PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず⑬

8月14日にお見合いできないかという話をいただいたサビちゃん。

サビちゃんにお見合い

決まるかどうかわからなくとも、お見合いの機会はたくさんあったほうがいい!
この機会逃すまじ ! 

という意気込みがあったものの、
サビちゃんは目のこともある上に
風邪の後遺症でいつも「あおっぱな」が出ている状態。
朝起きると、カピカピになったハナを取ってあげるのが日課。

まだ季節の変わり目はそんなに経験していないけれど
今後も季節の変わり目などには風邪症状が出てくることが予想される子です。
お見合いしても決まるのは厳しいかなと。

サビちゃん1 
小さいころから一緒にいる私たちには、目のことや鼻のことも気にならないくらい
ほんとに楽しい子で、可愛くって。
お見合いの当日の朝も、洗い物の桶に飛び込んでびしょ濡れに。
サビちゃん、面白すぎるべ…と。

アニパルに時間より少し早く着いたので、
サビちゃんと一緒にお見合い希望者さんの到着を待っておりました。

まもなく部屋に入ってきたお見合い希望者さん。
私の顔を見て、「あっ!」とおっしゃるわけです。

??? 一瞬状況が呑み込めなかったのでありますが、
希望者さんのお顔をよくよくよく見てびっくり仰天。

スズが中学校で3年間お世話になった支援学級の担任の先生でした
髪型が以前と違っていてすぐにわからなかった。

先生のご実家で飼いたいとのことで、妹さんとご一緒でした。
以前にもアニパルから猫をお迎えいただいています。
HPに掲載されていたサビちゃんのことをずっと気にかけていたとのこと。

スズが中学校にいたときは、
今こんな猫を預かっていますとスズが猫好きの先生に伝えていたのですが、
卒業してからはそうしたやりとりはなく、
今回はまったくの偶然

 サビちゃん3  
びっくり嬉しいお見合い、
当のサビちゃんは金魚釣りに忙しいのでした

 サビちゃん1

サビちゃん2 
先生に抱っこされて。

先生と、先生の妹さんにお見合いの場ですっかり慣れてしまいました。
さすが物怖じしないサビちゃん。
預かりが私なので断りにくくさせてしまうかな~と
なんて最初思ってしまったのですが
サビちゃんが自分で自分の良さをアピールしてくれたからこその
ご縁だと思います。

譲渡後、先生がサビちゃんの様子を詳しく教えてくれました。
シャーシャー言う先住猫さん3匹を追いかけまわし、制圧…
先住さんを支配下に置く…
キャットタワーもてっぺんを奪う…
とても元気いっぱいに楽しそうとのことです。
元気いっぱいでハナを垂らして遊んでいるから、名前は「ハナ」とのこと(笑)

おサビについては兄弟を助けられなかったこと、
おサビ自身の目のこと、たくさんの申し訳なさも残っていて…

預かりとしての様々な悔恨の念をぬぐってくれたのが
おサビの天真爛漫な明るさでした。
毎日を明るくしてくれたおサビに感謝しています。

これからも様子を先生が教えてくれると思うのでそれが楽しみです。

********
玉ちゃん1 
こちらは茶トラ小ちゃん。

我が家の子になりました。

小ちゃんも目に後遺症があります。
生活に大きな支障はないというものの、
目に膜がかかっている状態で、
明るいところでは目を開けているのがつらい様子があり、
若干高所への移動が困難な様子もあります。

アニパルではこれ以上の治療はできず、
この先、目がどうなるのか不透明でした。
そのあたりが里親様とのご縁をつなぐにはネックになるところで…。

なんて、決まらなかったからというだけでなく、
ほんとに心優しくてよい子で、先住ねこーずとも仲良くしており、
家族会議で残したいという希望が一致しました。
なんとなく雰囲気が灰白ちゃんにも似ていて。灰白ちゃんより怖がりですが

 玉ちゃん2  
我が家かかりつけの動物病院で目の治療も新たに始めました。
今はすりガラス状になっている目の状態ですが、
まだ修復しようとしている過程が見られるので
ここから曇りが取れるかもしれないとのことです。
毎日お薬を飲んで、シミシミの点眼もがんばっています。

玉ちゃん 
名前は玉三郎です。
アニパルからの譲渡記念首輪をつけておすまし玉ちゃん。
玉ちゃんをどうぞよろしくお願いいたします

サビちゃん・玉ちゃん 
杜ねこ会の代表が描いてプレゼントしてくれた
おサビ(ハナちゃん)と小ちゃん(玉三郎)のイラスト。

実はおサビのご縁が決まる前、
サビちゃん&小ちゃん2匹で迎えようという計画でしたので
2匹の絵を記念に描いて用意してくださっていたという。
代表の心遣いに感謝。

笑ってる2匹。楽しい時間を仲良く過ごしてきた2匹です。

| ミルクボランティア | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/1996-9076887a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT