PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先生ありがとう。

先日も春のお別れの日記を書いてしまって
内容がかぶってしまうのですが、また別離日記です。
スズのクラスは二人の先生が担当しているのですが、
その中でスズを含め統合保育枠の子どもを二年間に渡って
サポートしてくれたY先生が転勤になりました。
Y先生はショマが保育所にお世話になっていた時代からいらっしゃった先生で
途中出産と産休を経て保育所に復帰し、復帰と同時にスズを担当してくださいました。
ショマが保育所にいた頃からと考えると、途中お休みをはさんだとはいえ
かなりの長きに渡って同じ保育所にいたということで
転勤は先生とともに予想していたことでした。が、寂しい。寂しいよっっ。

はじめて会う人にもいきすぎるほどにフレンドリーなショマと違い
新しく出会う人にはなかなか心を開かないスズが
保育所でどのような生活を送るのか母は不安でしたが、Y先生にはすぐ慣れてくれました。
保育所での遠足のとき、やってはいけないこと(バスの中では立ちません等)、
遠足に行った先でやること(バスの出発前にトイレに行く等)、
絵カードを作って何日も前からスズと一緒に事前に確認していました。
今年度の遠足にスズは発熱で行けなかったのですが
先生との事前確認によってずいぶんと遠足を楽しみにしていたものでした。
行事の時や、クラス替わりなどスズの中で区切りが必要な時-
次の行動に移らなければいけないという時は
先生もスズに合った方法を模索しながら根気よく教えてくれていました。

集団でのゲームに参加することがスズは不得手なのですが
とりあえず誘ってみて、やりたくないときは無理じいせず
スズが興味を持ったときにはルールを少しずつ教えながら進めていってくれたようです。
私などは皆がやっているんだから一緒にやってよ的な
気持ちを持ってしまうことがあるのですが
皆がやっているから参加しなければならないという強制ではなく
無理なく参加ができて、その結果楽しい時間を過ごせたらいいねという
ゆったりとした気持ちで見守ってくれていたのかなと思います。

私は朝にスズとショマの連絡帳を書くのですが
朝はバタバタしていてミミズが這い回ったような
判読も難しいような文字で提出してしまうこともしばしばです。
先生も時間がないだろうにいつも丁寧な返事が戻ってきました。
嬉しかったのは連絡帳で一日の出来事を記してくれる他に
スズが言った言葉をメモに書きとめておいて連絡帳にはさんでおいてくれることでした。

 ○月○日スズ君 お母さんが大好きだよ。

等のメモがはらりと連絡帳から落ちてきて、それを読むときの嬉しいことといったら。
このような心遣いのなんとありがたいことかと。
ショマとスズは先生との出会いに本当に恵まれていると思うのですが
私自身が彼らの先生との出会いで素晴らしいものをもらっているのでしょう。

Y先生とスズはいよいよ明日でお別れ。
先生との別れがわかっていないようなので区切りをつけるという意味で
今日の帰りに、明日で先生とはお別れだから楽しく過ごそうねと先生と私とで教えました。
保育所から先生がいなくなってしまうということはやはりまだわからず、
先生がお休みするものだと思ったようです。

 「月曜日は会える?」
 
 「月曜日からはもう会えないの。」
 
 「火曜日は会える?」

 「ごめんね。火曜日も会えないの。」

スズの表情が曇ってきます。
水曜、木曜と繰り返しているうちに先生も泣き声で応じています。
最後にスズが小さな声で…やだもん。とつぶやいたのが印象的でした。母涙。
今まで慣れてきた保育所という環境で、来年度からクラスの友達や先生が変わっても
その変化を受け入れて適応することがスズはきっと出来ると思うと先生も言われました。
私もそう思います。小さな心にたくさんのことを先生から与えてもらったから。
寂しいけれど乗り越えなければいけないこともある。
お母さんはスズより少し長く生きているから知っているんだ。
出逢ったことで宝物は残るということを。
明日がスズにとって楽しい一日でありますように。

スズ作品 先生と頑張った縄跳び。
04b21ff1.jpg

スズ作品 スズの手で蟹。私はこの手蟹がお気に入りです。
5d4fb406.jpg

| 自閉症関連 | 20:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スズ君と先生のお別れの会話、もらい泣きしそうでした。
スズ君の絵は、色がきれいだね。

| うみおくれクラブ・ゆみ | 2009/01/27 03:37 | URL |

こんばんは。保育所の準備が終わらなくて現実逃避中の
私です(笑)

すっごく、気持ち分かります。。
私も先日卒園した母子通園の一番大好きな先生が
退職されてしまったんです。
もう、寂しくて悲しくて・・(涙)
でも、先生の過去にいろいろあったことを聞いてたら、
もう涙が止まりませんでした。
いつか、記事にしようと思ってるのでそのときは聞いてくださいね(^^)

そして、最後に背中をぽんっと押してくれたのもその
先生で、なんて自分の悩みってちっぽけなんだろう・・
ちゃんと前を向いて頑張らなきゃと思えました。

話が反れちゃいましたが、私よりもずっとムーコさんは付き合いの
長い先生だもの。
寂しいですよね~。
春は別れの季節だけど出会いの季節でもありますね♪
そう、いつまでもこの出会いは宝物ですね(^^)

今回は真面目に語ってみました。
そうそう、生活が落ち着いたらでも、ちょっと
いろいろまた相談に乗ってください♪

| minto | 2009/01/27 03:37 | URL |

>出逢ったことで宝物は残るということを。

この言葉しっかり書き留めておきました。

ウルウルしつつ読み進めて「…やだもん。」でついに落涙。
今日がスズくんにとって楽しい一日でありますように!

| みゆこ | 2009/01/27 03:38 | URL |

とてもいい先生に出会われたのですね。
人との出会いって宝物ですね。。。
お絵画き、縄跳びで、ぴょ~~んって一生懸命飛んでるところがよく出てますね。ニコニコの表情も素敵。

同じ保育園にはいられませんが
きっとこれからも長いお付き合いが続くと思いますよ。
人生最初の先生がその先生(かな?多分)で
お幸せでしたね。
保育園の先生って本当に頭が下がりますよね。
いいお話をありがとうございました。

| ソフィア母 | 2009/01/27 03:39 | URL |

うみおくれクラブ、ゆみ様
今日、先生とお別れしてきました。
最後の日ということでバタバタしてしまって
昨日のうちにスズと話をしてもらえてよかったと思いました。
最後に連絡帳の表紙をきれいに作り直してくれていて
また泣きそうになってしまいました。

>スズ君の絵は、色がきれいだね。
ありがとうございます~~。
行事の様子を思い出して描いた絵のようなので
ほめてもらってうれしいです。

| ムーコ | 2009/01/27 03:39 | URL |

minto様
ああっ、mintoさんのところにご挨拶にうかがおうと思っていたのに
先にコメントいただいてしまった。
不精な私を許してください。

母子通園の卒園式の様子読みましたよ~。
人はみな 美しきたねあり  素敵な言葉でしたね。
sora君も最初は母子分離が不安だったのに、
母子通園での生活を楽しめるようになって本当によかったね。
先生との出会いでmintoさんも保育士さんにチャレンジするんだものね。
学校と家庭生活の両立、大変なことだと思うけれど応援しています♪
素晴らしい保育士さんになってね。

そして保育所準備、ビニール袋名前つけ頑張ろうーー!!
私もまだビニールすら買ってないさヽ(´-`)ノ
時間があるときいつでも遊びに来てね。待ってる~。

| ムーコ | 2009/01/27 03:40 | URL |

みゆこ様
スズ位の年の頃の記憶って完全に大人になってしまうと
写真で切り取ったような記憶でしか残っていないと思うのですよ~。
私などは記憶がおぼろげで、はて本当にあった出来事なのかしらと思うことがあります。
それでも、この時期に愛情をたくさんかけてもらったことって残るものだなと~ショマを見ると感じるムーコでした。

そんなみゆこさんとの出逢いも私にはお宝。
昨日はよい一日になりましたか?
ストーカーちっくですがお誕生日おめでとうございます。
去年返していただいた、
>ついこの前成人式を終えたばかりだと思ってたのに
>いつの間にか○歳になってしまいましたぁ、変だなぁ。
という※が大好きです。コピペしてきちゃったよ…。

| ムーコ | 2009/01/27 03:40 | URL |

ソフィア母様
縄跳びの絵、注目してもらつてありがとうございます。
運動会の障害物競争の途中で自分の得意なことを
ひとつするというのがあって、その時の絵なんです~。
実際は2回位しか跳べていなかったように見えたのですが
先生と練習を重ねてきっと楽しかったのだと思います。

>人生最初の先生がその先生(かな?多分)で
>お幸せでしたね。
そうなのです、彼にとって人生ではじめて出逢う先生でした。
幸せな記憶が残ると思います。
私自身の幼稚園のときの先生って怖くてあまり良い思い出がなくて。。
宝は残るとか書いておいて、そんなことばかりしつこく覚えている私です。

| ムーコ | 2009/01/27 03:41 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/325-fe048cdb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT