PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

濡れ衣

近ごろ育児に手詰まり感を覚えています、こんばんは。

ショマはそんなに大変ではないというか、大変な気もするのですが、
頭が混乱してパニックを起こさないかぎりは穏やかな子ども。
やることがなくなるとゲップを連発して楽しんだりと
確かに行動面では気になることは多々あります。
クラスに一人はいるゲップを自在に出せる子に自分の子どもがなるとは・・。
さらに自分が『おなら』をすると、その事実を私に伝えたいのでしょうが、
言葉の使い方がおかしいです。

 「あ~! ! お母さん、ブーしたなぁ。」

これは違いますね。正しくは「お母さん、僕、ブーしちゃった。」でしょ。
まぁ、このくらいは家の中では我慢しなきゃいけないでしょう。
私だって聖女ではありませんもの、
筋肉がゆるんで空気が漏れることがなかったとはいえない。
言葉の使い方が間違っていることで、結果的に私のせいにされたからといって
いちいち目くじらを立てているのでは、
それこそ尻の穴がゆる、いや小さい人間ってものです。

今困っているのはショマよりスズのこと。
汚い言葉を好んで使ったり、大きい声を出してみたり。
家にいる時が最もリラックスできる状態のスズは、
家にいる時ほど、してほしくないなという言動が多いようです。
そして「ごめんなさい」という言葉。
スズは叱られるととりあえず「ごめんなさい」と言うことで全て終わりにしようとする。
悪いことをしたらごめんなさいと素直に謝る、大事なことです。
しかし、自分の子ども時代のことを振り返って考えると
親だから、親が言っていることが全てだからと問答無用で叱られるのがとてもとても嫌だった。
だから、今私が叱っている理由をスズには聞いてほしい。
反論があるなら聞こう。話し合おうではないか。つたない言葉でも伝えてほしい。
と思っているのに「ごめんなさい」でスズの中では一件落着。
あとはさっぱり聞いてないとくる。

月曜日、スズの病院の日だったので上記のこと諸々先生に吐き出してきました。
先生が言うことには、やはり「ごめんなさい」と言うことを区切りにして
叱られるのはもう嫌と情報をシャットアウトしているとのことでした。
誰だって自分にとって耳の痛いことを言われたり、痛いところを突かれるのは嫌でしょう。
お母さんだって嫌なこと言われるときは耳をパタンと閉じて餃子の形にしたいよ。
でもそれでは本当に理解したことにはならないよね。
理解は難しくても聞く姿勢は持ってほしいと思っている。
で、先生、解決策はあるのでしょうか?

 お母さん、根気よく教え続けていくしかありません。

出た、根気。
ああ先生、私どれほど根気強くなればいいのでしょうか。
先生、時々私汚い言葉で叫びそうになります。

 ブーしたのはアタシじゃねぇっっ って。

これは長男の問題の方ですね。
とにもかくにも根気が途切れそうになることが度々です。
でもブーしているのは私じゃないと書いただけでスッキリした。爽快感。

| 自閉症関連 | 02:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

謝る事はとても大事なことで、
それが素直にできるのは素晴らしいこと・・・
と一概には言えないのですね。
私も叱られたとき、謝る事がすごくイヤだったり
悔しかったときのことを思い出しました。
前に甥っ子を叱って、あんまり謝らないので
がっつり叱ってとうとう泣かせたときに
私の母に『そんなに子供を追い詰めるもんじゃない』と
言われたことを思い出しました。
私は小さいお子さんのいるブログを時々読むのですが
やっぱりお母さんも溜め込まないで
ぶっと吐き出すことは大事だと思います

| keia | 2009/01/17 08:28 | URL |

今回ばかりは私はシュマ君に一票!
実はココだけの話、わたし、プーよく出ます。
ごめーん、長女の小さい頃は長女のせいにしてました。
次女はこれが通じないんだ・・・

次女は未だに内と外の顔が違いすぎます。
家ではまさに女帝、エカテリーナまっつぁおです・・・
勘弁してほしいです。

4人目にして、初めての子育てをしているがのごとく、毎日が試練です。
次女をまともに相手にすると皺が増えます・・・

| ガブリエル | 2009/01/17 08:29 | URL |

うちもね、
びりびりがぷーをするとびりちちがわたしのせいに
するのよーっ。
ひどいっ。
ぷーしたのはわたしじゃねぇ!
ーって、そんな話じゃないわね。

わたしは母親ではないので、よくはわからないけど
子育てって、自分の持っている考えをどんどん捨てていく
って事なのかな。
この話を聞いていて、昔のわからずやな人を思い出した。
でも、いくら根気強いムーコさまでも
夜中の2時に
叫びたくなる気持ち
わかるよ。^^;

| びりはは | 2009/01/17 08:29 | URL |

根気よく・・・。これって忍耐?
犬のしつけにも言えることですよね。バンフの先生にもよく言われました。おじさんを噛んじゃうのは私たちに根気がなかったのかな~?
ショマくん、確かに日本語違うけど・・・。でもうちでは正解かも。恥ずかしながら我が家はよくプーします。パパなんて外でもしょっちゅう。しかもお店で商談中とかに・・。しかも超臭い!お店の人も気づいてると思う。でも最近私も人のこと言えないかも・・・。なんか無意識にしている時が・・・。おそろしいです。

| バンフママ | 2009/01/17 08:30 | URL |

ムーコさん、こんばんは。
やっぱり、ズズくんは、うちの長男に似ているような気がします。
いつも怒られると、とりあえず「ごめんなさい」とは謝るのですが、多分、そう、嫌な事は終わりにしたい、シャットアウト・・・という感じです。叱られた理由や、自分が悪いことをしたという事を、どこまで理解しているんだろうか、私はどうやって接していけばいいんだろうか・・・私の頭の中は、最近、とにかく悶々としています。
うちの場合、子供たち、ふたりが抱えている問題は、ぜんぜん、違うので、悶々×2倍です(笑)
根気強く・・・私もそうありたいです。でも、子供より先に切れてしまう事も多々あります。なんとか、そうならないように、根気強く、言葉を噛み砕いて、伝えていくしかないのかな。

寒くなってきましたね。お子さんたち、お風邪などひかないように。
あ、誰よりもムーコさんも、お身体、気をつけて。ママが倒れると、大変ですよね。

| minori | 2009/01/17 08:30 | URL |

keia様
子どもと接するときは、自分が子どもだったときのことを思い出して
あのときはこうしてもらえて嬉しかったなぁ、
いやこうしてほしかったな、など考えて接するようにしています。
あくまでも当時の私の気持ちであって、今の私の子どもに当てはまるのかはわからないんですけど(^_^;)

keiaさん、
突然ですが温かくて、それでいて少し寂しげで懐かしい感じのする
keiaさんの文章が好きです。
そんな方に「ぶっと吐き出す」なんて書かせてしまって、、
私、私、とっても笑いました。

| ムーコ | 2009/01/17 08:31 | URL |

ガブリエル様
カブリエルさん、人のせいにする方法はいかがなものでしょう。
私は素知らぬふりがよろしいかと思います。
先日、こんなことがありました。長いけど聞いてくださいますか?

スズを保育所に迎えに行ったときのことです。
まだ数人のお友達と遊んでいました。
私はそっと微笑みながらその様子を見守っていたわけです。
そうしたら異臭が漂ってきたんですね。誓って私が異臭の元ではありません。
さらに女の子が変な臭いがすると先生を呼びに行ったわけです。
駆けつける先生。先生は側にいた私を思いやってか臭い匂いはしないと女の子に教えていました。

いいえ、くさかったです。そして多分私が疑われていた。
気まずい空気。こうして幼子も臭い匂いがしても臭いと声を大にして言ってはいけないと学習するんだなと思いました。
もう一度言いますが、そのときは私じゃありません。マジで。

| ムーコ | 2009/01/17 08:31 | URL |

びりはは様
さっきまでずっと石垣島に移住したマークパンサーの生活っていう番組が入っていて釘付けで見ていました。びりびり一家はこんな風に暮らしているのかなと少し想像できたよ。海がたくさん映って、画面の端で犬が石を取っていたらどうするベーと夢中で見ていたが、マークパンサー宅のラブラドールしか映らんかった、ちぇ。

男性ってね、どうしてそうなのかしら。
私も小梅だって言っているのに、違うって疑われるよ。
乙女の恥じらいで小梅に罪をかぶせているのがどうして分からないのかしら。鈍感よね~。あれ、びりははは本当に違う?

子育てってどうなんでしょ。
信念を持って自分の方法で育児を貫く人もいるだろうしね。
私はあまり芯の通っていない人間なので、よい方法があればそちらに流れ着くよ。
でもその方法が合わなかったらやめるかな~うふ、根気ないね。

| ムーコ | 2009/01/17 08:32 | URL |

バンフママ様
ここでこっそり言いますが、
自閉症の子に対する育児の方法とワンの躾の方法論はよく似ているんですよ。
ワンの場合も問題行動があったら無視が効果的と言いますよね。
自閉症の子も問題行動に対して執拗に注意することが、かまってもらえている=喜びにつながり、より問題行動が多くなってしまう場合があるようです。
問題行動は無視無視、と思ってもうるさく口出ししてしまう母です。
忍耐が足りない?

後半の部分についてはバンフファミリーのイメージが、
素敵でおしゃれなバンフファミリーのイメージがっっ。
パパ、商談中は締まっていこー。
バンちゃんはしないのかな。
うちは竜はしないけど、小梅がプップカスーです。

| ムーコ | 2009/01/17 08:32 | URL |

minori様
minoriさん、こんばんは♪
情報のシャットアウトは困りますよね。
私が怒っていることは口調や表情からは察していると思うのですが
理由まではわかっていないと思います。
「ごめんなさい」と言うと自分の中では終わったことなので、
私が理由を言っていてもニコニコしたりしています。
その顔を見て、伝わっていないことがわかるとぐぐぐっと徒労感に襲われますね。「ごめんなさい」と言って切り抜ける方法でも、スズが生きていくために自分なりに得た知識ではある、となるべく良い方に考えるようにしています。

スズに関しては、場にそぐわない行動や言葉があったら、その都度言って聞かせるということをしようと教えてもらっています。置かれている状況の中でしてはいけない行動を関連づけて覚えさせていくしかないようです。
反対にお兄ちゃんの場合は、問題行動があったら無視が効果的と言われます。

せつせつと説明をするのも、無視も難しいです。
うちの場合も物の覚え方、得意な分野などが全く違うんですね。
兄弟でこだわりがぶつかりあうこともあるしで、
私も悶々としてキレることはしょっちゅうですよ。
子育て迷路は辛いけれど、自分に足りないものを子どもからもらうことも
あるし、不完全な部分を補い合いながら生きてるよなーと実感する毎日です。

愚痴になっちゃった。
minoriさん、お気遣いありがとうございます。
お互い体調管理に気をつけましょうね。
またお話聞かせてください、励みになります(^-^)

| ムーコ | 2009/01/17 08:33 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/398-abba8837

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT