PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私のホリデイ

この三連休、宮城県はとても暑くなりました。
どうも我が家のパソコンは外気温が30度を超えると調子が悪くなるようです。
つながったと思うと接続がブツッと切れる。
夏場もその繰り返しだったのですが、9月になってまでとは・・・。
今日は涼しくなったのでパソコンの調子がとてもいいです。

連休には青森から私の父母も遊びに来ていたのですが
仙台に住む親戚と食事に出かけたり、三越に行ったりと忙しそうで
夫といえばヒラメ釣りに行ってしまい、私は子どもたちと留守番でした。
パソコンの調子も悪かったので、映画をDVDで何本か鑑賞しました。

一本は『ホリデイ』という映画。
この映画は夫も観たいと言っていたので一緒に観ました。
心が温まる、恋がしたくなる恋愛映画という感じでしょうか。
ケイト・ウィンスレットとキャメロン・ディアス演じる恋に破れた女性二人が
英国と米国、それぞれの家を交換、生活を交換して休日を過ごし
そこで新しい恋を見つけてしまった、さよなら今までの私!というお話でした。
ホロリと泣かせるところもあり、ヒロインそれぞれを応援したくなる映画だったのですが
たまたま交換した家の主の兄さんが男前で素敵な男性、
私にとっては金城武である確率はかなりかなり低いのではと思ったり、
その男前さんは妻と死別していて、可愛い二人の娘とともに三人暮らしなのですが
うちの設定に置き換えたらショマスズブラザーズなわけで、
実は子どもがいますと言ってショマスズが現れたら大変だろうなーと考えたり。
いけませんいけません。現実にばかり置き換えて考えてどーする。

その他は全て私の趣味で香港・大陸映画。
『墨攻』『七剣』『男たちの挽歌』『風雲 ストームライダーズ』
『刺馬 ブラッドブラザーズ』、『男たちの挽歌』以外は初見の映画ばかり。
『刺馬』は香港の古い映画で、この日記でも少し触れているのですが
金城武の次の日本公開作は
この映画をもとに作られたものになるかな~と予想しての選択。
拳法でやっつけられた人たちが、今俺ら、やっつけられたぞーそれーー転がれーと
大勢でゴロゴロ坂道を転がっていくのが大変に印象的。
そこまで転がらないだろうと。
回転の勢いがなくなってくると、
さらに転がるように体に力を入れているのがよくわかるのです。
主役の男性が女性を小川に飛び込んで助ける動きも印象的。
普通に飛び込んでも大丈夫、その方が危険が少ないのではと思うのですが
たとえ無駄な動きでも躊躇なく入れてしまう香港映画が好きです。
それなのに余韻もへったくれもなく、話の筋を描ききってしまえば突然に終わる。
昔の香港映画はいさぎよいです。

『風雲~』はスズと布団に転がりながら観たのですが
人が空を飛ぶのはもう当たり前の事実で、
突っ込みどころ満載で、スズと笑いながら観ました。
千葉真一が悪役で出ていたので、
スズの前でお母さんは映画をもっと楽しくしようと頑張って、
ソニー千葉の物真似をしますと、「ほうぅぅぅ」と腹から声を出してみたのですが
誰かわからなかったようで、特に関心も示さず受け流されてしまいました。
そのことについては心残りですが、久々にゆっくり映画を観た私のホリデイ。
というわけで長らく使っていなかった趣味・嗜好カテゴリーを使ってみました。

私が映画を観ているそのとき、釣り船に乗ろうとしていた夫は
多少体調に不安があったらしく、ドキドキしているとメールが届いたのですが、
今回は

【お刺身でね、照り焼きもいいかも、頭はカマ焼きにね、のイナダ】
0ead829e.jpg

そして、ヒラメを3匹釣り、すっかり気分もよくなっていたようでした。
ヒラメのうちの1匹は最近家にやってきたヒラメの中では久々の大きめサイズ。

【小さめのヒラメ】
d1d1fd88.jpg

【大きめのヒラメ】
13aa5dc9.jpg

大きいヒラメの写真は撮ってくれたかなとウキウキの夫でしたが
写真が小さいので、どう大きさが違うのか、いまいち区別がつかないと思われます。
パソコンの調子が悪いだけでなく、デジカメが現在修理中。
しかも連休をはさんでいるので、戻ってくるまでに時間がかかるとのこと。
本来なら、大きいヒラメを釣りました~と日記を書きたいところでしたが
まぁ、そんな事情もありーので、たまには私の趣味でもいいじゃろうと
香港映画好き好き日記としてみました。

| 趣味・嗜好・TKC | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/234-8cd82ca8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT