PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イモ子というおんな


昨日の夜はリビングのソファで寝てしまい、夜中に目が覚めてしまいました。
ソファで寝たら風邪ひくよ、竜と小梅が優しい視線を投げかけています。
ありがとう、Myワンコ達。散歩に行くまでにはまだ時間があるから、
少し仕事でもしようか。

まずお水を一杯。ゴクゴクゴク。ふと顔を上げるとそこには、
4a8ea73d.jpg

イ、イモ子(仮名)!! どうしたんだ、頭に菜箸が刺さってるぞ!!

昨夜、いつものように母は私の台所をピカピカに磨きあげていました。
キッチンのカフェカーテンも外して窓まで磨いていたようです。
母は心臓にペースメーカーを装着している身なのですが、キッチンにのぼって
力を入れて磨き上げる掃除は、ちょっとしたスポーツよりカロリー消費量が高そうです。
私が小学生の時、はじめてペースメーカーの手術を受けた母。
私はとても心配で、手術の日の日記は「あぁ、心配、不安それだけです。」と
短くまとめました。退院して私の日記を見た母は、私の一大事にそれだけか!!
と激しく怒ったのを覚えています。
母は炎の作文塾でも主宰している人間なのでしょうか。

話がそれました。イモ子はいっとき私の管理が悪く瀕死の状態に陥りました。
しかし命の炎を絶やすことなく、わき芽を出しすくすくと復活を遂げていたのです。
当初、私はイモ子をお洒落なインテリアの脇役にと目論んでいたのですが、
もうそんな終着駅はどうでもよくなっていたのです。
どこまでその生をまっとうできるか、イモ子の行き着く先はどこなのか、
それを見届けていこう、誰も楽しみにしていないかもしれないけれど、
イモ子という女の漂流する様をまた日記に書ければと思っていただけなのです。
それがこんな・・・。

つる植物らしく、すくすくとつるを伸ばすイモ子。
自分の伸ばしたつるの重みに耐え切れず、確かにダラーンとはなっていました。
それが、几帳面な母K子の美意識に耐えられないものであったことは想像にかたくありません。
だからといって、イモ子の脳天に直接菜箸を突き刺すとは・・・。
イモ子はその瞬間「イデッ!」と声をあげたかもしれません。
その声をすくいとってやれなかった私をイモ子は恨んでいるかもしれません。

朝になり、なぜ菜箸を直接刺したの? と私は母に聞けませんでした。
聞けないまま、イモ子の姿を変えた母は早春の長野へと旅立っていきました。

なぜ、聞けなかったのか。

今まで、幾つかのコスプレをしてくれたイモ子にとって、
菜箸脳天刺しは究極のコスプレ、これもまたイモ子という女の運命だと
私が判断したからです。イモ子のこれからを責任を持って見守っていきます。

| 植物 | 11:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

衝撃の映像!!
イモ子(という名だったのですね)無惨です~(@0@)
でもあの後、生きていたのですね~、植物の生命力に驚きますね。そしてお母様、大胆過ぎます!でもなんだかとてもお会いしてみたい感じ(笑)。

| cranberry | 2009/01/12 07:40 | URL |

cranberry様
イモ子という名は、思いつきでつけてしまいました。その証拠に、峰岸徹コスプレの回では「彼」と形容しているんですよねー。これからはイモ子、女性ということでいきたいと思います。

イモ子は無残な姿になりましたが、つるを菜箸に巻きつけはじめたんですよ。女というのは、したたかに生きるものなんですね。母は実際に逢うと、上品ぶるので本当の姿はなかなか見せないと思います(笑)

| ムーコ | 2009/01/12 07:41 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/558-e9dd5453

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT