PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鹿我慢


昨日は竜の怪我でションボリモード、心配で心配で夜も眠れないわと思っていたのが
夕方になったらしっかりお腹が空いてきました。いいの、私は所詮身勝手な女という生き物。

でも予定していた夕食の食材が『鹿』だったのが、なんとも食欲をそそりません。
そうです、ムーコ家はハンター一族、だから犬を飼っているのです。
小梅は風船を割らずに持ち運びできる、つまり獲物を傷つけず回収することのできる犬です。

ではなくて、家人が上司から頂いてきたものです。

上司の友人ハンター「鹿あげるネ」→上司「もらったけど、僕は食べたくないなぁ」
→後輩の皆さん鹿ドーゾ という経緯でウチにやってきた模様です。
そういうの日本語でなんていうか知ってる?  お・し・つ・け・ら・れ・た、って言うんだじょ。
新婚夫婦のように夫を優しくつついてみます。もうすぐ結婚10年です。

まぁこのサラリーマン社会、鹿をもらって人間関係が円滑に進むならいいのでは。
でも料理法がわかりましぇん。ネットで調べてみると、濃い味付けが合うとのこと。
メニューは『鹿シチュー』&『ロースト鹿』で決定です。
本当に美味しいのでしょうか。でもシカシチューシカシチュー∞とつぶやいていると
シチューに入っている肉は鹿しかありえないという気持ちになってくるのが不思議です。
『ロースト鹿』は塩、胡椒、ローズマリー、オリーブオイルなどを塗りたくってから
フライパンで焦げ目をつけてから、オーブンで焼くようです。
レシピには300万年前の塩、と指定がありましたが、そんな昔の塩ウチにはありません。
えぇい、料理は心だ、神田川先生宣伝の塩で代用です。

はぁ、私も結婚10年にしてジビエ料理を作るようになったか。感慨深いものがありますが、
昨日ばかりはどうにもこうにも料理をしていて申し訳ない気持ちになりました。
_49679b79f20ae.jpg 

写真は昼間に撮ったものですが、この状態でずっと竜がクタッとなっているので、
鹿に関する連想が進みます。火を通す前の肉は赤身で柔らかく、山野を駆け巡り
このしなやかな筋肉が作られた。なんで捕まったのじゃお前は・・・。

鹿料理、頑張って二品作りましたが、もらってきた夫は朝家を出るとき僕食べないと
宣言していたし、ショマはもともと肉類が好きではない子ども。
食べ物に関してはチャレンジャーの私も、シチューを少し食べただけに終わりました。
味自体は、うーん、牛肉の赤身にレバー風味付加というか、貧血予防によさそうなお味です。
普段なら好きな味だと思います。スズは気にいったようで、たくさん食べていました。
滋養がありそうなので、病み上がりのスズの体に沁みたのでしょうか。

竜は、私の鹿食我慢が効いたのか少し痛みが和らいできたようです。関係ないか。

| 料理・食べ物 | 16:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

数日おじゃましていなかった間に、竜くん、大変なことになっていたんですね。股関節なんてかわいそうに・・・。経過はいかがですか??
それにしても、ノーリードは良くない!!飼い主はどんなに自分の犬の行動に自身があっても、犬を飼う以上、そして公共の場に連れてくる以上はリードをすべきですよね。自分の犬の為だけじゃなくて、周囲の為にもそれは必要なマナーだと思います。今は犬を飼ってませんが、以前に犬を飼っていた者として、そう思います。でも私もその場にいたら、相手には忠告できなかっただろうなぁ。
竜くん、早く全快するといいですね。
ところで、ムーコさん、鹿肉ってすごいですね。一般家庭の食卓ではなかなか食せないシロモノ!

| cranberry | 2009/01/12 13:31 | URL |

ムーコさん
「竜くん、後ろ足が痛くて歩けなくなっちゃたんだって」とママに聞いて、僕は悲しくなりました。ご飯はちゃんと食べられるのですか? ママさんに食べさせてもらっているのでしょうか? 遠く横浜から良くなるように祈っています。僕のお友達も、パパもママも祈ってます。

| 6-@Za'j | 2009/01/12 13:31 | URL |

ムーコさん
「竜くん、後ろ足が痛くて歩けなくなっちゃたんだって」とママに聞いて、僕は悲しくなりました。ご飯はちゃんと食べられるのですか? ママさんに食べさせてもらっているのでしょうか? 遠く横浜から良くなるように祈っています。僕のお友達も、パパもママも祈ってます。

| おぼっちゃま犬 | 2009/01/12 13:32 | URL |

cranberry様
わざわざありがとうございます。現在痛み止めと炎症止めを飲んでいて元気も戻ってきました。

おばちゃんに言いたいことはあるものの、起きてしまったことは仕方ないですね。リードを振り上げられて叩くフリをされた向こうのワンちゃんも可哀想だなと思いました。そこで腰を抜かすとは竜も驚きすぎです。

鹿肉、どんな生き物の命でもそれを食べる人間は罪深いもの、と美味しんぼ・山岡さんの言葉で学習してきたつもりなのですが、やっぱりつぶらな瞳を想像して可哀想になってしまいました。家庭では鹿せんべいくらいにとどめておいた方が賢明でしょう。

| ムーコ | 2009/01/12 13:33 | URL |

おぼっちゃま君、わざわざありがとう。ママからはお見舞いのメールとともに役立つ情報も教えていただいて感謝、感謝です。

ご飯は自力で食べていますよ。今は痛み止め、炎症止めのお薬を飲んでいます。通院も負担になるので先生と電話で連絡を取り合って経過観察しているところです。尻もちをついてこれほど腰に負担がかかったのは関節が弱ってきているからということらしいので、週末くらいにレントゲンを撮って、明るい老後のためにはどうするべきか考えていくことになると思います。

本当にお見舞いと励ましの言葉ありがとう。パパとママにもよろしくお伝え下さいね。

| ムーコ | 2009/01/12 13:33 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/527-fd457973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT