PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浅虫水族館

すでに携帯から投稿済みの話ですが
先週の土曜日、日曜日を利用して青森へ行ってきました。
週明けの月曜日に内職を頑張れば青森に行けるのではと夫にも勧められ。
でも迷っていました。ガソリン価格高騰のおり、一泊とはなんとも贅沢旅。
竜と小梅を車で長距離移動させる手段も
旅行に行く機会はしばらくお預けだと考えていたこともあり未だ整えておらず。
金曜日の夜までぐだぐだ悩んでいて、母K子にも行くかどうか決まらんと電話で伝えると
犬のせいで! 犬のせいで! ショマとスズが青森に来られないなんてと涙ぐみ、
小梅の後は二度と犬など飼うことは許さんと強く述べられる。

旅行できないのは犬のせいでは決してないのだけれども~~。
動物は犬だけではないし、犬を次に飼うとは限らないのだけれども~。
母ちゃんは甘いな。
このままでは、次に動物を飼うことがあったら母が泡をふいて倒れてしまうので
犬が2頭でも旅行はできるっちゅーのということを見せてやると決意しました。
決意したものの、移動用のハウスが壊れて、たーまたまこの日粗大ゴミに出したので
夜に閉店間際の店に駆け込みバリケンをひとつ買い、いやいや大変でした。

いざ帰ることを決めてしまうと、私にとっては数年ぶりの故郷、
あーあそこも行きたい、ここも行きたい、あれも食べたい、これも食べたいと
希望だけが大きく膨れ上がっていきます。忘れちゃいけない一泊旅行。
朝の8時に出発して、青森に着いたのが昼の12時。
私としては奥入瀬渓流~十和田湖、乙女の像の真似をして帰ってくるコース希望でしたが
時間的にも無理だったこともあり、水族館へ行くことにしました。

水族館は青森の市街地から車で30分ほどの青森でも有数の温泉街、
青森の熱海、浅虫(あさむし)というところにあります。
_4967937b5613c.jpg 
陸奥湾を臨むこの地には多くの島があります。
島を舟でまわることもできるのですよ。私はこの島のことはカメ島と呼んでいました。
ああ、懐かしきやカメ島。変わらぬ姿。正式名称は知りません。

_4967937d986cd.jpg 
到着~。子どもたちが覗いているのは海亀さんです。

_4967937f77a9b.jpg 
イルカのショーを人だかりの中で見て。

_49679381844e3.jpg 
逆さまで寝るゴマフアザラシを覗く。

_496793836a9f3.jpg 
海の生き物との触れ合いコーナーにてヒトデをつかむ。

_496793853f5ca.jpg 
見たいけれど怖くて触れない人は上手にヒトデを使いましょう。きゃ、私ったら。

_496793872a12a.jpg 
要求がますます具体的かつ難度の高いものに。
兄弟の力関係が表れていると思いました。

_4967938900c40.jpg 
あれ、アナタ。どこかで見たわ。あらあら棘棘しい。
ここの水族館は写真撮影がOKなのがうれしかったです。
一応フラッシュは遠慮しました。魚さんの負担になると思って。
しかし、水族館を出る間際にフラッシュを使うとキレイにうつるよ♪
と水族館からの注意書きが目に入りました。もっと早く言って。
水族館での補足日記、少し続きます。
明日に持ち越すほどの内容でもないのでなるべく早く。魚カテゴリーで。

| | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/251-d1918158

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT