PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

予定を伝えるタイミング

学校という場所では、大方のところで時間割りに沿って一日の流れが
ほぼ決まっているといってよいと思います。
養護学校では、一日が始まる前により細かな予定を伝えていきます。
視覚優位のお子さんが多いので、目に見えない時間の流れを
生活の時間なら生活と書いたパネル、算数・国語ならその文字を書いたパネルを
黒板に貼っていって一日の流れを目で見てわかるように教えていくことになります。

見通しが立つことで、安定した生活が送ることができるということで
先生によると、かなり早い時期から予定は綿密に打ち合わせしているそうです。
ただ、ほぼ予定通りに進まないこと、予定が狂うことはどうしてもあり、
だいたいのスケジュールが決まった生活を毎日続けていると
どうしても変化に弱くなってしまうのではないかと感じているそうです。

先日、学校に仙台フィルハーモニー管弦楽団の方をお招きしての音楽鑑賞会がありました。
親も参加してよい催しだったのですが、私はスズの方の用事があって行けなかったのです。
その日、ショマは始まりの挨拶と
楽器の名前を先生と掛け合いの形で紹介する役を任されたと聞きました。
練習では頑張っていたらしいのですが
その日は普段のジャージ姿ではなく、私服で鑑賞することが決まり、
登校してすでにジャージに着替えを始めてしまっていたショマは混乱してしまったそうです。
一旦は私服でということを納得したものの、
やはりその些細な変化が納得できなかったのか、練習のときのようにはできなかったと。

先生はその日は本当にショマに申し訳なかったと私に謝りながらも
このまま、あらかじめ予定を決めて、その予定に沿った生活を続けていくか
人間の生活に変化はつきものとして、
少しずつ今の生活に変化を取り入れていくか、迷っているようなことを教えてくれました。

実のところ、実は・・と言わなくても察せられることかもしれませんが
ショマやスズとの家での生活ではスケジュールを細かに伝えるということをしていません。
私の生活、予定通りに事が進むことが少ないからです。
それでも、大まかにはその日、その週にやることは伝えてはいますから、
ある予定が心に引っかかっているなぁということはあります。
いろいろなお子さんがいる集団生活で、時間の枠組みが決められている中で
これからどうするべきかと方法を探らなければならない先生の迷いは深かろうと思います。
我が家のルーズな
ルーズでは我が家のことながら、あんまりなので緩やかと言い換えておきましょう、
家では極めてゆる~い生活をしているのですが、それでも混乱はあると伝え、
ある程度決まった予定を伝えていきながら、途中で発生した予期せぬ出来事や
心に引っかかっていることを納得してもらうには
どのようなアプローチがあるだろうかという雑談を先生としました。

ショマの場合は、音楽鑑賞会の日にあったような
生活の中で突然訪れる変化で混乱することは、
ないことはないけれど、むしろ少ないのではないかと私は思っています。
私としては、ショマにとって楽しみに楽しみに待っていることがあって
楽しみになりすぎて、そのことが実行される
その日がやってくるまでの待ち時間が
だんだんと不安に変わって、心が落ち着かなくなることが多いと実感しています。

そのことは、もちろん先生も承知していて
予定を伝えるタイミング、
特にショマにとって楽しみになりそうな予定を伝える
タイミングを計っていくことが本当に難しいよね~と。
現在は一ヶ月後の予定表を教室に貼り出すという形にしていて、
予定を伝えるタイミングというのは、それぞれのお子さんで全く違うものであるけれど
どのお子さんにとっても一ヶ月前は早過ぎると感じているので、
見直してみたいとおっしゃっていました。

楽しい予定を伝えるタイミングは、適切な時がもっとあるのかなと
私もこの家での生活で常々迷っているところです。
やはりショマとスズとでは、予定を聞いて安心する時期が異なります。
ショマはある予定を実行できるかどうかに重きを置いているので
あまり早く伝えすぎると不安が強くなってしまう。
スズは予定を実行できるかどうかというより、
その予定がいつ、なんどき、何曜日に始まるのかを早い時期に正確に知りたいという部分が強く
秋や冬という季節すら、何月何日の何曜日に始まるのか教えてほしいと言います。
朝や夜や季節の始まりも時間で示せと言われても、それはそれで困るのですが
予定の内容に重きを置いていないので、変更にも強く、楽な部分もあります。
スズに予定を伝えると、まぁショマもよく聞いているんですね。
ヒソヒソのつもりが聞いていたか!! というようなことがあり、
もっと二人それぞれに予定を上手く伝えられる工夫があるのではないかなと思います。
もっともっと二人との生活を続けていけば見つけられるかも。あら楽観的。
・・・ああ、なかなか終わりにたどり着けません。

| 自閉症関連 | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/209-6cd43fca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT