FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年度預かりちびちゃんず㉓

真菌では…と疑っていたちびちゃんたち。

アニパル組はアニパルの検査では真菌は検出されず、
でも見た目的にはちょっっと怪しいかも…ということで
塗り薬をいただいてきました。

ちびちびちゃんずは病院で検査したところ、やっぱり真菌でした。
飲み薬とサリチル酸シャンプーで対応しています。
ついさっきもお風呂に入って大暴れしていたところです(笑)
そんなにひどく症状が出ておらず、顔周りもきれいになってきたので
ここからさらに悪化することはないのではと思っています。

ちびちゃんず2 
6匹の子猫で仲良く過ごしていて、お水を飲むときもこんな感じ。

ちびちゃんず6 
ちびちゃんず7 
こちらアニパル組。さーくんと。

ちびちゃんず 
めーちゃんとちびちびちゃんず。

ちびちゃんず1 
ちびちびちゃんずの白黒ちゃん。薄荷と。

ちびちゃんず3 
薄荷の模様の一部と化していることが多い白黒ちゃんです。

ちびちゃんず6 
ちびちゃんず7 
ちびちゃんず8 
平和に和やかに過ごしているのを見ると
キジ白ちゃんのことが残念でならないなぁと。

アニパル組はどちらかというとおっとりしているほうで
きょうだい間の関わりを見ていても、
猫パンチも「えーーい…えーーい…」とゆっくり繰り出す様子。
そのパンチは相手に効いているのか !? みたいな(笑)

一方のちびちびちゃんずはなかなか気が強いというか野性味があります。
猫パンチだって、「えいえいえいえい!!!」と高速なのであります。
特に白黒ちゃんは、ほんの赤ちゃんのときから声が大きくて自己主張も強いように見えました。
保護主さんとも、「白黒ちゃん、声がでっかいですよね」とも話していたくらいで。
今の時点でなかなかのやんちゃぶりを示しているので
様々な意味で先が楽しみよ~(笑)

そして、アニパル組・ちびちびちゃんずともに
女の子が一匹ずついるわけですが、女の子はやっぱり大人びているというか
どちらの女の子も単独行動が多いよね~と
人間のおばさんとおじさんとで観察しております。

ちびちゃんず4 
子どもたちがうるさいの…とばかりに個室に避難中の三毛ちゃん。
美猫でしょ

ちびちゃんず11 
玉三郎を囲んで過ごしていることが多いのですが
それは玉三郎が赤ちゃん好きだからというか
まだ玉三郎の中身が赤ちゃんだからなのだと思います。
玉三郎がまだ子供なのはわかるのですが、体が大きいので
幼稚園児の遊びの輪の中に、高校生が混ざっているような違和感が

ちびちゃんず9 
玉ちゃんは少ししつこいので

ちびちゃんず10 
子猫たちにはほどよい距離感で甘えさせてくれる薄荷のほうが人気で
薄荷が来るとみんな群がってくるのですが、
やっぱり一番の茶色い甘えん坊が良い位置を取っております。

ちびちゃんず5 
その玉三郎、なぜかなぜかちびちゃんずのキジ君にご執心。
咥えて連れていってしまうんですよね。
これも連れ去る10秒前くらいの様子。

自分の好きな場所にキジ君を連れて行って抱っこするくらいの感じで
危害を加えたりすることはないのだけれど、
人間にはっきりと行動の理由が推測できないので
注意してみなければという行動でもあります。

連れ去りはしないで と日々指導を受けている玉三郎です。

| ミルクボランティア | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/2008-da76410b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT