PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

乳兄弟

高校生になった姉はペチャンコにした学生鞄を持つようになりました。
姉は父母に対しては無口で、強く反抗することはほとんどなかったのですが、
そのことに関してはいつも母と揉めていたように思います。
私にはツッパリに憧れるDNAが組み込まれていなかったのか、
カバンがペチャンコだろうが、ブタバッグだろうがどうでもよくな~い ?
と冷ややかに争いを傍観していたのですが、カバンペチャンコだけは姉にとって
譲れない部分だったのでしょう…でも今思い返してもホントどうでもよくな~い ?

しかし所詮姉はカラツッパリ(文注※1)。
高校生になってからの成績の下降っぷりに焦りが生まれてきたようです。
中学生の私が特に姉が苦手としていた地理をバリバリ教えました。
それなのに睡魔に負けてしまう生徒。
生徒は立ったまま勉強することにしました。
人生が終わるときに、人生が走馬灯のように駆け巡るということが本当にあるのなら
カラーボックスに体を預けて、立ったまま寝ていた姉の姿も一瞬蘇ると思います。

父母に看護婦になれと言われて育った姉も途中で脱落、
高校を卒業してOLさんになりました。
OLさんになり車の免許を取得してからは、冬場は私の高校へと迎えに来てくれました。
このことには本当に感謝、感謝。登下校で凍らずに済みました。

私も高校を卒業して、青森からはるか遠い東京へ。
特急はつかりの前で、二人で大泣きしての別れ。お姉ちゃんの鼻水にまみれた顔。
最初はもらい泣きしていた母も、私が盛岡を過ぎても泣いているので、
いいかげんに恥ずかしいからやめてちょうだいと言うのでした。
姉とはしばらくの間離れていましたが、電話のやりとりは欠かしたことがありませんでした。

姉とは結婚の時期もほぼ同じ、第一子の出産は3日違いでした。
実は「自閉症関連~昔のこと」で必要なのはこの前行の一文だけです。
長い前置きですが、今まで登場することのなかった姉も喜ぶことと思います。
姉の子どもと、私の生んだショマがたった3日違いで生まれたことで、
ショマの発達がほかの子とは明らかに異なっていることが
比較的早い時期にわかったのだと思います。

姉の子どもも長男は8歳に。
ショマがもし通常の発達の過程を遂げていたなら、同じような姿を見せてくれたでしょうか。
_4967990252f63.jpg 
……左の子がショマと3日違いで生まれた男の子です。
ショマは姉のお乳も飲んだことがあるので乳兄弟です。
姉は現在『氣志團』にはまっており、これは氣志團のギグに行ったときの衣装だそうです。
別にショマは今のショマのままでもいいのではないかとも思えます。
私がジャッキーチェン好きから再び中華芸能方面にはまったように、
嶋大輔を好きだったという姉の記憶は新たなツッパリを呼び寄せたようです。
人格形成が未熟な頃に夢中になって打ち込んだことでも、
記憶の底にしっかり根をおろしているものなんですね。

文注※1 当時の青森では気合の入っていないツッパリはカラツッパリと言われ
      嘲笑された。

| 自閉症関連~以前のこと | 17:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
わたしは男の兄弟しかいないので、姉妹という響きに
憧れをいだいていたなぁ。
仲良しの姉妹なのだね。

鞄はペチャンコじゃなきゃっ!
熱湯かけて、つぶしてつぶしてボロボロにしてましたぞ。
ムーコさんはテカテカのぶっとい鞄に白いハイソックスはいて
スカートも中途半端な長さだったのね。そこまでは書いてないけど。
前髪はきちんと眉毛のところで切りそろえて?
優等生だったのだろうね。

それにしても、面白いけど
ムーコさんの文章はわき道が多いや。
つまり、お姉ちゃんがカラツッパリだった、歳が同じの甥っ子がいる。
という話だね?
これをこんなに膨らます、ムーコさんも
小出しの女王だわ。女王万歳!

| びりはは | 2009/01/17 09:13 | URL |

私もびりははさんと同じで弟しかいないから、すごーく姉妹にあこがれたよ。
だから、娘は姉妹を!と思ってたよ。

やっぱりムーコさんのお姉さんだね。
おもしろそう。
お姉さんはブログ持ってないのかしら?
読んでみたいわ。

私もカバンつぶしたかったけど、私のかばんはその当時、出始めたばかりのクラリーノに両親がしてしまいどんなことしても太いままだったよ。
しかも色も変で凹んだっけね~。

あー、お姉さんのブログ読みたい・・・

| ガブリエル | 2009/01/17 09:13 | URL |

びりはは様
小出しクィーンの称号を戴いて恐縮しています。
3行で終わるところを2回分で!
これからも読む人の迷惑も省みずこの方法で進んでいきたいと思います。

ペチャンコにするには熱湯までかけるのか!
手間暇かかるんだね。
私は姉とは3歳違いなのですが、少しずつ短いスカートに
流行が移りはじめた世代ですの、おほほほーー。
でもルーズソックスは履いたことがないのでどんなものかと興味があります。
今履いて歩いたらモテるかな。それとも殴られるのかなぁっ?

| 小出しの女王 | 2009/01/17 09:14 | URL |

ガブリエル様
私は逆に男兄弟に憧れたなぁ。
とんでもなくかっこいい兄。
でも姉ちゃんの顔を見ると、そういう兄は生まれなかっただろうなと思います。

姉は文章を読んだり書いたりするのが苦手なんです。
小説も一ページ目の意味を把握するまで何度も何度も読み返して
そのうち寝てしまいます。
漫画を読むのも驚異的な遅さ。流行り物には弱いので最近デスノートを
買ったらしいのですが、読むのがあまりに遅くて8歳の子どもから苦情が出ているらしいす。そんな姉が大好きで意味もわかってスラスラ読める漫画は工業哀歌バレーボーイズです。←知ってる?
ですからブログを書くなんてことは今後も絶対にないと思います。

姉は昨夜、ブログ読みたいって言われちゃったとガブさんのコメントを読んで喜んでいました。ありがとう~~~。

| ムーコ | 2009/01/17 09:14 | URL |

ムーコさんにはお姉さんがいたのですね。
新事実にわくわくしています。
ムーコさんのお姉さんもそうとう面白い方の様子・・・
姉妹っていいものですよね。
『夜の会』とは、なんて文学的なんでしょうか。
思わずうなってしまいましたよ。ムーコさんのルーツを見たような
そんな気持ちになりました。(勝手に)
幼いころのそういった遊びって思い返してみると
改めておもろいです。
私はよく妹と、ソファを船に見立てて、ソファの周りの床は
毒の海(ドクミ、と言っていました)という設定で遊びました。
落ちたら、毒にあたって死ぬんです。だけどこれが落ちるんですよ。
落としあうわけでもないのに。
でも大丈夫、落ちたらベビーチョコを一粒食べると
それが特効薬になり助かるのです。
・・・思い返してもあほらしい遊びでした。
お姉さん、スカートはずるずるくるぶしまで長かったのでしょうか・・・?
ちなみにうちの姉は長かったです。そりゃあもう。
時代ですね・・・

| keia | 2009/01/17 09:15 | URL |

keia様
姉がいたという事実でわくわくしてもらえるなんて。
私に興味を持ってくれた人がいるという事実に
私こそわくわくしたい気持ちです。

姉はそんなに面白い人ではないです。
兼業農家に嫁ぎ、お姑さんが丹精こめて育てた野菜を
道の駅で売りさばき自分の小遣いにすることに血道をあげています。
道の駅ビジネスにのめりこんでからは電話も来なくなりました。
お金は人間を変えてしまうものです。気をつけたいですね。

どくみ遊び素晴らしいではありませんか。
子どもの時は道を歩くときでも、このタイルから落ちたら命が危ないなどの設定遊びはかなりやりました。皆そうなのでしょうか。
私だけかと思っていたのでどくみ遊びで安心しました。

R君の良き母であるお姉さんもスカートズルズルだったのですか。
私たちはもう短い世代ですもんねー。んねーっ。……私はかなり苦しい。

| ムーコ | 2009/01/17 09:15 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/406-aac16d9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT