PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

瓢箪ちゃん

ゴンちゃん1 
早朝、別宅が建設できるかどうか降雪量チェックをするゴンちゃん。
暗くて何が何だか…
ゴンちゃん2 
街灯の下で少し明るくとも
お外では前へ前への精神で顔は見せてくださらないゴンちゃん(笑)

別宅が建設できるほどの降雪量ではなかったけれど
寒波襲来の週末、家族でどんと祭に行ってきました。

寒さが厳しくなる夜、受験生を連れまわしていいのかと思いながらも
ここまできたら神様にお願いのゲン担ぎもしておかねばでして。

どんと祭 
今年のお飾りや、昨年までのお守りを持って青葉神社へ。

お飾りを火にくべながら、
今年一年の無病息災と、ひと足先に空へ昇った子たちの安寧を祈ってきました。

DPP_0142_20140108183751034[1] 
青葉神社は亡くなる前に立つこともままならなかった小梅が
最後に自分の足でしっかり歩いた場所です。

この出来事が忘れられなくて
毎年青葉神社に行かなければという気持ちになります。

お守り 
青葉神社でおみくじを引くと小さなお守りがついてきます。
小さな瓢箪のお守りは最後に小梅と訪れたときに、おみくじに入っていたもの。
これは火にくべることができず、ペンケースに入れて持ち歩いています。

この瓢箪ちゃん。
薄荷の「転がしたい欲」を掻き立てるようで、
いつもペンケースをほじくり返しては持っていってしまうのです。

いつか紛失してしまいそう
隠すと一旦は忘れるみたいなのですが、
ペンケースを私が使うと、
薄荷の小さな頭に「瓢箪遊び」の記憶が蘇り、またほじくり返すという。

どんと祭に出かけた翌日の朝、
私の枕元に「瓢箪ちゃん」が置いてありました。
布団の中には薄荷が潜り込んでいたので
夜のうちに薄荷が持ってきたのだと思います。

偶然の出来事。
でも瓢箪を握って少し涙が出る朝でした。

| 犬関連 | 16:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっとだけ。

小梅ちゃんも力を貸してくれたのかも。
瓢箪ちゃんを薄荷ちゃんが運ぶために。
おかあさん、いつも思い出してくれてありがとうと。
ムーコさんにはもちろん敵いませんが、
私にとっても、小梅ちゃんはソフィアの親戚にあたる可愛い子。
竜太くんと仲良くしていることでしょう。
そして、ムーコさんご家族のことをいつまでも見守ってくれていると思います。

私なんかが偉そうに言えることではないのですが
そう思わずにはいられない今日この頃です。
受験、風邪に気をつけてあげてくださいね。お祈りしています。

| ソフィマリア | 2017/01/18 02:30 | URL | ≫ EDIT

ソフィマリア様

ソフィマリアさん、こんにちは。

もう薄荷が楽しいなら、瓢箪ちゃんをどこに持っていってもいいよと思っていて
実際にしばらく瓢箪ちゃん行方不明になることも多いのですが
不思議とこの散らかった家のどこからかまた現れる瓢箪ちゃんです(笑)

小梅が亡くなって3年も経ってしまいました。
悲しみだけを置いていったわけではないのに
あっという間だったからかな、恋しい気持ちばかり募ります。
でも陽気なあの子がいれば、
竜太も小さなたれこちゃんも、灰白ちゃんも安心だという気持ちになります。勝手なもので。

寒波は去ってわりとあたたかな日が戻ってきました。
明日が受験日、なんとか風邪をひかずに当日を迎えられそうですi-179

| ムーコ | 2017/01/18 12:37 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1975-4ced0380

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT