PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

喧嘩の花

よし、勢いにのって今日の分の日記も書いてしまいましょう。
さっきの日記でショマとスズの関係に感謝と書いたので
兄弟の関係について記しておこうと思います。

ショマとスズはあまり喧嘩をすることはありません。
喧嘩をすることがないのはショマの穏やかな性質に助けられている部分が
大きいのではないかと私は思っていました。
パニックを起こしたときは別人のような一面を見せ、テンションも高めのショマですが
気質的にはおっとりした方だと思います。
スズはショマが遊んでいる物を断りもなく取ってしまうことがありますが
物を取られたことでキーッとなったりすることがショマはほとんどないです。
不安でどうしようもなくなって混乱することはあるけれど、
怒っているのをあまり見たことがありません。

ショマが楽しみにしているヘルパーさんとのお出かけですが
帰りにスーパーに寄って、おやつやらアイスやらを買い込んできます。
帰宅後、留守番をしていたスズにスプーンでせっせとアイスを口に運んであげるショマ。
その時の様子を写した写真もあるのですが、さっき改めて写真を見てみたら
顔周りがアイスだらけで汚いのなんの。ちゃんと拭いてあげないといけませんね。
ショマや、アイスは2つ買ってくればいいのではないかい?
と言うことも出来るのですが、せっせと小さな子どもに美味しいものを運んであげる様子は
私の母性までもくすぐるので言わずに我慢しています。

そして食事後も、牛乳命のスズのために牛乳をコップに注いで持ってきて
自分は水で我慢しているのですー。くーっ親ばかですがショマいじらしいっ。
スズはそれを当然と思っている節があるので、もうちょいショマに感謝したら~と思い
うれしいなと思ったら、お礼はきちんと言おうねとスズには話しているところです。
そんなこんなで2人の関係はショマの気質に支えられて良好になっていると思っていたのですが
さっきのパニックに陥ったショマのことを書いていて
スズの存在はショマにとって安心できるものなんだろうなと気付きました。
スズは末っ子っぽく、我が家ではもっとも甘えん坊で寂しがりなのですが
ショマもスズのそういう部分を、言葉にはできなくても
なんとなくではあっても感じて、守るという意識が働いているのかもしれません。

それでも喧嘩はたまにあります。
_496795a184421.jpg 
兄弟喧嘩の定番、チャンネル争い。
この2人の場合、
 
 スズ→時々テレビに怖いものが出てくる。
     それはなぜかBSフジにて時々挟まれるビッグカメラの宣伝。
     またある化粧品のCMに出てくる、
     その化粧品を監修したという女性が怖い(かなり失礼な話である)。
     だからこれらのCMが入る時間は、前もってチャンネルを替えておきたい。
 
 ショマ→機関車トーマス命。テレビ消されてなるものか。


こういうこだわりがぶつかる時ってどうすればいいかなーと頭を悩ませるところですが
チャンネル主導争いはいつものことなので譲り合って妥協してね♪ということになります。
スズは母にショマの所業をチクるという高度な技を持っていますが
チクるときには自分の正当性を主張してくるので
喧嘩の状態が二人にとっての臨界点に達したら母が平等に判断するというところでしょうか。
結局は順番に譲り合わせるだけなのですがこの兄弟の喧嘩は可愛らしいものです。

_496795a36e3cb.jpg 
こっちに介入することに比べたら…。

_496795a55d577.jpg 
喧嘩に燃える小梅はちょっと可愛い。

| 自閉症関連 | 01:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/309-dea6b4ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT