PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風船バーン

鉄棒も終わり、スズの緊張もほぐれてきたようで
仲良しの男の子と笑顔で話をしています。
この友人の男の子はいわゆる健常のお子さんなのですが、とても快活な子で
スズとはタイプが違うのですが気が合うようです。
スズの迎えのとき、この子が走り寄ってきて、砂の中に含まれる石英?なのかな
キラキラ光る小さな粒をダイヤだと言って手渡してくれることがあります。
一度、本当は花も用意したかったのだけど・・。と言われ胸がときめいてしまいました。
大きくなったときに、初恋の相手はスズ君のお母さん♪なんて言われたらどうすんぺ~と
思っていたら、先生や他のお母さんにも同じように告げていました。
快活で博愛主義者の彼と、スズとの会話を聞いていると
多少の噛み合わなさを感じるものの、そんなことは私が気にしているだけで、
本人同士は何が楽しいのかケラケラ笑っています。
運動会での二人の様子も見ていましたが、欧米か! 欧米か! と二人でふざけていました。
欧米か!・・びっみょーに古く、全く「欧米か!」という話ではないところでツッコミ合う
二人を微笑ましく思い眺めていましたが、
暢気に構えてばかりはいられませぬ。

親子競技があるからです!
スズが鉄棒にかけているなら、私は親子競技に全てを賭す! 
いえ、鉄棒がもし失敗したら、スズもきっとシュンとしてしまうだろうなと思っていたので
そのときは母と親子競技を頑張ればいいのだと
親子競技の手順をしっかり頭に叩き込んでいました。
鉄棒も成功しましたが、変わらぬ意気込みで臨んでやろうではないですか。
不安要素があるといえば借り物競争であるということ。
知らない人にカム・ウィズ・ミーと声を掛けなければならない事態も想定されます。
そして、借り物の指令書は風船の中に入っていて
私の可愛い尻で全力で割らなければならないということ。

いよいよスタート。
最初に指令書の入った風船が手渡されていますので、その風船を持って駆け出します。
途中に置いてある椅子に風船を置いて、お尻で割ります。
最初にスズにお母さんが抱っこするから、二人で風船を割るんだよと説明したはずなのに
スズが一人で椅子に座って風船を割ろうとしています。
ふがーっ。どきなさい。あなたのお尻では無理!
スズを抱き上げ、最初にぱふとソフトに座ってみましたが割れません。
ここはバブン!!と座らなければ駄目だ。空中に体を浮かせるようにして勢いをつけます。
すごい音が響いて風船が割れました。イタイ。
再現写真でお伝えします。

_4967925ac388c.jpg 
_4967925c634d3.jpg 

風船を割ると指令書がはらりと落ちました。
_4967925db83a3.jpg 
○○組のいす・・・。「いす」という静物。
なんでしょう。この胸に広がるがっかり感は。
応援席に殿様カツラをかぶったお婆ちゃんや、白衣を着た先生などを目撃していたので
「殿様」「白衣さん」など指令だったらどうしようと戸惑いつつ
そのような面白い指令が来いと心のどこかでは待っていたようです。
もっと面白い指令を!と望んでもせんないこと。椅子を抱えて走ります。
一等です。・・・だってだって静物なんだもの。。

全ての競技が終わり、ケ・セラ・セラから取り返した宝がひとつずつ配られ
父母からのメダル、スズは小梅メダルの贈呈も終わりました。
あー今年も楽しかった。のですがお尻が痛くて、痛くて。
お風呂で見てみたら薄くあざになっていました。
写真でお見せするわけにもいかないしと、ポポちゃんを引っ張り出してきたら
_4967925f52de7.jpg 
ポポちゃんのヒップによい感じで汚いシミが! ちょうどこんな具合でした。

| 自閉症関連 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/222-f775440d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT