PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リンチェイスタイル


スズの髪の毛をバリカンで刈ってみました。

スズは髪の毛を切ることをとても怖がります。
切るときは小さなハサミで切ってねとお願いされるので、
鼻毛切りのようなちっちゃーいハサミで伸びたところをちまちまカットしてきました。

バリカンを以前使用した時の恐怖記憶が刷り込まれているらしく、
切った髪の毛がチクチクささるのも、電気バリカンの大きな音も、
感覚過敏が少しあるかなというスズには耐え難いもののようです。

ところが何を思ったか、急にバリカンで切ってもいいと一昨日の夜言い出しました。
よーし、お母さんの腕の見せどころってわけですな。
痛くしないし、チクチクしないように掃除機も待機させるからね。
どーんとまかせんしゃい!!

最初は長めに3~4cm設定で頭頂部をカット。
えりあし、耳周りは1~2cmでさっぱりさせるのだ。
さほど怖がることもなく、順調に仕上がっていきます。
ほらね、思ったより怖くないでしょう。きっとかっこよくなるぞー。
あとは全体にスキ刈りをして終わりなのだ。

それなのに、それなのに、仕上げで失敗して左頭頂部だけが短くなって、
そこだけぽっかり穴が開いたようなスタイルになってしまったよ。
ややや、これはもう、急遽坊主にスタイル変更だ。
よーし、お母さん、映画『少林寺』当時のリーリンチェイみたくかっこよくしてやるぞ。

先ほどとは違う大きな唸りをあげて、自分の頭の上をいったりきたりする
バリカンの様子に、スズも異変を感じた模様。

「おかあしゃーん、髪の毛なくなっちゃうよっ、なくなっちゃうよぉぉぉ!!」

涙の絶叫を繰り返す子どもが1人。泣くでない、スズ。
時に男は試練に耐えねばならんことがあるのだ。そして今がまさにその時なのだ。

仕上がってみると、あらーお地蔵様みたいでかわいいわぁ。
目をつぶって道路に立っていたら、お供え物がもらえたり、
笠をかぶせてもらえるかもしれないよ?
本人は大変なショックを受けたようで、何度も触り心地を確かめ、
鏡で自分の顔を確認していました。

そしてついに、私の髪の毛をぐいっと引っ張り、

「おかあしゃんも脱いでちょうだいっっ。」

と要求してきました。お母さんはかぶっているわけでは・・・。
お揃いヘアーなら恥ずかしくないと思ったのかしらん。
三蔵法師役のオファーがどっかからきたら刈ってもいいのだけど、恐らくないだろうしねぇ。
f68e4685.jpg

触り心地はやっぱり気になっちゃうのだ。

| 自閉症関連 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://shomasuzu.blog14.fc2.com/tb.php/584-7f17c8f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT