PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

面影

今月の11日から12日にかけて、一泊二日という慌しい日程ではありましたが
お母さんが仙台に来てくれました。
様々な事情…大半は私が絡む事情で、
夫の実家にも顔を出していなかったので数年ぶりの再会でした。

初日のお昼は一緒に牛タンを食べに行ったり、アウトレットモールに行ったり。
一緒に来てくれた夫の弟家族は温泉旅館に泊まるということだったので
その夜はお母さんだけを我が家に招きました。
夕食をともにして、夜はショマとスズとお母さんとで布団を並べて
川の字で寝てもらうことに。
人が来るとチビッコたち興奮して寝ないんだな~。でも久しぶりなので強制川の字。
翌日、子どもたちすぐ寝ましたかと聞いたら、スズがはなかなか寝ずに
お母さんは延々と『黄金伝説』のデカ盛り伝説のビデオを見せられていた模様です。

2日目に弟夫婦と合流して
みちのく杜の湖畔公園へと遊びに行きました。 
1225399718.jpg 
弟夫婦の子どもは、写真に写っているスズと同じ年の女の子と
3歳の男の子がひとり。
3歳ながらとてもお喋りが上手で、昔話を作って話して聞かせてくれました。
(しかし、オチがウ●コネタに落ち着くところがやはり3歳なのでありました…。)
最初はぎこちない様子の子どもたち、
…というかスズが注目の集まる3歳ちびちゃんに
焦げるほどに焼きもちを焼いていたようですが
公園に来たら、スズも何もかもがどうでもよくなったようで4人で弾けて遊んでいました。

【鯉大好き】 
1225400304.jpg 
水面には色づいた落ち葉がたくさん浮かんでいました。
紫色に色づいている落ち葉もあり、
ショマが『紫色、焼き芋みたいです。』と嬉しそうに触っていました。
夫の弟が私と一緒にその言葉を聞いていたのですが、
いろんなことがわかるようになったんだなぁとポツリと話しかけてくれました。
私が夫と結婚することになって、お父さんの法事で
夫の親戚と顔を合わせる機会がありました。
まだ私も若い時分だったのでカチコチに緊張していたのですが
そのときも緊張がほぐれるように夫の弟が冗談めかしてポツポツと話しかけてくれて
その心遣いがありがたかったのを思い出しました。
あれから何年も経ったんだなぁ、流れ流れてここまできたよ~と
演歌の歌詞に出てくるような感慨に浸った秋の気持ちのよい一日でありました。
お母さんたちともここでお別れ。

後日、お母さんから電話があり
ショマとスズと一緒に寝ることができて嬉しかった、
スズの寝相がとても悪かったことww、
ショマは数年ぶりでも目がキラキラしていた、穏やかだったと教えてくれました。
スズは○子にそっくりねーーー!!と言われました。
ふ、よく言われます。私の幼い頃の完全コピーのような子どもです。

  『ショマとスズもよく似ているけれど…。
   ショマの寝顔を見て、じっと目を見ていたんだけど、
   ああ、目元はウチのお父さんにそっくりだなぁって思って。
   睫毛のあたりがね、すごく似てるの。』


話を聞いて、お母さんがショマの目を静かに見つめている姿が目に浮かぶようでした。
私はお父さんに会ったことはないけれど、思い出の中に、
そしてショマの中にもまだ息づいているんだなと。嫁、胸いっぱいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 障害児育児へ
ありがとうございます。よろしくお願いします。
じ、実はまだ続きが…。こぼれ話のようなものですが後一回の予定です。

これまた余談ですが、最初に鳩の話を書いた後くらいから
家の庭に鳩が現れるようになりました。迷い鳩のようです。

【クルックー】 
1225402260.jpg 
翼がありますので、ずっと我が家に留まっているわけではないのですが
朝にご飯(たぶん庭にわんさといる虫)を我が家で食べてから散歩に行くようです。
足輪の種類も確認してみたのですが、公的な所属団体のものではないようです。
ど、ど、ど、どうしたものか。このままでも大丈夫なのかしらん。
とりあえず、まず鳩を(私が)つかめるようにしたいと思います。

| 自閉症関連 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/35-321835b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT