PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

約束の日

ショマが夏休みに入ったことで気ままな生活を続けていますが
スズの方は来年度就学を控えているので
本格的に動き出さなければいけなくなってきました。
仙台市では、発達相談支援施設で子どもの状態を見てもらった後、
そこでの検査資料や、保育所での様子を伝える資料を作成して
その資料を教育委員会に送り、
教育委員会主催の就学相談会に子どもと親が出席して、
どこが進路先として適当なのかを方向づけていくことになるかと思います。
確か強制ではなかったと思うので、この流れに沿わない方もおられるでしょうし、
教育委員会が決めたことが即決定事項となるわけでもなく、
あくまで最後に進路を決定するのは親だということになります。

教育委員会の方からはすでに、就学相談会の予約を取るかどうかの
確認が来ていたので出席する旨を文書で伝えました。
その後具体的な日程を決めるために、教育委員会の方から電話がきました。
簡単にスズの様子を聞きたいということだったので、日常の様子をおおまかに伝えました。
ショマの時は、優しげでいて真面目そうな女性と話した記憶があるのですが
今回電話でお話した男性の方は気さくな雰囲気が電話口から漂ってきました。
スズが好きなものを尋ねられたので、
まぁ天気予報かなと思ったので、天気予報ですと伝えてみると、

 「天気予報というのは、どこどこのテレビ局のお天気お姉さんが好きとか
  そういうことですかね~。」


と軽く彼がジャプを放ってきたので

  「テレビ朝日の○○姉さんがいいとか、日テレの○○姉さんという趣向とは
   違うと思います~。」


と私はカウンターを合わせておきました。
このような感じで、具体的な日程合わせは進んでいったのですが
文書で正式に日程を伝えるね♪と彼が約束してくれたはずの文書がまだ来ません。
彼は忙しいのか、電話の中で日程の最後の確認をするときも
直前に私と二人親密に打ち合わせたはずの時間を、
なぜか一時間遅く勘違いしていらしたので
それではショマのバスに間に合わんと急いで彼に訂正を求めたのでした。
楽しい彼にプレッシャーをかけることはしたくないのですが
約束の日がしっかりと手元にないとちょっぴり不安が募ります。
そろそろ、文書ちょうだいなと連絡してみようかなと思っているところです。

が、その前段階の発達相談支援施設での
スズの発達検査がまだ終わっていませんでした。
なかなか予約が取れなくて、それが今日という日になってしまいました。
私がもたもたしてしまったので、彼は文書を送りたくとも送れなかったのかもしれません。
この検査が終われば、就学相談会の日程文書も来るであろうと期待も胸に
発達検査は怖いよな~と少々の不安も抱えて行って来ました、発達相談支援施設に!
うーん、長い前置き。続きます。

| 自閉症関連 | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/260-456f6594

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT