PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

罪を憎んで人を憎まず


【奥さん 俺の口座に振り込んじゃいなよ詐欺】の続きです。

その日、私は主婦らしく午前の家事を終え、午後からはショマの春休みのケアサービス
の予定が入っていたので、施設へと連れていくための用意をしていました。

そんな時です。夫の会社の「後輩」を名乗る彼から電話が入ったのは・・・。
「後輩」は言いづらいのですが・・・とモジモジしながら、●●先輩(夫)が
通勤途中に痴漢をして捕まったという恐ろしいことを打ち明けてきました。

ち、痴漢!! 痴漢って公共の場でのわいせつ行為!?
今、辞書で調べたら“女にみだらないたずらをしかける男”と書いてありました!

夫は車で通勤している、一体どこでそんなみだらな行為をしたのでしょうか。
頭の中が真っ白けっけになりながら、「ほ、本当でしょうかっっ?」と尋ねる私に
電話口の「後輩」は、

「奥さん、僕だって信じられませんよぉ!! くやしいっすよ!!」

と泣き出さんばかりです。その後は何を聞いても、先輩は警察に拘留されていて
会うことができないため詳細は不明との説明を繰り返すばかり。
さらには、被害者の女性の父親という人まで電話口に現れました。

被害者の女性は、事情があり父親一人で大切に育ててきたという設定になっていました。
「父親」は九州へ出張に出かけるため、空港にいたところ、
娘が痴漢に遭ったという知らせを聞き駆けつけてきたのだそうです。

私の夫はかなりまじめな人間。痴漢などするはずがないという思いと、
まじめだと思っていたのは私だけで、知らない顔を持っていたのかという疑いで
すでに私の頭の中は混乱状態に陥っていました。そして、ついに

普段抑圧されていた性癖を開放した>痴漢などするはずがない

という公式が出来上がりました。
私が、子どもの教育上よろしくないから雑誌の袋とじは開けないようにって言ったからだ、
障害のある子を二人も抱えてストレスを感じていたのだと
夫をかわいそうに感じる優しい気持ちと、
穏やかに、そしてしんみりと、いかに娘を大事に育ててきたのかを語る被害者女性の
「父親」の話とで、私のつぶらな瞳からは涙がこぼれてきてしまいました。

その直後です、金を振り込めという話が出たのは。
再び、「後輩」に電話の相手がかわり、被害者の弁護士と協議の結果、
150万を今日中に振り込めば、示談を成立させることにしたと言うのです。

ひゃ、ひゃくごじゅうまん!!・・・・ウチラ持ってなぃしぃ。
ここは、いっちょ家族の者に相談していいですか、と言ったところ、
「後輩」は絶対に秘密裏にコトを進めたいので、言っちゃだめです奥さん!! と。
その後、口座番号を教えてもらい、

「今日中に振り込めさえすれば、明日からはまた会社の一員として
 頑張っていけるんですよ、奥さん!!」

と「後輩」に励まされながら電話を終えました。
電話を終えた後も私は放心状態。ショマもケアサービスに連れていかなきゃ、
キャンセル料とられちゃうし、などとボーッとして考えていました。
150万を騙し取られようとする人間がなぜ数千円のキャンセル料にこだわるのか。
夫の犯した罪で、これからはご飯に塩だけふって食べなくてはいけない生活になる、
と主婦として極貧生活への覚悟をしていたのでしょう。

とりあえず150万はなんとかしなければ・・・。
ここは夫を産んだ人、お姑様に電話して相談するのだ。・・・不在。
どこに行ったのですか!! イトーヨーカードーですか!! 息子の不祥事ですよ!!
もう銀行が閉まるまで時間がない。
もう恥をしのんで私の実家に相談するしかない。
泣きながら、夫の不祥事を告げる娘に父も母もびっくりしたようです。
「あんなクソまじめがそんなことするか! 携帯で連絡取れ!」
と指示を受け、いったん電話を切りました。

・・・あぁ、携帯。警察にいるから取り上げられてると思うけど。
やっぱりつながらない。警察にいるんだもの。

その後、また実家から電話。
「お前、それ、オレオレ詐欺じゃないのか?」
という父の言葉に頭の中がぱぁぁぁぁっと晴れ上がるのを感じました。
オレオレ詐欺、振り込め詐欺、そんなフレーズ、ひとつも浮かばなかったよ(´▽`)

そこへ、夫から電話が。「パパ、痴漢したの!?」という私の問いかけにまともに答えず、
「なんか、変なことになってるでしょ。詳しく教えて。後は全部やるから。」
と、今日起きたことを聞くだけ聞いて、さっさと電話を切られてしまいました。

後で聞いた話ですが、夫の携帯にひっきりなしに電話がかかってきて、
怖い人がいろいろ因縁をつけるのだそうです。切っても切ってもかけてくるので、
誰かと連絡を取れないようにする意図があるのではと、
夫は疑問を感じ、家に電話をしてきたようです。

その後、私のもとには警察から電話。
奥さんの対応でいいんですよと誉められました。警察、超てきとー。
あの対応でいいわけないじゃん。お金があったら振り込んでたよ。
犯人捕まえるのはムリだからと、言い含められました。

しかし、家の電話番号、携帯番号と情報ダダッ漏れです。
主人の会社の人たちにも同じ詐欺師からと思われる電話がかかってきていたようですが
こんなに長くトークを繰り広げていたのは私だけのようです。
おばあちゃんが対応した家でもすぐ詐欺と気がついて、電話を切っていたとのこと。
私が泣いたので「後輩」はこいつはイケルと思ったのでしょう。
この時ほど、ウチラ貧乏でよかったねぇと夫と喜びあったこともありません。

また春がめぐってきましたが、「後輩」はどうしているのでしょうか。
まだ、電話をかけ続けているのでしょうか。
てめぇ、ふざけんな、人の涙もて遊びやがってという気持ちは心にしまい込む
ことにしましょう。罪を憎んで人を憎まず。
今ごろ、クニのおっかさんも泣いてるよ。桜前線と一緒にクニに戻って更生しなよ。
私の純な心は、まだ若かろう彼に訴え続けています。

| 未分類 | 17:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふーーむ・・・
ホントに「@@詐欺」ってあるんですねえ・・・。
しかも、ダンナさんの携帯にひっきりなしに電話
するって、かなり手の込んだ詐欺ですよねえ。
私、映画祭のときに「迷っちゃう人いるかもなー」
と思って、携帯番号をブログに載せたんですよ。
で、知人・友人から「アレはマズくない???」
ってずいぶん心配されたんですが、ヘンな電話は
全然かかってこなかったので、(映画祭出席者からも
かかってきませんでしたが・・・)
「結構、大丈夫なもんねー」と思ってました。
(映画祭終わったらすぐ番号は消しましたけどね)
アヤシイ時は、すぐに「知り合いの弁護士に相談します」
って言うのが一番いいですよ。あと「親戚に警察関係がいるので問い合わせます」とか。

| RIN | 2009/01/12 07:24 | URL |

振り込め詐欺犯も色々工夫(?)するようで、
一時は教師の実家に・・・とか、医師の家に・・・とかあったそうですが、
先日聞いた話では、警察官の家にもかかってくるようになったとか。

人の情につけこもうとする性根が許せませんよね!

| もこ | 2009/01/12 07:25 | URL |

RIN様
RINさんは、武武詐欺と思われないために工夫してらしたんですね。あっ、たけたけさぎ、一発変換できてちょっと嬉しいぞ、と。RINさんのところで、武武詐欺の記事を読んだときは思わずふいてしまいました。

私の父は警察官だったのですが、そんなことすっかり忘れてました。父さん自身、私から話を聞いても気づくの遅かったような。今度からは弁護士でいきます。

| ムーコ | 2009/01/12 07:26 | URL |

もこ様
頭にはきましたけど、よい勉強になりました。お金取られてないから言えることですけどね(;^-^ )騙し取られていたら、子どもを夜に寝かせてから働きに出なきゃいけないとこでした。

電話口にいた人だけで2人、夫に電話をする係で1人はいたわけですから、手も込んでるし、グループでの仕事ですよね。皆でそんな知恵を出し合っているくらいなら、演技も上手だったし劇団でも旗揚げすればいーのにと思いました。

| ムーコ | 2009/01/12 07:26 | URL |

こんなドラマみたいな話って本当にあるんですね~!
ビックリ!思わず夫に「ちょっと、これ読んでみてよ!!」とムーコさんのブログ見せちゃいました。
確かに、その詐欺団のチームワーク、何か他に生かす道はなかったんでしょうかね??「3人寄れば文殊の知恵。」きっともっと世のため人のためになる仕事ができる才能があっただろうに・・・。
私も、もしもこんな電話が来たらあっさり騙されるタイプだな~・・・。用心用心。

| cranberry | 2009/01/12 07:27 | URL |

cranberry様
こんなダラダラ長い文章を旦那様にまで、読ませてしまって。登場人物A・B・Cくらいで簡潔にまとめたかっのですが、あの日の記憶が詳細に蘇り、きれいにまとめることができませんでした。プロバイダーからも、2500字以内で!!と何度もエラーが入り、削ったのにこの長さ。

TVで見たのですが、振り込め詐欺の犯人は、振り込みがされたか、確認のために何度も銀行に足を運ぶようす。それもまた、すごい労力というか、ATMに人がズラーッと並んでいると私などはうんざりしちゃうので、マメじゃなきゃできない仕事だとも思います。

>私も、もしもこんな電話が来たらあっさり騙されるタイプだな~・・・。
いやいや、私の場合、根底に夫を信じきれなかったという事実があるわけで、叱られはしませんでしたけど、夫はよい気もしなかったと思います。もしこのような電話がかかってきても、cranberryさんは、夫はそんないたずらをする人間ではありません!!と否定してください。それだけでも、配偶者に対する気まずい思いは持たなくてすみますよ(;´Д`)

| ムーコ | 2009/01/12 07:27 | URL |














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/565-3c4f84d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT