PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気持ちが晴れない日です。

スズの風邪もやっとよくなり、今日から保育所へ。
これでひと安心と思っていたら竜が股関節を痛めてしまいました。
先日頭に小鳥をのせられていた犬にこんなことが起こるとは・・・。
事の経過を説明すると恨み節が入ってしまうので、読んで気分を害される方が
いらっしゃるかもしれません。ごめんなさい。

近、散歩コースの途中にある公園で小さなワンちゃんを放している方に
逢うようになりました。公園までは歩かせず、飼い主さんが抱っこして連れてきて
公園に着いてからノーリードで放しているようです。

今日も放しているなぁと通り過ぎようとしたときです。
小熊のように可愛らしいワンちゃんが笑顔で竜と小梅に公園から飛び出して
駆け寄ってきました。
こちらはそのまま「待て」をさせていたのですが、相手方の飼い主さんが血相を変えて

「だめ、だめっだめっだめっ○○ちゃん、だめよぉぉぉぉぉ~」

とダメ何回言った? という位ダメ連呼で追いかけてきました。
こちらが危害を加えると思ったようです。聞いてないのでわかりませんが。
内心、ワンちゃんは食べたりしませんと思ったのですが、大きな犬は恐怖感を
与えることもあるでしょう。飼い主さんの気持ちもわからずではありません。

この可愛いワンちゃん、呼び戻しが効きません。笑顔でむかってきます。
その瞬間、飼い主さんが犬を制止しようと持っていたリードを振り上げました。
さらにその瞬間、びっくりした竜がその場に座りこみ、腰が立たなくなりました・・・。
向こうのワンちゃんまだ笑顔、竜ちゃんなんでお前がぎっくり腰?
小熊ワンコを抱き上げてそそくさとその場を離れるおばちゃん。
家まで後100mばかり、抱えることも出来ず、頑張れ頑張れと励ましつつ歩かせ
帰ってきました。

人形にとって顔が命なら、四足動物の犬にとっては脚が命。
病院で診てもらったところ、背中から股関節にかけて痛めている可能性とのこと。
脚に負担になるということで今日はレントゲンなし、触診、歩かせて様子を見ての
診察だけでした。痛み止めの注射を打ってもらい帰宅しました。
年が年だけにこの一週間が予後を左右するとのこと。絶対安静です。
帰宅してからもいつもはケージ大好きっ子が、痛みで泣き、甘えて私を呼びます。

1148871641.jpg 
責任が持てないならつないでくださいとおばちゃんに言えなかった自分が心底嫌です。
ごめんなさい、ブルーな日記で。

| 犬関連 | 11:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

竜ちゃん、心配ですね。お大事に。

| 8n | 2009/01/12 13:28 | URL |

ありがとうございます。
昨日は痛みがひどかったようなのですが、今日は薬もきいて幾分元気が出たようです。静かに座っていて別犬の風味が漂っています。

| ムーコ | 2009/01/12 13:29 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/528-148e6a27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT