PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食育かるた

スズの就学の件で、スズと病院に行ったり
学校見学に行ったりしながら、どうしようかしらんと頭を悩ませているところです。
まだまだ見に行きたい場所や、話を聞いてみたい人もいるのですが
ここいらで、ひと休みひと休み。今日はランチへ。

【おしながき】
bb34b828.jpg

5f7040da.jpg
今日のランチメニューは
セサミフランスパン、ミネストローネスープ、チキンみそカツ
プロッコリーとコーンのサラダ、牛乳、梨 となっています。
最近の給食はなんと片仮名が多いことでしょう。
今日はショマの学校の給食試食会に行ってきました。

試食会には全学年の保護者が参加できるわけではなく
ショマの在籍する小学部では一年生と四年生の保護者だけです。
このような楽しい企画になぜか一年生のときは参加していなかったので
今回はじめてショマが普段食べている給食をいただくことになりました。
季節のデザートまでつくなんて~~母さん楽しみ~♪♪

実際の試食の前に給食の準備、配膳、子どもたちの食事の様子を参観です。
あわてない、あわてない。

ショマの学校には大きな食堂があります。
学校開校当時は、食堂で皆揃って給食を食べることができたそうなのですが
生徒数の増加に伴い、現在食堂を使うことができるのは
高等部の先輩たちと、中等部のうちの一部の人数だけなのだそうです。
障がいのある子どもたちの就学先の選択肢は、成長するにつれて少なくなってくるので
学校の児童数が減少しているといわれる昨今でも
ショマの学校はどんどん児童数が増加しているように思います。

まず、食堂で先輩たちの食事風景を見せてもらいました。
食堂には栄養士さん、調理員さんの写真やプロフィールが貼ってあります。
数えてみると11人。これだけの人数の食事をたった11人で作るのか~!! 
すごいなぁと感嘆しながら、小学部の食事風景を見に教室へと移動します。
ショマはぼんやりと外を見ながら、配膳が終わるのを待っていました。
頭の中は給食のことでいっぱいであろうと眺めていたら
私に気付いてぴゅーっと駆け寄ってきました。

 お母さん、今日は試食会ですか?

君は学校の偉い人が
保護者に挨拶するかのように話しかけてくるのね、と思いつつ
そうだよ、今日はお母さんも学校のお給食食べに来たよと告げるととても嬉しそうでした。
そうか、そんなに嬉しいのなら、母さんは毎日足を運んでも構わないのですが。
特に今月の給食では、かにピラフとお月見ゼリーが気になっている。
正直、お昼に出●一丁をひとり寂しくすするのも飽きてきたところだよ・・。
実現不可能な夢のかけらを教室に残し、小学部の教室を後に。

いよいよ保護者の試食会です。
15fe3298.jpg
現在デジカメ故障中につき、携帯の写真で失礼します。
原材料の産地は、やはり宮城近辺のものが多いようです。
チキンみそカツは既製の品は使いたくないということで、学校で衣をつけ
アレルギーのあるお子さんでも食べられるように卵不使用だそうです。
数百枚のカツの衣をつける、ああ気が遠くなります。
たった4枚でも気が遠くなることがあるのに。
味付けはかなり薄いです。
学校給食では、食塩は3g以下に設定しているとのことで、この献立では食塩は2.7g。
我が家の料理は濃い味付けで、塩分とりすぎだなと反省しました。

養護学校では、いろいろな障がいの子どもがいて、食べられる食事の形態も様々です。
無理なく、そして美味しく食べられるように調理員さんが工夫してくれた
大きざみ、少きざみ、ペーストなど再調理された給食も見本で見ることができました。
スプーンや箸も子どもに合わせてシリコン製のもの、へら状のものと使い分けています。
牛乳は紙パック製のものを利用していて、きれいにたたんでリサイクルに。
そういえば入学してから牛乳パックのたたみ方を
先生と練習したと言っていたなと思い出しました。指先の訓練にもなる~。
いろいろなものが食べられるようになることで、
食べる楽しみを広げてほしい、と思っていると給食担当の先生がおっしゃっていました。
ショマは過去に【きゅうしょく賞】も受賞していますから(ちょっと自慢)
食の楽しみはそれはもう、明日の給食は何かと夢に見るくらいのものだと思います。
そして、家での食事の後もおいしかった、ありがとうと言ってくれるようになりました。
明らかに手抜き食事のときは、後ろめたい気分に・・・。
たぶん、給食でお膳を下げるときに覚えたのだと思いますが
今日、給食のできるまでの流れを見たり教えてもらったりしたことで
楽しい食事の時間を工夫して提供してくれる栄養士さん、調理員さんに対する
感謝の気持ちをいつも忘れないでほしいと思いました。

さて、今日は『食育かるた』の紹介もありました。
絵札がそれぞれの保護者に一枚ずつ見本として配られてきました。
f8d448d7.jpg
私のもとには『そ』の絵札。
時間に限りがあったため、先生が紹介してくれた読み札は

 さ-残菜は 畑に戻そう コンポスト
 し-自国の作物 大事にしよう
 も-森が育つと 魚も育つ

など数枚。
『そ』の読み札がどのようなものか、ものすごく気になるのですが。
『そ』ですよ。麺類の絵が目に飛び込んでくれば『そば』だと思うではないですか。
でも描かれているのはそうめん、ほうとう、うどんを小麦が紹介している様子。
-そばだと思った? えへ、そうめんなんです。
これしか思い浮かびません。何なの、そ。

| 自閉症関連 | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/235-aa7462b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT