PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

しっぽゆらゆら猫写真展

2月22日ーねこの日、
しっぽゆらゆら写真展のお手伝いにいってまいりました。

写真展2 
写真展1 
猫の日ということで、いつもより多くの方にご来場いただいたようで
私が手伝いに出向いた午後には「猫の日来場者プレゼント」も
早くもなくなっている状態。

写真展9 
今回は平成27年度に譲渡された猫さんたちの写真展です。

27年度は、私もたくさんの猫を預かったなぁという実感がある年で
大変は大変だったけれど、個性豊かな子に囲まれて
それはそれは楽しく笑いに溢れた年でした。

幸せになった猫さんたちの「その後」を写真で楽しむことができ、
応募いただいた里親様に感謝です。

写真展6 
私がお預かりした子猫ちゃん、
「うちの子でーす♪」と里親様が指し示して撮影に応じてくれました

私信です。「ももちゃん」のお母さん、ご来場ありがとうございました。
お会いすることができず残念でしたが、
ももちゃんの幸せな様子、楽しい家での様子、
うちの人間のおじさんも会社が近いので写真展を見に来まして
大切に育てていただいていることに感激しておりました。
缶ビールのケースに入っているお写真がそこはかとなく薄荷風でした(笑)

写真展5 
写真展8 
猫さんたちの幸せな様子を見ていただくとともに、
猫の適正飼養、避妊去勢手術の必要性を訴えるコーナーも。

近所で猫が増えているのだけどどうしたらよいかという相談も
来場者の方からお寄せいただきました。
ただ困っているという話で終わるだけでなく、
どうしたらよいかという打開策を尋ねられることが多くなったと
一緒に活動しているボランティアの方が嬉しそうにしていました。

議員の方も数名来場いただき、
管理センターへの収容数を減らしたい、
そのために議会に訴えたいことなども伝えることができました。

死ぬためだけに生み出されるような命ってなんだろうかと思います。

預かりをしてみて、どんな子も一生懸命に生きようとしているのを見てきて
なおさら悔しく思うようになりました。

こうした事態を生み出しているのは人間であること、
人間の心がけでその事態を防ぐことができること、
処分を減らしたいという気運の高まりがある今だからこそ訴え続けていかなければと。

写真展4 
現在、アニパル仙台では子猫の里親募集はありませんが
成猫の里親様を募集中です。

この子は薄荷に似ているのでつい気にして見てしまいます。

写真展3 
この子もまた このポーズ
紹介文が「時々おもしろいポーズで休んだりする」。なんという説得力。
おっとり温厚。うんうん。茶トラの大柄の子は間違いないと個人的に思う。

たくさんの成猫がご縁を待っています。よろしくお願いいたします。

**************
しっぽゆらゆら写真展は
3月6日からは仙台市動物管理センター・アニパル仙台で開催となります。
お見逃しの方はぜひアニパル仙台にご来場ください♪

そして、3月4日(土)・ぶらんど~む一番町アーケード内で
保護猫支援イベント「一番町ねこフェスタ2017 ~人と猫の共生を考える~」開催です。

私たちは「杜ねこ会」として地域猫周知のためのパネル展示、
また募金活動などを行う予定です。

チャリティバザーや、ワークショップなどもあり、猫・猫・猫のイベント、
初春の一日、足をお運びいただければと思います

| ミルクボランティア | 18:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます♪

ムーコさん、こんにちは♪「ももの母」です。
温かいコメントありがとうございます。
おかげ様でももは健康で毎日元気に過ごしております。
近頃ふとした表情が薄荷さんに似てきまして、運動神経の鈍さもそっくりです(笑)(あっ!もちろん優しいところもね♪)

「しっぽゆらゆら写真展」主人と二人で観に行きました。
うちの子の写真のみならず、他の方の猫ちゃんとご家族のコメントが、皆それぞれ楽しくて微笑ましくて・・・。
その中に「もしかしてうちの子と姉妹?」と思われる猫ちゃん発見!!元気で幸せそうで安心しました。

しばらくして主人が「ロビーで待ってる」と一足先に出て行ってしまいまして・・・。
「ん?」と思いながらも後でロビーに行ってみますと、
そこにはハンカチで目頭を押さえているおっさんが・・・!!
写真展を見ているうちに何かこみ上げてきたようでむせび泣いてました(笑)
溺愛ぶりに先が思いやられます。

また写真だけでなく、未だ年間1000匹以上の保護猫がいることや、地域猫に自分ならどう対処するか、など改めて考えさせられる良い機会となりました。
そしてそして、大人猫さんたちに一日も早く家族ができますように。
これまで過酷な環境で頑張って生きてきたからこそ幸せになって欲しいですね。

「杜ねこ会」応援してます!
またお会いできる日を楽しみにしております。




| ももの母 | 2017/03/02 12:26 | URL |

ももの母様

ももちゃんのお母さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

また先日は遠いところご来場いただきありがとうございました。

22日はPTAの用事で午後からの手伝いになってしまい、
杜ねこ会の代表から
ももちゃんのお母さんとお父さんがいらしてくれたことを教えてもらいました。
ももちゃんの姉妹の写真を見てうれしそうにしていらしたよ~♪とのこと。
ああ、ほかの姉妹の現在も見ていただけたんだi-189と嬉しくなりました。

人間のおっさんさん(失礼!)の様子を読み
うれしくてもらい泣きしてしまいました。
加湿器が稼働しているこの季節、加湿器の蒸気と戦っていたももちゃんを思い出します(笑)
旦那様にもどうぞどうぞよろしくお伝えください。

おかげさまでミルクボランティアの活動も知れ渡るようになってきて
譲渡会も盛況でご縁がつながる子たちがたくさんいることをうれしく思っています。
けれども感染症の危険の考慮や、予算の関係もあるでしょうし、
すべての子をボランティアで預かることができないという現実もあります。
ミルクボランティアの活動自体がいつかは収縮していくようにということを周知していけたらねとみんなで話しています。
応援を励みにしてがんばりますi-179

| ムーコ | 2017/03/03 16:55 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1978-b156afc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT