PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母の言葉を訳してみました。

※今回のお話には私の母K子とお姑さん二人が登場します。
 姑お母さんは、わかりやすくするためにお義母さんと表記しますね。

自宅へ戻ったお義母さんが、
青森のお母さんにもショマとスズと過ごした二日間について報告したよ~と教えてくれました。

 「青森のお母さんね、大丈夫でしたか?って聞くから、
  大丈夫でしたよ、お母さんも仙台に泊まってくださいねって言ったの(笑)。」


 「……前回のことがあるし、今後は泊まらないでしょう。はっはー。」  

このような会話をお義母さんと私とで電話で交わしました。
大丈夫でしたかってなんだYO! お化け屋敷みたいに言うなYO!と
ちょいと母K子の言葉を腹立たしく思っていたわけです。
大丈夫でしたかという言葉の前には、
(動物がたくさんいる汚い家に泊まって)という言葉が隠されていると推察します。 
小梅を飼ったときにも、怒り狂った母K子としばらく断絶していたのですが
そのときもお義母さんがたいそう心を痛め、仲立ちに入ってくれました。
この夏の真生に関する一連の出来事に対しての母K子の立腹の様は
お義母さんに伝わっていたようです。
私はお義母さんにまた心配をかけると思い、
実家と揉めているという都合の悪さも手伝って、真生のことを最初は言えなかったのです。
そんなときにお義母さんから電話がかかってきて

 「あのね、○子、大丈夫よ。
  親子だから言いたいこと言ってしまうけれど、親子なんだから大丈夫。」
 

と話を振ってきてくれました。
お義母さんは大丈夫と言ってくれているけれど、
まぁ母が猫がいる家に泊まることはないだろなと思っていたのに、思っていたのに…。
今月の22日、23日と仙台にお父さんと泊まるから!と母K子から連絡がありました。
ひいぃぃぃぃ。掃除せな!
なんでも三越友の会の更新があるとかで仙台に用事があったそうです。
最初は一人でバスに乗ってきて日帰りとか言ってたはずだったのに
なぜか父も伴って、めおとで泊まるという。お義母さんの電話効果としか思えん。
お義母さんが来る日よりも、ばりばり掃除しました。
まぁ何したって、この家くっさいとか、きったないと言われるんだろう、虚しいと思いつつ。

ところがいざ仙台にやってきた初老夫婦、とってもご機嫌。
臭いとかきったないとかも言われません。
それはそれでなにかおかしいと勘ぐりを入れてしまう娘の悲しさ。
後でドーンと雷を落とされるのであろうとドキドキドキ…。

              相変わらず男イイって言われちゃった!!       
1225478920.jpg 
アタシももう文句言われないもーん♪

もう竜と小梅に関しては、竜と小梅用に林檎を持参してくれたりといった仲なので無問題。

【問題はあなたたち猫族よね~はぁぁぁ。】 
1225479196.jpg 
なのですが、ニャンズに関しても一向に何も言われない。怖い怖いよ。
何も言われないのも怖いよ~。とドキドキしながら、夕食の時間となりました。
父もビールが進み上機嫌。
上機嫌ついでに、
おっかぁには絶対に言うなと言われていたけど…とある話を教えてくれました。
この夏、ショマスズを乗せて高速道路を走っていた
夫の車のタイヤが外れるという故障がありました。
人を巻き込んだり、大きな事故にはつながらなかったこと、
おっかぁは猫が守ってくれたのかもしれないねって言ってたんだぞと
絶対に言うなって言ったでしょと慌てふためいている母の横で父が教えてくれました。
……もしかして、おっかぁイイ人なのではないだろうか。

父にばらされて母も気が抜けたのか
その後はチビニャンズを何度も覗いて見ていました。
真生にはスリッとされて、猫と身近に触れた経験がないのでびっくりしていたようです。
こんにちは、よろしくニャって意味だよと教えたらまんざらでもなさそうな(笑)。
チビニャンズの写メを親戚に送ったり、
折り重なって寝ているのを見て、こうやって寝るんだ!と興奮した様子でした。
以下、チビニャンズを見ての母の感想です。

 「正直、可愛いか可愛くないかって言われたら可愛いよね…。
  でも、可愛いって言うのは悔しいから
  みったぐないことはないってことにするわ。」

  
  ※みったぐない、は津軽弁で可愛くないの意。

【みったぐないことはないチビニャンズ】  
1225480423.jpg 


【暇つぶしになるから青森に来たら~?と誘われたニャ】 
1225480474.jpg 


【暇つぶししてやってもいいニャ】 
1225480841.jpg 
私、大昔に平家物語の『晴れならずといふことぞなき。』という文で
晴れがましくないことはない、つまり、まこと晴れがましいことであるなぁという意になる、
二重否定は強い肯定を表すと習いました。
母K子の言葉、私版訳 『チビニャンズ、超超~カワエエ♪』。
いや、そうだったのか。そうか。
間に立ってくれたお義母さんと、ひそかに心配してくれていた母さん、
どっちもありがとニャ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。

| 猫関連 | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めましてムーコ様
カキコミは初めてですが、実はかなり前から拝読させて頂いております(*^^)v
ん、私が誰かって?
う~ん北関東、茨●の金城武とでも言っておきますか!
わかって頂けましたかな・・・・
そうです、ムーコさんの旦那様の幼少の頃をよく知っている私です。
先日は大変お世話になりました。
最近は母もこのブログを楽しみにしているみたいですよ!登場回数も増えてますしね(*^_^*)
でも、ムーコさん、彼女の事を美化しすぎですよ~
我々兄弟はほうきやはたきの柄で何度ぶたれた事か・・
特に二男は・・・・
おっと、なんか過去の暴露大会みたいになってしまうので、本日はこの辺で!
いつでも、ムーコさん家族の幸せを遠くから祈っております。
ではまた!(^^)!

| りりこう | 2009/01/31 16:24 | URL |

りりこう様
最初、誰かわからなかったのですが
北関東広しといえど、茨城武を名乗れるのは…ピンときました。
びっくりびっくり、読んでいたのですね(照)。

ほうきでぶたれた話、田んぼを追いかけた話、
お母さんの武勇伝は聞きおよんでいます。
でも、でも、相手が理屈を積みあげてくるタイプだから気持ちわかる(笑)。

>いつでも、ムーコさん家族の幸せを遠くから祈っております。
ありがとうございます^^
三男坊さんが大好きな人だから口には出さないだろうけど
喜んでいますよ~。
恥ずかしがりのお姉ちゃんにはまた一緒に動物と遊ぼうねと、
小さな茨城武クンにはまたブリブリバーン!!!の昔話教えてねとお伝えください。

| ムーコ | 2009/01/31 16:24 | URL |

りりこう様
再度のコメント、ありがとうございます^^
蟹のファイティングポーズ、それはまたずいぶんと昔まで!!ありがとうございます。
長く書いているけれど、私が一番好きなのは
小梅シャラポワに変身す…です。

りりこうさん自身も自閉症に関する漫画を読んだり
ドラマを熱心に見てくれているという話はお母さんから聞いていました。
そういう話を夫婦でしては、ありがたいなぁと。
ショマは知的障害もけっこう重いほうですが
長く一緒に暮らしていると、数値では計れない彼のよさも見えてくるようになって…。
先日見てもらったとおり、ウチにはたくさん家族がいて
皆それぞれいいところがあるけれど
柔らかい雰囲気を運んでくれるという点ではショマは最高だなと。
家族皆で少しずつ補いあいながら暮らしたいという気持ちも持ちつつ、
ショマが好きと言ってくれる友達も数人出来て
関係性が家族だけでなく外部にも広がってきているのも嬉しいことです。
ゆっくりペースだけどちゃんと進んでいるんだなぁと思います。
あ、私も飲んでないですよ。

>私は兄には父親かわりに時には怒られ
これね、本人はやりすぎたと後悔しているみたいです。
どんだけ鉄拳ふるったのか想像するだけで恐ろしいです。
昔のりりこうさんが可哀想になるくらい。
あんまり書くと本人が出てきたら困るのでこの辺で。
でもいいですよね、>顔は俺の方が数倍上だし、ふふ。
あ、笑っちゃだめだ、茨城武なのに、ふふ。
だめだだめだ私ったら、ふふ。

| ムーコ | 2009/01/31 16:26 | URL |

いいご家族ですね。

| lotta | 2009/01/31 16:26 | URL |

lotta様
lottaさん、ありがとうございます。
自分たちの知らないところで、
見守ってくれている人がいる、いたというのは
今になって気付く、知るところでもあるのですが
不思議で、そしてとても幸せなことなんだなぁと思います。
今現在もそういうことが起こっているのかもしれない、
そのように想像すると前を向いて少しずつでも進もうと思えてきます。

『ネコが元気をつれてくる』、スタートおめでとうございます。
リンクしたいのですが、リンクページがいっぱいなので
後で別ページを作りますね。
トビ君執筆のエッセイ、茨城のお母さんが読んでいるので送ってくれるそうです。やった。

| ムーコ | 2009/01/31 16:27 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/34-cf35847c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT