PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保育所遊び

先日、スズを保育所に迎えに行きましたら、
先生を中心に囲うようにして子どもたちが集まっていました。
スズも端っこに座りこんで、うつむいてなにやらやっています。
何をしているのかしらと覗きこんだら、木の実をコンクリートにこすりつけていました。
椿の実で笛を作っているということでした。
スズのお友達に頼まれて、私も製作に挑戦してみました。あら!! 楽しいかも。
椿の実はたくさんあるので、よかったら家でお兄ちゃんと一緒に作ってみたらどうですかと
いう先生のはからいで、椿の実を数個いただいて帰宅しました。

_496791e0d2623.jpg  
これが椿の実です。
レンガでこすり、固い実にまず穴を開けましょう。

_496791e3009c7.jpg 
お兄ちゃんと一緒にという先生の気持ちがありがたかったので、ともに作業開始。
お兄ちゃん、あっという間に疲れて逃げる。
実際、なかなか根気のいる作業です。
保育所の先生は子どもたちにせがまれて、実をこすりまくっていたのですが
明日筋肉痛になりそう・・とつぶやいていました。
また、実が小さくこすりにくく、実も摩擦で熱を持ってくるしで
指がどうにかなるかもという予感すらよぎる作業です。
たとえていうなら、大根をおろし器ですっていって、大根がチビていった時の
指までおろしちゃったらどうしよう!! と危機を感じるときの気持ちに近いものがあります。

_496791e526a43.jpg 
最初は興味津々だった竜と小梅も

_496791e753fed.jpg 
ひたすら、レンガに向かって小刻みに腕を動かす母の姿を見ることに飽きたのか
寝ることにしたり

_496791e93c055.jpg 
厳しい視線を浴びせてきたりと、寂しい気持ちがしますが気にせず頑張りましょう。

_496791eb4b97b.jpg 
椿の実皮おろしをコツコツ続けていますと、皮の色が変わってきました。
ここへキリで穴を開け、中身を取りだしていきましょう。
栗と同じで、まず渋皮があり、中に黄色のような緑色のような中身が詰まっています。
中身を取りだされて、ティッシュに転がる椿の実の写真も撮ったのですが
あまり美しい光景でもないので省略します。
子どもたちが保育所で 耳垢取りみたーい と歓声をあげていたのですが
その例えがまさにぴったんこ。
中身はしっとりと油分を含んでいて、これが絞り出されると椿油になるのでしょう。
椿油、いいですね。剛毛の私もしっとりした髪の毛になりたいと
お風呂でたまに椿油トリートメントをしています。
椿油を購入するとき、アルミ製のヘアキャップがついていることもあって
このキャップをかぶって風呂に浸かっていると
お母さんが、お母さんが変!! と騒がれ、たちまち人気者になった気分も味わえるのです。

_496791ed77ba0.jpg 
スズにも中身取り出しの作業をお願いしましたが
ミッキーマウスのテレビを見る予定があって忙しいのだそうです。ちぇ。
気を取り直して続けていきましょう。
中身はきれいに、すっからかんになるように取り出さないと澄んだ音が出ないそうなのです。
中身を全て取り出して、水洗いして椿笛が完成しました。
吹いてみたところ、どうもフエーッ(断じて洒落ではありませぬ)・ヒョエーのような音で
保育所で先生が聞かせてくれたような、ピーッという澄んだ音がしません。
中身はきれいに取り出したはずなのに、おかしなことです。
先生は、吹くときの唇の形はフルートを吹くときのような形でと言われました。
フルートを吹いたことはありませんが、薄く唇を開けるような感じかな?
私は少々、唇が厚くて、また大きいのでうまくフルート口にならないのでしょうか・・。
ヒョエーの連続です。

_496791ef651f5.jpg 
澄んだ音ではなかったけれど、竜と小梅は音を聞いてくれました。ありがとう。
綺麗な音色が出せたら子どもたちも喜んでくれただろうに残念です。
ヘアキャップをかぶって吹いたら喜んでくれるかもしれません。

しかし、このような保育所で教えてもらう遊びは楽しいものですね。
自分が小さい頃にもあったあったという遊びもあるし、
うわーはじめて知ったという遊びもあります。
椿の実で笛を作れることもはじめて知りました。
もうひとつ、だいぶ前にスズが作ってきたものから、、
_496791f0dd721.jpg 
木の葉のような、涙の滴のような形に切り取られた画用紙。
両面にクレヨンで色が塗ってあります。この紙が水に浮くんですね。
クレヨンの油分が水を弾いて浮くという簡単な原理ですが
このスズボートで、ずっとずっとやりたかったことをこの機会に。お付き合いください。

_496791f2b2ac9.jpg 
一寸法師。やったやった。悲願達成。

| 自閉症関連 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/214-c19939c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT