった気がしないのだそうです。
意識的に言っているのか、無意識なのかわからないところがあるけれど
みんなを可愛がるときに灰白ちゃんをこれからも想ってくれるといいなと思います。

| ムーコ | 2016/09/30 16:47 | URL |

8050様

8050さん、コメントありがとうございます。
灰白ちゃん、喜んでいると思います。

お預かりしたときに灰白ちゃんはまだ目が開いていなかったので、
灰白ちゃんは目が開いた瞬間から見てきた世界が我が家だけでした。
その話をアニパルの獣医さんからもいただいて、
改めてハッとしてしまったというか、
もっとできることがあったのではと悶々とするところもあるのですが、
私たちは灰白ちゃんという猫に出会えたことを幸せに思います。
いつも動物たちに教えられることばかりです。

| ムーコ | 2016/09/30 16:56 | URL |

saburi様

saburiさん、コメントありがとうございます。
また、ずっと成長を見ていてくださったとのこと、ありがとうございます。

皆さんの胸に留めておいてくださいなんて図々しいお願いかしらと思いつつ、
小さなときに人に捨てられ、とても短い生涯で
でも私の文章では伝えきれないほど優しく穏やかで利発な子でしたので
温かく成長を見ていてくださった方がいらしたということが
あの子にとってもとても幸せなことだと思います。

まだ写真がまったく撮れていないのですが、4匹お預かりしています。
300g~400gの子たちで、
環境の変化にさほどストレスを感じない子たちのようで
よちよち歩きながら部屋の中を少し散歩してみたりしながら冒険を楽しんでいます。
元気に育つのよ~と話しかけると???とキョトンとしていますが心が和みます。
成長の様子を改めて報告しますね。

| ムーコ | 2016/09/30 17:12 | URL |

Y's様

Y'sさん、コメントありがとうございます。

友人が灰白ちゃんを見たときに、「この子は徳が高い子ねぇ」と言ってくれました。
子猫らしからぬ穏やかさと落ち着きをもっていて
薄荷をお母さんのように慕いつつも、
まだまだ子どもらしさがある薄荷より大人のような子で(笑)
猫も一匹一匹違っていて、それは承知のうえでも
そしてその気質も病からくる部分もあったとは思うけれど
灰白ちゃんのような空気をまとった子には出会えないような気がしています。

小さな子がひとりでは寂しかろうと、
夫も毎日、竜太と小梅に灰白ちゃんのことをお願いしています。
向こうで元気に走ってくれているといいな。
竜太が追いかけまわしていなければいいのだけど(笑)

| ムーコ | 2016/09/30 17:22 | URL |

どうか

ムーコさま、いつも楽しく、ときには涙ぐみながら
ブログを読ませていただいています。

灰白ちゃんのこと、本当に残念でしたね。
かわいらしく、美しい灰白ちゃんはこれからどうなるのだろう、
良いご縁があるのかしら、ムーコさんのお家の子になるのかしらと
私も北の大地の空の下でどきどきしていました。

皆さんもおっしゃっているように、ムーコさんに引き取られたことがこの子の一番の幸せだったと思います。
どうか空の上で元気で楽しく、と思わずにはいれらません。

そしてご家族のの皆さまもどうか、健やかにお過ごしください。
これからもこっそり応援しています。

| そら | 2016/09/30 20:01 | URL |

そら様

そらさん、コメントありがとうございます。
遠くから灰白ちゃんを思ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

一週間が経ちまして、
小さな骨壺は確かにあるのに、まだそこにいるような気持ちが抜けないところがあります。

灰白ちゃんはなかなか太ることができず女の子と間違われることもしばしばで、
でも尻尾はとてもしっかりとして長く、
細身の体とはアンバランスながら、尻尾で男子だぞ!と主張しているようでした。
あまりにも長くて、尻尾を踏んづけることも多くてi-201
キャッと鳴かせてしまったり…いつも灰白ちゃんがそばにくると
尻尾をさっとよけていたことをふと思い出したりしています。

でも最近のお気に入りの場所や、
薄荷と一緒にこっそりと入って寝ていたボックスにも姿がなく
本当に灰白ちゃんはいってしまったんだなぁ…と認めざるをえなくて。

灰白ちゃんは永遠のうちの子になりましたが、
灰白ちゃんのきょうだいが素晴らしい里親さんのもとに巣立っていて、
3匹ともに愛されている様子をうかがっていますので
そのことを思うと心が安らぎます。
灰白ちゃんの安らかな眠りを祈りながら、みんなの健康と幸いを祈っていきたいと思います。

| ムーコ | 2016/10/03 10:57 | URL |

憶えておきますとも

ご無沙汰しています。
ブログはずっと読ませていただいていましたが、
コメント残せずすみません。

灰白ちゃんのことを知ってからずっと心配していました。
ムーコさん、ご主人様、灰白君の病状を気遣う毎日は
どれほど大変だったことかと思います。
本当に本当に残念で涙が止まりません・・

灰白ちゃん、短い一生だったけれどムーコさん一家の
愛情に包まれて精一杯生きて幸せだったんだと思います。


| みかりん | 2016/10/04 23:08 | URL |

忘れないよ

ムーコさんこんにちは。
灰白ちゃんが亡くなったことを知りコメントせずにはいられませんでした。

アニパルさんより子猫のご縁をいただいた者です。
我が家に来てまもなく一年になりますが、とってもとっても良い子に元気に育っております。
今もブログを読んで泣いている私の涙を拭いて(舐めて?)くれています。
赤ちゃん猫の頃から、ご自宅でたくさんの愛情をかけて育てていただきありがとうございました。
ムーコさん(そして薄荷姉さん)には感謝の気持ちでいっぱいです。

この度の灰白ちゃんの死を通じて、たくさんの方々が繋いでくれた命であることを忘れてはいけないと改めて教えられた気がします。
残念ながら灰白ちゃんの一生はとても短かったけれど、いつもムーコさんの家族と一緒で幸せだったと思います。

王子灰白ちゃん♪いつまでも忘れないよ。
どうかお体ご自愛下さい。
またコメントします(̂̂)

| 水玉 | 2016/10/05 11:02 | URL |

みかりん様

みかりんさん、こんにちは。
お返事遅くなって大変失礼いたしました。

いやいや、いつもみかりんさんからはコメント頂戴して恐縮しています。
いつも見ていてくださるんだなぁと。

なんとなく力というか気が抜けてしまった気がしてだめですね。
限られた時間であってももっとできたことがあったのじゃないかなという
反省や後悔も尽きないですし、
続けていればまたこういうこともあるかもしれないという怖さもあるし。
けれど後悔は後悔として、
機嫌よくここで過ごしてくれていたということ、
たくさんの可愛らしい姿を見せてくれたことという思い出を大切にしていきたいなと思っています。

今お預かりしている子たちもすくすくと育っているのですが
預かりの気が抜けて写真があまり撮れていないので
これはいかんなと(笑)
少しずつ写真を撮ってご紹介できたらと思います。

| ムーコ | 2016/10/07 14:21 | URL |

水玉様

水玉さん、こんにちは。
嬉しいコメントありがとうございました。
主人も大変喜んでおりました。

HNからもしかして、薄荷がとても可愛がっていた
あの子たちのうちのどの子かではなかろうか…と思っているのですが
間違えていたら大変な失礼になってしまうのでi-229
私予想は控えます(笑)

元気によい子に育っているとのこと、
また、とても可愛がられて暮らしているのだなぁと感じられて本当にありがたく思います。

預かりということで私はかわいい時期の様子を発信できるので
なんとなく表に立ってしまう感じがあるのですが、
安心してお預かりできるよう環境を整えてくださるアニパルの職員さん、
フードの支援を続けてくださる方、提携している病院の先生、
多くの方に支えられなければ続けられないことだと私も日々感じています。

灰白ちゃんもアニパルだけでは補えない医療的な面で
提携病院さんのご厚意をいただいていて、
関わってくれた方皆さんが灰白ちゃんがよりよい生活ができるよう尽力してくださったことに感謝しなければと思います。

一緒に活動しているボラんティアさんも皆さん泣いてくださって。
譲渡会に出る機会も多く、人とも猫とも積極的に関わりたい子でしたので
たくさんの方に可愛がられておりました。
そういう点では短い時間でも多くの方に愛されて幸せだったのではと思います。

ぜひぜひまた遊びにいらしてくださいね。
身内自慢になってしまいますが、
薄荷に育ててもらうと子猫は優しくなるねぇといつもスズと話しています。
よい子に育っていると言っていただけてよかった!
薄荷の困ったところに似てはっちゃけてたらどうしようかと…i-229

| ムーコ | 2016/10/07 14:42 | URL |

ずっと心に・・・

一文目があまりにもショックで、なかなかその続きを読み進めることができず、やっと今日になって全てを読み終えることができました。
「死」というものにとても敏感になっているのもあり、灰白ちゃんがもういない現実が哀しくて辛くて…。

いちブログの読者である私がそうなのですから、一番近くでいつも気にかけながら、愛を持って見守ってらっしゃったムーコさんご一家の哀しみはいかばかりかと、胸がつまります。
月並みなことしか書けずに申し訳ないのですが、ムーコさんご一家に巡り合えて、本当に本当に幸せだったことと思います。
ずっとこの世界にいてくれるのが本当は一番なのですが、獣医さんの処置のように苦しい思いからも解放されて、きっときっと今は穏やかに過ごしているんだと思います。

ぱっちゃんとのお写真がまたかわいくてかわいくて、涙があふれてきます。
お手手とお手手とを重ねあう姿なんてもう…。

おかしな文章になってしまっていたらごめんなさい。
寄り添ってこられたムーコさんご一家に、ただただ感謝です。
いつも灰白ちゃんは、すぐ近くにいると思います。

| 若奈 | 2016/10/24 20:47 | URL | ≫ EDIT

若奈様

若奈さん、こんばんは。

読んでくださってありがとうございます。
一緒に暮らしてきた竜太や小梅が失ったのとはまた違う悲しみのように感じています。
たれこちゃんもそうでしたが、まだこれからというときに命そのものが儚くなってしまうというのは
その子にとってどんなに悲しいことかと思ってしまうのです。

10月にはもう一度詳しい検査をする予定で、
不安がありながらも、好転の兆しがあるかもと信じていたところもありました。
結果としては検査を待たずしてになってしまったけれど、
小さな体で苦しさを抱えてきて、
若奈さんのおっしゃっるように今は穏やかに過ごしていると思います。

小梅がいなくなった後にやってきた薄荷に小梅の姿を見ることがあります。
薄荷は薄荷であり、小梅の生まれ変わりという大げさなものではないけれど
こういう形で自分の中でまだ小梅は生きているのかなと少し思えるようになってきました。

これからお預かりする子猫ちゃんたちに、
元気なときの灰白ちゃんを重ねて見ることもあるでしょうし、
灰白ちゃんが使っていた物や、いつも居た場所を見れば
存在を近くに感じられるときがきっとあると思います。
そんな瞬間を大事にしていきたいと思います。

| ムーコ | 2016/10/25 18:02 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1961-39ab8a0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT