FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なりきりゴンちゃんお出かけ日記⑤

5月5日早朝、再びぼくは車に乗り込んだ。

最初はやっぱり怖いな…と思ってしまったけれど、
茨城行きの経験が怖いと思うぼくの心の支えとなり、
すぐに横たわって移動することができた。
「ゴンちゃん、ずいぶん慣れたね~♪」とスズ男もほめてくれた。

途中、岩手県のサービスエリアに寄ったのだけれど、
寒さに震えておばさんは写真どころではなかったらしい。
春物のコートも持参したおばさんであるが、
北東北の寒さをなめていたようだ。

茨城まで南下した後に、青森へ向かって北上すると
高速道路から見える緑の濃さがまったく違う。
岩手~青森はまだ春浅くという風情で、
木々が芽吹きだし、これから勢いよく茂り出す準備をしているようで、
森の色も全体に薄い緑色なのだ。
若芽はおひたしにしたら美味しそう…とおばさんは思ったとか。
高速道路脇のどの木をおひたしにするというのだ。

八甲田山2 
八甲田山だ !
毎日毎日部屋から八甲田山を見ていたおばさんは、
この山を見ると青森に戻ってきたという気持ちがするらしい。
おじさんの故郷の「筑波山」、ぼくの故郷の「安達太良山」、
そしておばさんの故郷の「八甲田山」と山シリーズである。

おばさんは嬉しくて、八甲田山の写真をお友達のべるこさんたちに送った。
即座に「天は我々を見放した!」と地元民のおばさんでも忘れかけている
映画「八甲田山」の台詞を返してくれたべるこさんである。

お昼ごろ、おばさんの実家に到着。
待ちかねていたおじいちゃん・おばあちゃんも
ぼくを歓迎してくれて嬉しいかぎりである。
ゴンちゃん青森3 
そして、ゴンちゃんはとってもよい子だからハウスに入らなくていいよ~と
おばあちゃんからまさかのお許しが出た。
後ろの年代物の白い洋服掛けにリードはつないであるけれど、
今日はハウスに入ることなくここでゴロリと寝ていてよいらしい。

おばあちゃんが用意してくれたお昼ご飯を食べ、
おじさんたちはどこに行こうかと計画を立てていた。
八甲田山~奥入瀬渓流もいいかなと思ったらしいけれど、
時間が少し足りず、何より寒さに耐えきれるか自信もなかったのか、
浅虫水族館に行くことにしたようだ。
ぼくはお留守番。おばあちゃん・おじいちゃんとよい子で待っています。

浅虫水族館1 
海沿いの道を走り、浅虫水族館へ到着。
おばさんたちはすっかり忘れていたらしいのだが、この日は「子どもの日」。
水族館は入館料無料なのかしらん。すごく混雑していた。

浅虫水族館4 
浅虫水族館35周年なのね。ディズニーランドと一緒だ~。
おばさんは何度も来ているけれど、県内でも大好きな場所のひとつらしい。

浅虫水族館2 
5月5日のこの日、なんと早朝にゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生したんだって。
誕生のニュースの取材にたくさんのテレビ局が来ていた。
誕生したその日にすぐに赤ちゃんを見せてくれていることにびっくり。
スズ男が丸で囲ってくれて、ゴマフアザラシの赤ちゃんの写真を送ってくれた。
「ゴマフアザラシの赤ちゃんは真っ白というイメージなのだけど、
水族館で見た限りではゴマ模様でした。
自然界と水族館ではやはり条件が違うからかな。教えてゴンちゃん。」
おばさんが今語りかけてきましたが、ぼくにはわかりません。わんわん。

イルカショーは大混雑で見ることができなかったけれど、
イルカ館というイルカたちが泳ぐプールで
イルカが時おり大きな水しぶきをあげて悠々と泳ぐ姿を見て、
ショマ男たちもおおいに楽しんだようである。

浅虫水族館5 
貝殻の展示を見るスズ男。
おばさんは小さいときに世界の貝殻を集めていたそうだ。
その昔、デパートの催事場などで頻繁に世界の貝殻を売っていて、
おばさんはお小遣いをためて貝殻を少しずつ買い、空き缶を貝殻でいっぱいにした。
貝殻の展示は地味目の展示であるが、
「あれも持ってた、これも持ってた!」とおばさん大興奮。

スズ男に、「お母さん、小さいころ貝殻集めてたんだ~。」と話しても
どうしてそんなものを集めていたのかといまいちピンとこないらしい。
理由は今となってはおばさんにもわからないらしいけれど、
貝殻を耳に押し当てて波の音を聴くんだよ !
スズ男は浪漫がない !と思ったとか。

たぶん今ぼくのいる収納スペースだけやたら広い
「青森の実家」に埋まっているとおばさんは思っている。
ジャッキーチェンの写真集・レコードとともに、
貝殻コレクションは実家から発掘してもらいたいもののひとつ。
実物を見れば、貝殻浪漫をスズ男も理解してくれるのでは…と期待するおばさんである。

浅虫水族館3 
浅虫水族館でお土産などを買い、
「ホタテの貝焼き」を食べたいというスズの要望のもと、
水族館近くの「ほたて広場」に出向いたおじさんたち。

残念ながら来たのが遅く、貝焼きを売っている外のお店は店じまいしたところ。
食べることは叶わなかった。
今度は早く来てホタテ御膳を食べたり、
ホタテソフトクリームを食べたいなと誓う子どもたちである。
ホタテソフトクリーム…どんな味かしらん。
と思っていたのですが、おばさん昔ホタテソフト食べてました…。
記憶力の低下に不安を覚えているおばさんです。

夜の様子まで書きたかったのだけど、ちょっと時間切れ。お散歩も行きたいし !
今日はここまででーす。

| 未分類 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

青森・・・

学生時代、友人と東北を巡って一泊だけした青森・・・市内からバスに揺られ斜陽館に行き、戻って棟方志功記念館に行き、夜ねぶた祭を見て、その後入った居酒屋で魚介類の美味しさに驚き・・・。一番印象深かったのは、翌朝駅のホームのあちこちで、ねぶたのために帰省したと思われる若者と見送る家族や友達が別れを惜しんでいた光景です。まだ東北新幹線など影も形もなかった時代。
あれから数十年・・・また行きたいです。

| ゆきママ | 2018/05/22 14:12 | URL |

ゆきママ様

ゆきママさん、こんにちは!

青森に行ったことがあるのですね。旅の思い出、ゆきママさんの記述で我がことのように想像ができますi-179

斜陽館のあるあたりは青森の父の郷里なのです。市内からバスではけっこう遠かったのではないでしょうか。

棟方志功記念館は実家のそば…というほどでもないのですが、中学・高校生のとき何回も自転車をこぎこぎして遊びに行っておりました。志功が好きなのでお気に入りの場所のひとつであります!

こんなこと言ったら、今青森に住んでいる方に失礼だけれ街中でも賑やかという感じではなく、少し裏通りに入るとバラックか!と思うような場所も多々あり…でも、華やかな土地ではないけれどそんなうらぶれている感じも好きなんだと思います。夏にすべてのエネルギーをねぶた祭にぶつけるところも。

今年も行けたらねぶた祭に行きたいなとは思っているのですがどうかなぁ。遠いところですが、ゆきママさんも機会があったらぜひぜひまたお訪ねくださいi-179

| ムーコ | 2018/05/22 17:44 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/2031-6e6f9f33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT