PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうしようもねえ魚

ボタニカルガーデンを後にして、釣り堀へと向かいました。
ボタニカルガーデンへと行く途中、「渓谷沿いの釣り堀」という看板を目にして
夫が子どもたちにも魚を釣らせてみたいというので急遽行くことにしたものです。

看板を見ながら釣り堀へと到着。
ちっちゃい小屋には誰もいません。
人がいないときは携帯に電話してねと小屋に書いてあったので、
電話するとおじいちゃんが一人現れました。ここも個人所有のようです。

おじいちゃんから料金の説明を受けます。

 ① 子どもの場合、子ども料金で釣竿代400円・えさ代が300円。
    釣った魚は一匹200円で買い取り。

 ② 大人はお楽しみ代として2000円。
   2000円の中には魚10匹までのお代が含まれます。その他、釣竿代、えさ代は別。

どっちだ、どっちが得なんだ。頭がまわりません。
おじいちゃんはお金のことなど興味がないような浮世離れした雰囲気を醸し出して
おきながら、こんなに惑わせるとは商売を知っておられるようです。
なんだかよくわからないまま、夫がどっちでも同じさというので
子ども二人分の竿を借りることにします。

_496799f2edeb5.jpg 
すぐ釣れます。入れ食い状態。
ショマは竿を動かしてしまうので難しかったのですがスズでも簡単に釣れます。
ご飯もらっていないんだろうなぁ。
1時間の時間制限がありますが、1時間釣っていたら
釣った魚できっとお財布が空になります。

この釣り堀の後ろにはオーナーが作ったと思われる歓談の場が設けてあるのですが
椅子もテーブルも悲しいくらいにボロボロです。
先ほどボタニカルガーデンでオーナーが個人で作り上げた素晴らしい庭を見た後なので
じっちゃんオーナーの仕事ぶりの違いが私の中で際立ちます。
私ここをきれいにしたいなぁ、雇ってくれないかなと思います。
青森に「イワナの村」という釣り堀があるのですが、
そこでは釣った魚を調理して食べさせてくれます。
この日行った釣り堀にもバーベキュー用 ? のドラム缶が寂しく転がっていたので
かつては釣った魚を焼いて食べさせていたのかもしれません。

私たちの他に4組ほどの親子がいましたが、その中にいた小さい子が転がっていた
死んだ魚を触って母さんに滅茶苦茶叱られていました。
よし、私がオーナーになったらこの魚の撤去から着手。

本当に渓谷はありました。
_496799f5008fd.jpg 
ああ、オーナーになりたい。少し手を加えればもっともっと素敵な場所になるはずなのに。
でも現状のままでもなかなか味がある気もするし。

この日は1時間の時間は使わず、13匹釣ったところで終了。
ニジマス10匹、イワナ3匹。
もう終わるの、とオーナーおじいちゃんが問いかけてきます。
うん、たくさん釣ったからね、もういいです。楽しかったですよ。

 「こんな魚、いっぱい持って帰ったってどうしようもねえからな。アッハハッハ。」

オーナー自らがどうしようもねえと言うとは潔よすぎ、です。
じいちゃんが持って帰ってもどうしようもないと言った魚は今現在、
煙にもうもうと巻かれて燻製にされているところです。

| | 13:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい!
ムーコさんは燻製も作るのですか?

本当にビックラです。
面白い文章を書ける人だけではなかったのですね。

それにしても子供と犬のブログでこんなに魚の話がよ
く出るとは。
なぜカテゴリーに「魚」がないのでしょうか・・・

ムーコさん、以前に私と似ていると言ってくれたことがありましたが、私はこんなにマメではあ~りません。
昼寝だけはマメにとりますが。

| ガブリエル | 2009/01/13 10:35 | URL |

ガブリエル様
燻製作りの様子は明日よかったら読んでみてください。
今、自分がとてもくさいです。
これから子どもたちを寝かせて、つまみで試食です。

>それにしても子供と犬のブログでこんなに魚の話がよ
く出るとは。
それはほら、月イチ釣りブログになっても違和感のないように・・。やっぱり魚カテゴリーも作るかな。でも作ると話題がなかったりするのですよね。美容なんて3つだけですよ。それも毛の話。

私も昼寝マメですよ。ごきげんよう見てるとたまらなく眠くなる。ガブリエルさんはおしゃべりクッキング派?それともみの&佳代派? 意表をついて教育テレビ再放送アワー視聴かしら。

| ムーコ | 2009/01/13 10:36 | URL |

わたしもガブリエルさんと同じ~。
ガブリエルさんってはじめは外人かと思ったけど
そうじゃないのね。

すごいな。ガーデンの人。
こんなに広いトコ。1人でやったのかな?
いろんな構想は立つけど石垣島では全てを破壊するヤツがくるからなかなか。。
うちにもいろいろと夢があって、たくさんの果物を
作って三年後、7年後には、、と楽しい想像をしていたがここでは無理だった、ということが最近判明。
うらやましいな、好きなんだろうな、楽しいのだろうな。

釣りのおじちゃんの気持も分かる。
年をとると気力が失せて広い事が苦痛になるし
一旦休むともう取り返しがつかないし、
体が追いつかないのでしょう。きっと。
石垣島にはこんな店がゴロゴロあるよ~。

どっちも見てる分にはいいけど、やるとなると
見えない苦労がたくさんあるのだろうな。

| びりはは | 2009/01/13 10:37 | URL |

以前、ニジマスの釣れる釣堀へ行ったときに
もう、釣竿を垂らすとすぐにワラワラと群がってくる
ニジマスに恐怖を感じたkeiaです、こんにちは。
釣堀って、どこもそんな感じなのでしょうか??
もう少し『あーはやく釣れないかな~ドキドキ』と
そんな気持ちを味わえるものだと思っていたので
びっくりした覚えがあります。
でもお子さん達はきっと楽しかったでしょうね。

| keia | 2009/01/13 10:37 | URL |

びりはは様
ガブリエルさんと同じってことは「子」のつく名前 ?
びり子 ? マメじゃないというポイントが同じかしら。それは私も同じですわ。ガブリエルさんは外国ではなく千葉国のお姫様です。

ガーデン、詳しくは分からないけど、もともとはご夫婦で始めたとテレビで聞いた気がします。おじいちゃん釣り堀では、私達がいる間にひとつの椅子が突然崩壊しました。外でやっている商売だと、物が古びていくのは仕方ないのかもしれませんね。

>どっちも見てる分にはいいけど、やるとなると
>見えない苦労がたくさんあるのだろうな。
「石垣島人入門」見てると、十分ひとつのものを作り上げてるよ。主導している、びりちちすごいよ。赤ジャージも可愛いし。台風の被害は本当にひどかったんだね。島バナナ残念。本格的に農業をされている方は大変なことでしょうね。早く緑が戻るといいけれど。

| ムーコ | 2009/01/13 10:38 | URL |

keia様
青森で行っていた釣り堀は、入れたら釣れるというほど簡単には釣れなかったのですが、ここは入れたらかかるの繰り返し。うちの子どもたちは待つのが苦手なので丁度よいかなと思いました。

青森の釣り堀にはルアーで釣るコーナーもあり、ルアーはやっぱり素人には難しいです。イメージとしては映画「リバーランズスルーイット」のブラピのように髪をなびかせて、でかいマスを釣り上げる私、でしたが根がかりばかりで飽きてしまいました。いやー、当時のブラピは美しかったなぁ。唇がふっくらしててねぇ。思わずチュチュしたくなるようなねぇ、はぁ。今は奥様のアンジェリーナの唇ぷっくらに押され気味ですが、って関係のない話になってしまいました。ごめんなさい。

| ムーコ | 2009/01/13 10:38 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/447-81956e27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT