PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不思議の国のアリス

発表会は中等部の先輩たちの劇から始まりました。
毎年のことなのですが、子ども達は泣かせようとしているわけではないのに
見ているとジーンと目頭が熱くなってしまいます。
発表会に向けて、うちのショマのように不安定になった子もいるだろうし
頑張るぞという気持ちで張りきって参加している子もいるだろうし、
ひとつの行事に向けて、演じる子どもたちはもちろんのこと、
子どもたちに関わる全ての人の思いが詰まっている気がして
毎年、毎年胸が熱くなります。

今年の中等部の演技は世界旅行がテーマになっていました。
中国、日本、ハワイ、それぞれの国の音楽に合わせて、その国の風俗を紹介し、
最後は夢の国へと行くという流れでした。
夢の国へとたどり着いたときには、夢の国っていいね~とまた泣きそうに・・。
普段なら全てが夢の国なんてないわいと半ば割り切って過ごしているようなものなのに。

中等部の演技が終わり、いよいよ小学部の番です。
衣装を身に付けた子どもたちが体育館に入ってきました。
意匠をこらした発表会用の服を着た
ショマの写真を撮るタイミングが今までありませんでした。
今年は、中等部と小学部の演技の間に休憩をはさんでくれたので

_4967916a9ef92.jpg 
自分の子どもを隠し撮り。
行事のときには、ボランティアの方も参加してくれるのですが
ボランティアのお姉さんと二人、にこやかに並んで座っていました。
衣装姿の写真を数枚撮って母も満足。
あとは演技が始まるのを待つだけでしたが
私の隣に座っていた友人のSさんから
ショマ君はどうして、あそこに座っているの? と訊ねられました。
振り返ると、ひーーっ、観覧用の椅子席からニョッキリと帽子が飛び出しています。
なぜ、客席でくつろいでいるのかーーー!!

と、思ったら観覧席に大好きなヘルパーさんを見つけたようで
ヘルパーさんに抱っこされていました。
このヘルパーさんは、私より年上の男性の方なのですが
近所のスーパーでショマとの買い物をお願いしている、長い付き合いの方です。
スーパーの店員さんには、この方が私の旦那様として認知されていたようで
週末はスーパーにて本物の夫といるので、店員さんは困惑していたことがありました。
私、恋多き女みたいではないですか。

今月はヘルパーさんとの外出の予定が立たず、
このヘルパーさんのことが好きで好きでたまらないショマは
彼に会いたい気持ちが日ごと募っていたので、我慢できず思わず抱かれてしまったのでしょう。
なんか・・すごい文章だ・・。
ヘルパーさんにも頑張れよっと力強く励ましてもらい、
ショマのやる気が出たように思います。

_4967916c42a58.jpg 
今年も背景の絵は子どもたちが作りました。
下に写っているリングをウサギさんがくぐって『不思議の国のアリス』が始まりました。
普段の学校の授業で取り入れている動きを応用して
劇を見せていく先生方の演出の工夫は素晴らしいです。

_4967916e185d0.jpg 
三月ウサギと帽子屋のお茶会のシーンでショマは登場しました。

_4967917025bd1.jpg 
マイクを持っての歌のシーンです。
マイクが近すぎるのか、声が大きすぎるのか、
音がつぶれて聞き取りにくかったのですが
途中で ○○(学校名)へようこそ~♪ と二度聞こえた気がしました。
後で先生がショマ君は粋なアドリブを入れたと教えてくれたので
観客の皆さんを歓迎して、このように歌っていたことにしてしまいましょう。

発表会の日まで、今年は不安を感じる要素が多かったショマですが
当日は集中力が途切れることなく最後まで楽しそうに演技をしていました。
演技後に教室へ迎えに行ったら、お母さんが来た♪ではなく、明らかに、
弁当がやって来たー♪という喜びを顕わにしていましたが、いいのですいいのです。
発表会、お弁当と楽しみに待っていたことが次々と現実になってよかったね。
アリスと違って夢の話じゃないものね。
そして、今日は待望の焼き芋会も終わりました。
発表会が終わった途端、焼き芋会への思いを復活させて
待ちきれない様子でしたので、母もほっとひと息ついているところです。

| 自閉症関連 | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/202-08e6a13f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT