PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

訪問者

私の家から一軒先に空き家があります。
なんらかの事情で空き家になっているらしく、
私はこの地区に越してきて10年ほどになりますが、すでにそのときは空き家でした。
庭はかなりの広さがあり、
樹木は主のいない家で成長を続け、下草も生い茂っています。
今週に入ったくらいから、その空き家に犬が姿を見せるようになりました。

最初はショマを迎えに行った帰りに
ちょろっと草の合間から顔を出しているのを見ました。
何度か気になって様子をうかがってみたのですが
警戒心が強く、覗くと隠れるの繰り返しでそばに寄ってくることはありませんでした。
家のすぐ近くなので竜&小梅の散歩でも通る場所です。
私だけでは絶対にそばに寄って来ることはなかったのですが
竜と小梅を連れて歩いているのを見て気になってきたのか
近くまで来るようになっていました。

そして一昨日の午前中、買い物から戻ってきたら
_496794a6242c0.jpg 
玄関の前でくつろぎ感たっぷりで待っていました。

_496794a878d3e.jpg 
笑ってる。

ああ、どうしたものかと思ったのですが
この後スズの保育所で面談があり出かけなければなりませんでした。
保育所までの道のり、ついてきました。
そして保育所の前で伏せて待っている。
保育所の職員の方も、あらあらまぁまぁ、可愛いこと!と言ってくれるのですが
このまま行く先々でついてきたらば危ない目に遭わせてしまいます。
とりあえず面談を終え、保育所を出ると姿はありません。
家に戻ると、家の玄関で日差しを浴びてぐっすりと眠っていました。

もともと私が様子をうかがいに見に行っていたこともあり
ここで投げ出すのはあまりに無責任というもの、いろいろと問題はあれど
首輪をかけて道をウロウロすることがないように係留しました。
あれほど警戒していたのに、いざ触れ合ってみるととっても人懐っこい男の子でした。
かわいい。とにかくかわいい。
最初は玄関につないでいたのですが、ちょこんと隣に座ったり伏せたり、もうあぁん♪
背中を向けるとちょんちょんと小さな肉球を背中にのせてきて、じゃれてくるのがまた!

うちの問題は
_496794aa8ebf5.jpg 
この気難しいお嬢様。
実際に引き合わせてみたところ、お客様の柴君はしっぽを中に入れて怖がります。
でも小梅のことは、一応彼女が女性ということもあって気になって追いかけるんですね。
一方の小梅は寛容さがまるで足りず、何、何なのよといった様子です。
竜は一対一では大丈夫なのですが、竜は小梅の尻に敷かれているので
小梅が怒ると柴君を諌めに行ってしまいます。

もうひとつ、夫。
すでに犬がこの辺に住み付いていて気になっている話はしてあったのですが
もう飼えないからねと最初に釘をさされていたのです。
さされるというか、ぶすっと強く打ち込まれたというか。
どうする、どうする。もうバレないように置いておくしかない! 
犬を拾ってきた小学生状態。
                    長くなるので続きます。

| 犬関連 | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/282-6cc8a116

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT