FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なりきりゴンちゃんお出かけ日記③

こんにちは、ゴンです。茨城編の最後です、わん。

筑波山から戻ってきたおじさん達、
その日の夜はおじさんの弟一家と、おばあちゃんと食事に行った。
見える、見える~猛烈な勢いで飲み食いしているわが一家が~。

おじさんの弟、ショマ男たちにとっては叔父さんだ。
叔父さんが「今日は犬は連れ帰ってこなかったの?」なんて言うものだから、
おばさんは笑ってしまったそうだ。
今回はぼくとだけ仙台の家に帰るのだ !

叔父さんにはスズと同じ年の娘さんがいる。
明るくて可愛い「JK」らしい。
ぼくの家には人間のお年頃の女の子はいないので、
いつかぼくの家にも遊びにきてほしいなぁと思っている。
むさくるしい我が家に花のような愛らしさをふりまいてもらいたいものだ。

夜は更け、おじさんたちも帰ってきた。
長い1日だったけれど、おばあちゃんの家でぐっすり眠ることができた。

********
散歩を待ちわびるぼくの朝はとても早いのだけれど、
ここは自分の家ではないので、6時ごろまで待つことにした。そわそわ。

 sketch-1526277862892.jpg  
おばさんがおばあちゃんの家から撮った朝の風景。
おばさんは「ずっとひらたーい」と喜んでいた。
平たいしか感想がない貧困な語彙である。
このひらたいところをお散歩するぞ。いざ出発

 sketch-1526277734468.jpg 
 わ~~これはサニーレタスかな?
ドレッシングかけたくなるねぇと今度はいやしい感想を述べるおばさんである。
さいわいサプリメントの「犬潤」を飲み始めてから
ぼくの足腰の調子はかなりよくなってきた。

sketch-1526278044274.jpg 
販売をしている知り合いのKさんに、
広報宣伝の係を申し出ようか…と思っているくらいである。

sketch-1526277650842.jpg 
今日の散歩の目標は遠くにうっすら見える木のところまで歩くことだ。

ぼくの家の周りと違ってアップダウンがなくて本当に楽に歩ける。ありがたいことだ。
この道をゆったり散歩できる犬の同士たちをうらやましく思う。

 sketch-1526277927208.jpg 
道端の菜の花を見たりしながらてくてく歩いて到着。
どうやら古くからこの地にあった神社の跡地らしい。
おじさんは「一本杉のところ」と呼んでいたという。
どう見ても木が杉には見えないのだけど、細かいことはよしとしよう…。 

 sketch-1526277798219.jpg

 sketch-1526278131330.jpg
ここまで歩けたねぇとおじさんもおばさんも喜んでくれた。
いつまでも元気に歩けるように神様にお願いした。
跡地であっても神様はぼくの願いを受け止めてくれると思う。

******
来た道を戻り、おばあちゃんの家に帰ってきた。
おばあちゃんが豪華な朝食を用意して待っていてくれた。
ぼくも散歩後の食事タイム。

朝起きてからあっという間だったけれど、
午後にはスズ男を寄宿舎に送り届けなければならず、
朝食を食べてまもなく茨城を出発した。
おばあちゃん、ぼくに優しくしてくれてありがとう ! !

 みかも 
途中で栃木県みかもの道の駅に寄った。
ドライブにも慣れてきて、表情にも少し余裕があるぼくである。
 
安達太良 
旅の最後の寄り道は福島県の安達太良サービスエリア。

安達太良山を背に写真を撮っていたら、
きれいなお姉さんが駆け寄ってきて
「まだ子犬ちゃんですか?」と言って頭を撫でてくれた。

子犬、子犬だって ! !
おばさん、余計なこと言うなよ言うなよ、言うなよ~と思っていたのに
ぼくの年がわからないこと、たぶんジジ様であるらしいこと、
年がわからない理由を説明してしまったようだ。

お姉さんはたくさんたくさん「良かったね。福島に来たのね。」と
優しく声をかけてくれて、ぼくは嬉しくなってしまった。

詩人・高村光太郎の妻智恵子は、
安達太良山の山の上に毎日出ている青い空がほんとの空だと話したという。
安達太良山の上にあるという青い空をおばさんと眺めてみる。

あの日から故郷を離れざるをえなくなったぼくの仲間や、
ぼくが一緒に暮らした家族も元気で幸せでありますように。
おっと、ちょっと切なくなってしまった。
ぼくはいつも笑っているのに、背後に何か言ってるやつがいるな~。

********
一泊二日の茨城までの旅を終え、仙台の家に帰ってきた。
ぼくは仲良しの玉ちゃんと再会を喜びあった。
猫のみんな、お留守番してくれてありがとう。

寄宿舎に戻るために制服に着替えていたスズ男が、
「玉がやらかしてる!」と報告してきた。

留守中に猫砂が入っている袋を破ってぶちまけてしまったようだ。
犯人は確実に玉ちゃんであるが、
この家では「玉ちゃん無罪」「玉ちゃん治外法権」という規則があるらしく、
おばさんは玉ちゃん無罪…と言いながら、後片付けをしていた。
旅行の後片付けも大変であると知ったぼくです。

| 未分類 | 18:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

回復してよかったですね

誰ですか?ゴンちゃんをジジ様などというのは!ゴンちゃんは、私にとって、永遠の美青年、いや美少年です!お姉さんたち、正解正解!凛々しいお散歩のお写真うれしかったです。
そういう私は、実はゴンちゃんのお母さんよりかなーり年上で、「ゆきママ」などと名乗っていいものか・・・。あちこちがイタタでゴンちゃんの「犬潤」のような夢のサプリが私にもないものか、と思っております。
ゴンちゃんのイメージは「いつも健気」。車での移動も大丈夫になってよかった~。ゴンちゃん、お互いにいつまでも年齢不詳で頑張っていきましょうね。

| ゆきママ | 2018/05/16 16:11 | URL |

ゆきママ様

誰だ、誰だ、シジ様なんて言ったのは!!
ゆきママさん、こんにちは。

お散歩の写真、喜んでいただけて私も嬉しいですi-179
写真があまり好きでないようで、レンズに視線を合わせてもらうのが難しくて、
実物はもっともっと愛らしいので(親ばか…笑)もっと可愛い写真が撮れるようにがんばりたいと思います。

私もあちこちイタタです…この辺りの散歩ではゴンちゃんとのろのろのろと歩いています。
逆にゴンちゃんにスタスタスタと歩かれてもついていくのが困難なので
お互いの年齢と体力に合ったお散歩仲間かもしれません。
犬潤は人間も飲んでよいらしく、まずは膝の治療を毎週受けに行っているうちのおじさんにこっそり試してみたいと思っております!

今回はケージに入れずの移動だったのですが、なんとかそこもクリアしてくれて助かりました。
足腰がいよいよ弱って、小さなケージに入るのが難しいとなったときの移動練習として試してみたのですが
抱っこで体を持ち上げて車に乗り込むということも怖がらず受け入れてくれました。
健気にがんばっているとゆきママさんが応援してくれていると知って、ゴンちゃんうきうきと過ごしてくれることと思いますi-179

| ムーコ | 2018/05/17 16:37 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/2029-6bad8779

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT