PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

床屋へ 2

いつも行っていた床屋が休みということで
私に髪を切ってほしいと夫から依頼がありました。
この一年、私が素敵なトラ刈りに仕上げてきたので、いいよ♪と
かる~く請け負ったのですが
よく聞けば今月会社の方の結婚式があるという。
それはちょっと、、、トラ刈りではどうなのでしょう。
夫にしてみても、前回床屋に行けたという事実を
途切れさせたくないという気持ちもあったかと思います。
まぁはじめて行く場所で無理なら帰ってきちゃえばいいのさ~というわけで
生協の中にある安い料金で手早く仕上げてくれる床屋へ行くことになりました。

ショマスズブラザーズも伴って、コーヒーでも飲みながら待っているつもりでしたが
ショマの髪がもっさり・こんもりんことしています。
ショマもついでに切ってもらうべ、無理ならそれこそやめてもいいんだし
とチケットを買って待つことに。

順番はショマが先、夫がその後です。
スズは髪切りを最高に怖がるのでしばらくは母カットです。
ショマがお店で髪を切ってもらうのは3歳の時以来です。
ハサミを怖がったりということはないのですが、待ち時間に騒ぐのが辛くて
一度お店に行って以来、足が遠のいていました。
はたして、今回は…。

待ち時間、最高に興奮して騒いでいました。
お店の人もショマの状態を察してくれたようで
最初に私からショマのことを説明しましたが、
お母さんはいない方がいいと外に出されました。
何者? お店のおば様。よくわかっていらっしゃる。
このお店はショマの学校の近くにあり、手早く仕上げてくれるということで、
恐らく利用している子が多いのではないかなと思いました。
説明不要といった頼もしい感じで、お店の人は手馴れていました。

最初は霧吹きでシュッシュッと水を吹かれて
ああーん、やめて~♪という嬉しそうなショマの大きな声が聞こえてきました。
最近、ああーん、やめて~♪という言葉がお気に入りのショマ。
気持ち的には本当にやめてほしいわけではなく、
もっとやってほしいよ僕、お願いねというときに発しています。
お店の人はこれをしなきゃ切れないからね~とさっとあしらって髪を切り出しました。

ここまでは店内の陰で隠れて聞いていたのですが、
切っているところをこっそり見たかったので
ガラス張りの店内が見えるスペースに移動しました。
移動するときに、夫にも大丈夫そう?と声がけしたところ
ショマだってやっているんだからと返事が戻ってきました。

そこから一部始終の様子を見ていたのですが
鏡を見て~、下向いて~などの指示にもよく従っているようで気持ちよさそうにしていました。
夫の方も順番がまわってきて、ショマと夫と交互に様子を見ていたのですが
不覚にも生協にて涙がちょちょ切れてきました。
お店の人や店内にいた周囲の方の温かい対応も嬉しかったし、
ショマが数年ぶりの床屋でニコニコと鏡を見ていることにも思わず笑いもこみ上げてきて
夫がショマを気遣いながら髪を切っている、そんなこともすごいことのような気がして
にやにやしながら涙が出る、あやしげな感じになってきました。

ほとんど張り付いて見ていたあやしげな母のもとに、お店の方がやってきて
終了したことを教えてくれ、とっても偉かったよと一言添えてくれました。
店内にいた夫によると切っている間はほとんど騒ぐこともなく
可愛くなったって学校の先生に褒められるね、という
お店の方の声が聞こえてきたということです。
行くことの出来る場所、小さなことでも出来るようになることが増えていく
もちろん周囲の方の力添えもあって、家族で嬉しい日を積み重ねていくことができること
決まりきっているような毎日の中でこういう日があることを幸せに思います。

それでは見てやってください、夫ではありませんぬ。
ショマのお坊ちゃまカットの方を。
_496794af3257f.jpg 
きれいに切り揃えられたライン、何年ぶりに見たことでありましょう。
短く切ったらどうかとお店の方に提案されましたが
髪が異様に多い子なので、一度短く切ると伸ばすのがひと苦労、
トップは多少長さを残してくださいとだけお願いしました。
実は母カットでは、下手くそながらも金城武風にもみあげを細く長く残すことに
こだわってきたのですが、モミも残してください武風にね、とまでは言えなかった私です。
夏だからモミ短めも涼しげでいいでしょう。
でもモミ短い姿は昨日一日では慣れなかったな~~。やっぱり伸ばそう。

| 自閉症関連 | 03:04 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本日、休みにつき朝からパソコンで遊んでおりました。
昨日ムーコさんに意味不明のメールを送りつけたのに、
ああ、今日もコメントを残してしまうわ……。

涙がぽろりんこ。
ショマくん、かっこいいじゃん。
床屋のおばさんもいいなあ。
ショマスズパパっち、素敵。
みんながムーコさんに告るのが分かるような気がします。

| 沢 丸芭 | 2009/01/31 14:38 | URL |

おはようございます。
当直明けのこの体に、この話、効きました・・・。
職場で思わず涙がぽろりと出そうになっちゃいましたよ。
こんな風に、ひとつのことを乗り越えるのは、ショマ君やスズ君にとってはどんなことか、何となくだけれど解るので、すごいな・・と、感動しました。そして、パパも。
「見守る」って、なかなか辛いことですよね。
床屋さんで頑張ったショマ君にも、パパにも、そして家族を支えて見守っているムーコさんにも拍手!
おっと、忘れちゃいけない、床屋のオバチャンにもね(笑)

| cranberry | 2009/01/31 14:38 | URL |

モミィちゃんがなくてもカッコいいよ!!
恋惑のモゥちゃんみたいだよー!!
伸びてきたらムーコさんも、そして私もこっそり嬉しいけども..エヘ♪

ガラスに張り付いていたムーコさんが目に浮かぶようです。
パパさんもショマくんも、本当に素晴らしい人と家族になったんだよね!
と、月曜のお昼時めがしらを熱くしております。

| みゆこ | 2009/01/31 14:39 | URL |

ショマくん、かっこい~。おばさん、惚れ直した!
ご主人は、床屋で髪を切ってもらうショマくんの姿に、励まされたのではないかしら。
お店や行く先々で、暖かくされると、ほっとするよね。
同じ障害者として、よくわかります。

| うみおくれクラブ・ゆみ | 2009/01/31 14:39 | URL |

・・・私も涙ぽろりんこでした。 
沢丸芭さんのこのフレーズいいですね・・・
なんだか胸があっつくなりました。
何かを乗り越えるとき、まわりのいろんなことが
素敵に作用してるのかもしれませんね。
乗り越えるっていうか昇華してく、そんな印象を受けました。
一番泣かせるのは、生協でニヤケ涙の、ムーコさんでした。
そして髪型だけでなく、シャツもめんこいな!ショマ君!

| keia | 2009/01/31 14:40 | URL |

楽しく、美しいところだけを余すことなく、
文章にできるムーコさんの感性、
男前、カッコいいです。
ショマくんも男前。
パパも、ね。
あ、耳とシャツだけ写ってるスズくんも。
竜ちゃんも男前だ。コメちゃんはセクシー。
家族っていいですねー。

| lotta | 2009/01/31 14:40 | URL |

ムーコさん今晩は♪
改めてムーコさんの愛を感じたブログ。素敵です。
そしてショマ君、かっこいい♪とっても男前です!!ムーコさんのガラス越しに見守りながらうるうるしている姿がまるで見たかのように浮かんできます。
旦那様も1歩前進ですね♪パニック症候群、私も3年前に突然なりましたので、ブログを読みながらじ~んときました。私は今まで1人で外国に住んだり旅行に行ったりお金を貯める為にトラックに乗ったりと、自分は強いと思っていたのでとても苦しみました。が、今は調子の悪いときは軽い安定剤を飲むようにして最近は美容院へも行ける様になりました♪ただ、暑い時期が辛いのでこれからがちょっと不安ですが...(汗)
長々とすみません!!また私のブログにも是非遊びに来てくださいね♪
ちなみに金城武...男前ですよね♪

| yucca | 2009/01/31 14:41 | URL |

情景が浮かんでくるかのような文章で、妄想族の私はムーコ家の人々の様子を勝手に妄想しています。
仕事帰りの私の涙腺は崩壊ですよー…
素敵な家族だなーと思いました。

月曜から素敵なお話を読ませていただきました!
また明日から頑張るどー!

| なめっこめぐ | 2009/01/31 14:41 | URL |

沢 丸芭様
愛溢れるメール、コメントをいただいておきながら
返事が遅れてすみませんでした。
このカットの後、生協にて梅4㌔購入して梅に振り回されていました。
調子に乗って買いすぎたよ。今日も梅と戯れなきゃ。
昨日沢さんお休みだったのね。梅処理にきてもらえばよかった。

床屋のおばさん、なかなかにクールでね。かっこよかった。
>みんながムーコさんに告るのが分かるような気がします。
帰宅した夫に、なんか私がすごくよい奥様みたいなことになってる!!と
報告しましたならば、苦い笑いを浮かべたような気が…。
確かに何もしてないけど、苦い笑いはおかしいだろと思いました。
そろそろ散歩の時間なのでこれにて失礼。今度は小さい梅のお世話。

| ムーコ | 2009/01/31 14:42 | URL |

cranberry様
昨日は当直明けでしたか。いつもお疲れ様です!!
cranberryさんには夫の発作が起こって間もない時期に相談してましたものね。
1年経ってこのような報告ができてうれしく思います。

>こんな風に、ひとつのことを乗り越えるのは、ショマ君やスズ君にとっ
>てはどんなことか、何となくだけれど解るので、
いろいろな要素が重なって今回はうまくいったけれど
次回またうまくいくとは限らないのですよね。
失敗が怖くて子ども達に何かをさせようと決断するのは
私にとって勇気がいることでした。
今回は、適切な時期がきて出来るかもと思うことは
一進一退になっても挑戦してみようと学んだ出来事でした。

沢さんのコメントにも書いたのですが
床屋のおばちゃんクールでした。
特別愛想がいいとかそういう感じではないのですが
テキパキとしていて、おおっと思わされましたよ~。
私の方がよほどテンパっているという…。

| ムーコ | 2009/01/31 14:43 | URL |

みゆこ様
モミ短めのモゥがいましたね。すっかり抜けていました。
そうか、そうだった!
みゆこさん、言ってもいいでつか。いきますよ、
それはモゥ点でした。・・・・。

みゆこさんが可愛い目頭を熱くしてくれていたとき
笑っていいともを見ながらウトウトしていました。
そんな素敵な奥さんです。
赤ちゃんに好かれるみゆこさん。
ほんのり下がっている部分にうちの子どもたちもいつかダイブさせてくださいね♪

| ムーコ | 2009/01/31 14:43 | URL |

うみおくれクラブ・ゆみ様
>ショマくん、かっこい~。おばさん、惚れ直した!
>ご主人は、床屋で髪を切ってもらうショマくんの姿に、励まされたので
>はないかしら。
わ~、ありがとうございます。
昨日の学校の朝の会でも「お店で髪を切ってもらいました。」と皆の前で発表したと先生から教えてもらいました。
楽しい経験になったようです。
夫の方も、私たちがいるとかえってプレッシャーになるかなと思ったのですが
自分のことよりショマのことが気になって仕方がなかったみたいです。

>お店や行く先々で、暖かくされると、ほっとするよね。
ほんとうに…。
私は子どもがというより、自分が嫌な思いをしたくなくて
積極的に外に出るのが怖いという思いがきっとどこかにあるんですね。
でもこうして、周りの方に素敵な対応をしてもらって
ショマのうれしそうな顔を見ると、飛び込んでみることも大切だなと思わされました。

| ムーコ | 2009/01/31 14:44 | URL |

keia様
沢さんは涙もろくて、とっても可愛らしい方なんですよ(^^)
本文中に出てくる (髪の毛)こんもりんこ のフレーズもどうかよろしく。

>何かを乗り越えるとき、まわりのいろんなことが
>素敵に作用してるのかもしれませんね。
>乗り越えるっていうか昇華してく、そんな印象を受けました。
時を待つというのはすごく大事なことなのかもしれないですね。
ショマは成長のペースがゆっくりだったので
出来なくてもまたの機会を待つかという気持ちがあって
それがうまく作用しているというか。
全てをショマ時間に合わせて動いていくといいことがあるのかも…。

にやけ涙は実際はかなり、うーん、近くで見られたらやばいと思います。
シャツにも気づいてくださって感激。
最近のお気に入りで裏地を生かした仕立てになっています。
先日母K子が来たときにも、このシャツよくない?という気持ちで着せていたのですが
母が裏返しだよとひっくり返そうとしていたので、ほめてもらって余計に感激です。

| ムーコ | 2009/01/31 14:44 | URL |

lotta様
ああ、男前だとほめてもらえるなんてうれしいです。
シャツと耳だけ出演(またお下がり)のスズにも気づいてもらって。

>竜ちゃんも男前だ。
去年の7月くらいかな、夫が出先で小さな発作を起こしまして
そのときすごく心配していたのが竜でした。
日記にもそのときの様子は書いてあるのですが
竜の気持ちは夫にとってずいぶんとうれしかったみたいです。

セクシーコメは私の小さな田んぼの稲を食べようとして
水まで飲もうとしていました。
田んぼはコメの目の届かない位置に動かされたのでありました。
こちらはまぁ、元気で楽しそうだからそれで十分だよコメちゃん
という心境のようです。

コメントに関係のない話ですみません。
苔の話を知ってから、石についている苔が気になってじっと見てしまいます。
苔にはまりそうです。

| ムーコ | 2009/01/31 14:45 | URL |

yucca様
また来てもらえてうれしいです(^^)
yuccaさんもパニック症候群になったのですね。
私も夫がなってみて、この病は人ごとではなく
誰でも突然にかかりうるものなのだと思いました。

夫の場合、仕事でも今まで自信を持って取り組んでいたことができなくなったり
最初に発作が起きた場所がプールでだったので、泳ぎの好きなショマをプールにも
連れていけないと責めていました。(幸い海でザブザブ泳ぎましたが)
自分はもうだめかもしれないという自信を喪失していくのが見ていても辛かったです。
暑い時期を乗り越えるのが大変ですが、また悪くなってもまた進めばいいし、のんびり行きますね。
yuccaさんのお話、励みになりました。ありがとうございます。

>ちなみに金城武...男前ですよね♪
そんな風に言ってもらえると~(照)
なぜか照れてしまいますわ。知り合いでもないのに~~そしてプチむなしい。

| ムーコ | 2009/01/31 14:45 | URL |

なめっこめぐ様
めぐさん、夜遅くまでお仕事だったのですね。
お疲れ様でした。
夜疲れているときにわざわざ妄想を膨らませてもらいまして申し訳ないです。
私と夫の顔がないのでちょっと妄想しづらいですよね。
2人ともお見せできるほどの面相ではないので
カット台に座る竜、ガラス越しにじっと見つめる小梅くらいの感じで
想像していただくのがよいかと…。

実際のところ、ショマが鏡を見て顔を確かめるように
ニコニコしているのがおかしくて
最初は笑いがこみあげてきて仕方なかったんですね。
それが急に涙もこみ上げてきて、うるるときました。
ガラスの中にいた夫には、ママが超ニヤニヤしているのがおかしくってさ~と言われました。
私が流した清い涙の存在には全く気づかなかったらしい。そんなものです。

| ムーコ | 2009/01/31 14:46 | URL |

やっぱり「子」がついてたほうが良いような気がします。ムーコさんみたいに納言コにしようかしら。
連日お邪魔してしまって、すみません。
一番話したいことを言わないまま、手紙を書いたりするのは、つらいものがありますよね。自分の一部分を裏切っているような。ムーコさんの感じ方は違うかな。
本当の日記だったらそれを一番に書くでしょうに、ブログっておもしろいものですよね。
「家の者」さまにこんなことが1年間も続いていたなんて。
じつは、ひっそりコメントつけられていた「家の者」さまの密かなファンだったりして…
というような感想を持ったのでした。
今日こそ、レス不要れす。
そこ!笑ってないで!

| 納言子 | 2009/01/31 14:46 | URL |

納言子様
あ、子がつくことになったのですね。
「ムーコ」というのはスズの小さいときの愛称だったのです。
むっちりしていたので、ムティとかムーコと夫婦の間で呼ばれていました。
納言ティ・・。語呂悪いですね。

うーん、ブログでどこまで書くかというのは迷うところがありますね。
夫のことに限らず、自閉症のことでもね、
やっぱり落ち込んでしまうことや、一日ため息しか出ないような日もあるけれど
本当に自分にとって辛いことを書いて残しちゃうと
私はますます落ち込むタイプのような気がしてます。
そんなこといって、陰鬱な日記を書いたらごめんなさい。
そしてその時もお付き合いよろしくお願いしますと
後々のことも考えてお願いしておくと。きゃ、狡猾。

家の者のコメント怖いでしょう~。
日記を書き出して間もない頃は読んでくれる方もまだ少なかったので
夫が不憫に思って、コメント入れていたようです。
こうして、コメントをいただけるようになったので
めおと交換日記を公開せずに済むようになりました。

| ムーコ | 2009/01/31 14:47 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/284-bb162fad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT