PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本能と痴情の間で

今日はショマの病院に行ってきました。
この日記は○○に行ってきました、というと病院ばっかりというのは、
既に書いている本人も気づいていますが、
最近家に篭る時間がますます増えてきているので病院といえど貴重な外出先。
でも今日は行って帰ってきただけでした。診察受けずに帰宅してしまったわ~。
10時に行ったのに2時まで待っても呼ばれないので、ショマのお迎えに間に合わなくって。
病院の椅子で小説を読んで、時々スヤスヤと眠って。
タリーズコーヒーのベーグルちっちぇーーーとおののいて帰宅しました。

今だ病院通いをしているのは竜も一緒ということで今日の日記に無理やりつなぎます。
腰を痛めた竜でしたが、関節の痛み止めやサプリメントを飲み、ずい分元気になってきました。
ちょっぴり驚いて腰がぎっくりしてしまったことは、竜にとっては忘れ去りたい過去なのか、
まだまだイケてることをアピールするようになってきました。
特に小梅に対して、自分はまだ老年ではないこと、少なくとも壮年期であることを
知ってほしいとアピール盛んなこの頃です。

※ここより素敵な画像が含まれますので、お手数ですが、酸いも甘いも噛み分けた大人
であるという方はRead Moreをクリック願います。



腰の状態が良くなってからというもの、散歩中歩くのが遅れてますよ~と振り返ると、1151389400.jpg
こうなっていて、

あっという間に、
1151389508.jpg 
この形。

昔は野犬が数多くいて、この形のまま走り去っていく2頭の犬をよく見かけたものですが、
今はきちんと飼う人も増えたので、リードをつけた飼い犬がこんな形で前進しているんですよ。
いいえ、こんな2頭立てあまり見かけません。

今まで散歩中にこんなことをする犬ではなかったのに。
腰を痛めたことで、男として認められなくなると焦りを感じているのかもしれません。
思い返せば、黒ラブの若い男犬と小梅が親しくした後にもこのような行動が見られました。
本能で動いていると思っていた犬の世界にも痴情のもつれが存在するのでしょうか。
竜が壮年期の大人の男であるなら、リードやら2頭の体やらがくんずほぐれつして、
もつれあっているのを、人目に触れる前に必死に引き離す私の大変さも知ってほしいものです。

| 犬関連 | 15:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして、「小梅、犬 ラブラドール」で、一ヶ月程前にここにたどり着きました。
そしたらば、なんと面白いブログかと。
本当に私の感性?にビビビっときまして、全部過去記事まですべて拝見してしまいました。
そしたらば、PC椅子から転げ落ちるほどの面白さ!(頭をかる~く・・・)
それまでは読み逃げをばしていたのですが、あいすみません。
実は我が家にも小梅がいます。
ラブのMIXですが。
小梅ちゃんに色毛は同じイエローです。
本当に癒されます。
これからもブログ楽しみにしています。

| ガブリエル | 2009/01/12 13:50 | URL |

はじめまして、ムーコと申します。
そんなに楽しんでいただけたなんて、かなり感激しています。
そして、小梅ちゃんがいるのですね~このことにも感激!! 癒される存在ということは素敵なお嬢様なんでしょうね♪機会があれば是非お写真拝見してみたいものです。

我が家の小梅はお腹の調子を崩したようで、部屋の中が現在癒しとはほど遠い香りが浮遊しています。部屋の中で「トイレその後に」を爆噴射することになるとは。
臭い話で終わってしまいましたが、是非また遊びに来てくださいね。

| ムーコ | 2009/01/12 13:50 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/508-d79fe6dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT